晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ミニマルな日常

ミニマリストとタバコ。

今日は「ミニマリストとタバコ」というタイトルで書きます。 あまり需要はないかも知れませんが、個人的に興味深いネタなので、書いてみようと思います。 //

エコバッグは簡単に畳めるのがいい:「ただの四角」が優秀な理由。

スーパーやコンビニのビニール袋有料化に伴い、エコバッグが話題になっています。 私も「どうしようか?」「何が良いか?」アレコレ検討していましたが、結局、とりあえず、銀行でもらった、平たいビニール袋にしました。 理由は、簡単に畳めるからです。 今…

「効率」に「疲れ」た時の工夫:シングルタスクで乗り切る。

今日は、「効率」に「疲れ」た時の工夫について書きます。 買い物に出かけたついでに郵便局と銀行にも行こうなどと、効率アップを測ることはよくあることです。 でも、何だか調子が出なくて効率化に疲れてしまうことがあります。そんなときは、無理しないで…

コロナ給付金とか、アベノマスクとか、雇用保険追加給付の何とかとか、色々届いた件

コロナ給付金とか、アベノマスクとか、雇用保険追加給付の何とかとか、最近立て続けに色々届きました。 ありがたやー、ということで、ブログの記事にします。 //

マイナンバーカードが、申請から届くまでに2ヵ月半もかかった理由。

マイナンバーカードは、申請から届くまでにどれくらいかかったか? ということについて書きます。 通常は1ヵ月程度で交付通知がくるらしいですが、私は2ヵ月以上かかりました。理由は、言わずもがな、コロナ給付金の影響に違いありません。 //

猫が邪魔してくるという在宅勤務ならではの悩み解決方法。

在宅で仕事や勉強をしていると、猫が邪魔してくるということは、猫を飼っている人は誰でも経験していることかと思います。 そんなときにおすすめな対処法について書きますね。 //

梅雨どきの洗濯をラクにする方法。

梅雨どきの洗濯をラクにする方法について書きます。 今年の梅雨はまだこれからですが、梅雨以外でも手抜き家事として使える方法です。 //

ダウンケット(夏用羽毛布団、羽毛肌掛け布団)の感想と布団の衣替え。

ダウンケットというものを買ったので感想を書きます。 ダウンケットというのは耳慣れない言葉でしたが、調べてみると、夏用羽毛布団とか羽毛肌掛け布団とも言い、要するに「薄い羽毛布団」だと個人的には理解しています。 5月に入って冬に使っていた普通の羽…

To Do リストのメリット3つ(一度捨てたけど復活させたもの)。

To Do リストのメリットについて書きます。主なメリットは3つです。 わたしのTo Do リストは、手書きで決まったノートに書くことですが、昨年一旦書くのをやめてみました。 でも、やはり書かないことのデメリットを逆に感じるようになり、再び書き始めました…

冬の靴下7足を捨てた理由。

冬物の靴下を7足捨てました。捨てた靴下と、捨てた理由について書きます。 最近のわたしの捨て基準は「何となく嫌」だけになりつつあります。自分の感性に従うだけ。結局それが一番シンプルです。 それでは詳しく書きますね。 //

アベノマスクもビックリなわが家の不良在庫マスクの感想と不良品を使う工夫。

アベノマスク、不良品が多いと問題になっていますが、そんなアベノマスクもビックリなわが家の不良在庫マスクについて感想と、使うための工夫書きます。 ちなみに、まだアベノマスクは届いていません。でも、不良品にしても、劣化にしても、工夫すれば使えま…

ついに布マスクデビューした理由とわが家の布マスクあれこれ。使い方も。

先日、ついに布マスクデビューしました。在庫管理にぬかりのない夫のおかげで、わが家には、かなりまだ使い捨てマスクが残っています。 ですが、なかなか新しい使い捨てマスクが入手困難となっているご時勢です。 この状況が長引くことを予想し、勤めに通っ…

28センチの深いフライパンを買い戻した理由(いちど断捨離したけど買い直したもの)。

今月、28センチの深いフライパンを買い戻しました。28センチの深いフライパンというのは、中華鍋みたいな大きな深いフライパンです。 類似のフライパンを半年ほど前に、いちど断捨離して捨てました。でも、半年ほど過ごすうちに、やはり必要だと思って再び買…

【楽しいお買い物】色とりどりの靴下5足を買った結果。

先日、とても楽しいお買い物をしました。買ったのは色とりどりの靴下5足です。 靴下はすでに十分持っていたので「やめようか。」とも思いました。 結果として「買って良かった」と思いましたので、この無駄とも思える買い物について書きます。 //

不要不急の外出とは? 散歩は自粛の対象ではない?

不要不急の外出を控えて、家に閉じこもりだとストレスがたまります。 それで、「人気(ひとけ)のないところへ散歩に行くのはどうなのか?」と調べてみたら、散歩は自粛の対象ではないとわかりました。 今日は、「散歩は自粛の対象ではない。」ということを読…

ミニマリストな妻は、ミニマリストではない夫のおかげで生きている。その状況とは?

今日は「ミニマリストな妻は、ミニマリストではない夫のおかげで生きている状況とは?」というタイトルで書きます。 余分なものは持ちたくないミニマリストである妻のわたしは、非常時や災害時に備えることが苦手で、一人ならあまり買いだめとかしないのです…

あると便利なもので、一度捨てたけど最近買い直したもの2つ。(2020年3月)

あると便利なもので、一度捨てたけど最近買い直したもの2つについて書きます。 この2つは無くても特に困るというほどのものではありません。無ければ無いで、何とかなってしまいます。 わりと個人的なものなので、みなさんの参考になるかどうかは疑問ですが…

トイレットペーパーの代用品として便利な「ちり紙」がおすすめ。

トイレットペーパーが品薄で入手困難な状況が、わたしが住んでいる地域でも続いています。 今まで当たり前のように常備されていたスーパーやドラッグストアに行ってもトイレットペーパーが在庫切れ状態です。 そんな時に代用品として便利な「ちり紙」を、先…

ハンドケアにおすすめな手袋ざんまいな日々。洗剤とクリーム、紫外線がお肌の大敵!(ミニマリストのスキンケア7)

ハンドケアにおすすめな手袋ざんまいな日々という記事ですが、何かハンドケアにおすすめな特定の手袋があるというわけではありません。 美肌の敵は「洗剤」や「クリーム」といった界面活性剤と、「紫外線」です。 それらを断捨離するために、わたしは手袋を…

ハンドケアは手袋とワセリンで。洗剤には極力さわらない。(ミニマリストのスキンケア6)

ハンドケアにおすすめの必須アイテム、ビニール手袋とワセリンについて書きます。 1年と少し前から肌断食を初めて、最初の頃、一番ケアが難しかったのって、実はハンドケアでした。 肌断食って、顔は意外と簡単なんです。肌断食は「いじりすぎない」「放置」…

白髪染めはヘナ、ときどき美容院。(ミニマリストのスキンケア5)

白髪染めについて書きます。わたしは基本的にヘナで染めていますが、半年〜1年に一度くらい美容院に行きます。 以前は泡カラーなどケミカルなものを使っていましたが、2年ほど前からヘナに変えました。 ヘナはナイアードのものを使っています。 //

シンプルな洗顔、アイテムは石鹸だけ。(ミニマリストのスキンケア4)

わたしが普段やっているシンプルな洗顔ついて書きます。ミニマリストのスキンケアシリーズです。 アイテムは石鹸だけです。それでは、詳しく書きますね。 //

本当に必要なものとは? (ドミニック・ローホー『捨てる贅沢』レビュー4)。

今回は、「本当に必要なものとは?」というタイトルで、必要と不必要ということについて書きます。。 この記事も、ひきつづき、ドミニック・ローホーさんの『捨てる贅沢』という本を読んでピンときたことです。4回目のレビューですが、これで最後にします。 …

お湯だけで体を洗うメリットとデメリット、デメリットへの対処法。(ミニマリストのスキンケア3)

お湯だけで体を洗うメリットとデメリットについて書きます。わたしは、基本的に、お湯だけで体を洗い、たまに石鹸を使うというシンプルスキンケアです。 このスタイルを一昨年の11月から、一年以上続けています。 お湯だけで体を洗うことはメリットが一杯あ…

家事を楽にする思考。高すぎる基準を手放す。

先日『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』という本を読み、この本からインスピレーションを受けて、記事を書いています。 今日はそれで「家事を楽にする思考。高すぎる基準を手放す。」というタイトルで書きたいと思います。 //

初詣のおすすめは近所の神社。近場のパワースポットでミニマルな初詣。

今日は初詣におすすめな神社について書きます。わたしの初詣のおすすめスポットは、家の近くの神社です。 日本は全国どこに住んでいても、近所に手頃な神社やお寺が見つかるというとても良い国ですね。 わが家では、夫と二人で、正月の2に行ってきました。 //

おせち料理をプチ断捨離してミニマルに。

わが家の今年のおせち料理は、スーパーで前もって注文してあった三段重です。 3年ほど前に夫と再婚して以来、おせちはいつもこのスタイルでした。でも、今年、おせちを食べながら「来年から一の重だけにしよう。」と話し合いました。 来年からのおせち料理を…

好きなのに「着ない服」、着ない理由を検証した結果と2つの対処法。着ない理由はコーデできないから。

手持ちの服の中で着ない服があります。お気に入りの好きな服です。なのに、以前はよく着たのに着なくなってしまいました。 そこで「なぜその服を着ないのか」検証し、その結果と2つの対処法について書きます。 服の処分や断捨離の参考になればと思います。 //

洋服代の節約が、50代ミニマリスト、2020年の目標です。

今日は元旦なので、今年、2020年の目標について書きます。わたしは、元旦だからと言って、あまり目標など立てないのですが、今年は目標が内側から湧き上がってきました。 その目標というのは、「洋服代の節約」です。今日は、目標と目標を達成するための方法…

2019年の洋服代を公開! 節約系ミニマリスト、節約と老後資金準備への野望。

2019年に使った洋服代がどれくらいか調べてみました。何と! わたしは今年だけで50万4000円も使っていたことが判明。 この金額は、洋服だけでなく、それにまつわる衣類や服飾雑貨なども全て含んでいます。下着、アクセサリー、バッグ、靴、ストールや手袋、帽…