晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

心の断捨離

【心の断捨離】悩み解決には専門家がおすすめ。(毒親育ちの捨て活セラピー7)

毒親育ちだったりすると、わけのわからない不安や悩みをかかえているものです。 本を読んだり、ノートにあれこれ書き出したり、一人でできることもたくさんありますが、それでもスッキリしなければ、専門家に相談するのがおすすめですよ、という記事を書きま…

【心の断捨離】我慢の断捨離は夫婦そろって。(毒親育ちの捨て活セラピー6)

我慢していたことについて、ここ最近、夫に話して「我慢を断捨離」していっています。 ところで、なぜわたしが急に「我慢を断捨離」し始めたのかと言いますと、実は夫が先に「我慢」をやめたからなのです。 今日は、夫がやめた我慢について書きます。 //

文房具の断捨離と心の断捨離。(捨て活)

文房具の断捨離をしたいと思ったら、ついでに心の断捨離をするのはおすすめです。 無駄に買ってしまったノートとペンに、嫌な感情なんでも書きまくって捨てると、デスクの引き出しだけでなく、心までスッキリしますよ。 今日は最近、書きまくって捨てたノー…

わたしが断捨離や片づけにハマった一番の理由とは?(わたしが汚部屋から脱出するまで13)

わたしが断捨離や片づけにハマった一番の理由について書きます。 「わたしが汚部屋から脱出するまで」のシリーズ第13弾です。 わたしの人生最初の断捨離は2002年、18年前の35歳の時で、バツイチのわたしにとっての最初の結婚生活の最中(末期)でした。 風水…

人の物を勝手に捨てるという楽しみとは? (毒親育ちの捨て活セラピー5)

人の物を勝手に捨てるのは、断捨離ではタブーとされていますが、今回は、勝手に捨てても大丈夫なものもあるという話を書きます。 「人の物を勝手に捨ててはいけない」と、わたしはくそマジメに考え過ぎていたところがあります。でも、物によっては、勝手に捨…

夫のものを断捨離する方法: キッチンの食器。(毒親育ちの捨て活セラピー4)

夫のものである食器を断捨離するときの方法について書きます。 みなさんのご家庭では、キッチンの主導権を握っているのは誰でしょうか? ウチでは夫でした。 「でした。」と過去形にしたのには、ワケがあります。 先日、キッチンの主導権を、主婦である「わた…

我慢をやめると断捨離が加速する。(毒親育ちの捨て活セラピー3)

毒親育ちで、自分の好き嫌いを子供の頃に禁止されて育つと、「我慢」というのがスタンダードになり、モヤモヤしながらも我慢を我慢と気づきません。 それが、ふとしたことで「自分は我慢していたのだ。」と気づき、我慢をやめると、急に断捨離が加速します。…

心の断捨離には、ノートの書きまくりがおすすめ!(毒親育ちの捨て活セラピー2)

心の断捨離には、ノートに自分の心に溜まったものを書きまくるのがおすすめです。そして、書きまくったら、捨てます。 毒親育ちのわたしは、何かとネガティブな思いが心にたまりやすいです。我慢がスタンダードになっているので、我慢を我慢と気づかず過ごし…

【心の断捨離】プチ我慢を捨てた結果。(毒親育ちの捨て活セラピー)

「心の断捨離」で、プチ我慢を捨てた結果について書きます。 実はわたしは毒親育ち。毒親育ちと言っても、色々なタイプがありますが、わたしの一番の課題の1つは「我慢してしまう」ということです。 完璧な人間というのはいないので、完璧な両親に育てられた…

日記を捨てることで手放したものとは?(わたしが汚部屋から脱出するまで3)

人生初めての断捨離で、日記を捨てたことについて書きます。 「わたしが汚部屋から脱出するまで」のシリーズ第3弾です。 わたしの人生はじめての断捨離は、2002年、18年前の35歳の時です。まだ最初の結婚の最中でした。 断捨離のコンセプトは、「帰ってこな…

断捨離の後悔から抜け出す3つの方法。

断捨離して後悔してしまうことがあります。今回は、そんな後悔から抜け出す3つの方法について書きます。 後悔しないように捨てられれば良かったのかも知れませんが、そうはできなかったのです。でも、いつまでも後悔という嫌な気持ちを持っているのは嫌なも…

捨てるべき罪悪感とは? 「罪悪感」こそ本当の無駄。

捨てるべき罪悪感とは? 「罪悪感」こそ本当の無駄。というタイトルで書きます。 今ドミニック・ローホーさんの『捨てる贅沢』という本を読んでいます。昨年末に発行されたばかりの本です。この本の一節に罪悪感について興味深いことが書かれていました。 「…

シンプルでおしゃれな部屋の写真をお手本にすると家事が増える。

シンプルでおしゃれな部屋を特集した本や雑誌、世の中にはたくさん出回っています。こんなにたくさん出ているということは、それだけ需要があるということなのでしょうか。 しばらく前『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』という本を読みました。わたしのよう…

「丁寧な暮らし」という強迫観念を手放せばラクになる。

今日は、家事をしたくない系ミニマリストであるわたしが、家事をしないでラクに生きるための理屈を述べます。 しばらく前『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』という本を読みました。仕事や家事に追われていたのが一段落し、ふと足を運んだ本屋さんで見つけた…

わたしの断捨離が進まない5つの理由。

断捨離まつりを始めて、最初は勢いよくやっていたのに、突然「進まない」ということが出てきます。今わたしはまさにこの状況。 今日は、わたしの断捨離が進まない5つの理由を書きます。断捨離がなかなか進まなくて困ったら、参考にしてみてくださいね。 //

【結論】位牌(霊爾)を処分する前に知って欲しいこと。その3: わたしが霊爾(れいじ)の処分をやめた3つの理由。

昨日にひきつづき、位牌(霊爾)を処分する前に知って欲しいことというタイトルで書きますが、今回で最終回。クライマックスと結論です。 わたしは、今の時点で両親の位牌(霊爾)を処分するのはやめ、持っていることにしました。 このいきさつを3回にわけて…

位牌(霊爾)を処分する前に知って欲しいこと。その2: わたしがいったん、霊爾(れいじ)を処分しようと思った6つの理由。

昨日にひきつづき、位牌(霊爾)を処分する前に知って欲しいことというタイトルで書きます。 結論からいえば、今の時点で位牌(霊爾)を処分するのはやめ、持っていることにしました。 このいきさつを3回にわけて書いています。2回目の今日は、「わたしがい…

位牌(霊爾)を処分する前に知って欲しいこと。その1: 夫が妻の両親の位牌(霊爾)を嫌う4つの理由。

位牌(霊爾)を処分する前に知って欲しいことというタイトルで書きます。 結論からいえば、今の時点で位牌(霊爾)を処分するのはやめ、持っていることにしました。 このいきさつを3回にわけて書きます。第1回目の今日は、「夫が妻の両親の位牌(霊爾)を嫌…

思い出の断捨離で後悔しないために。わたしが思い出の携帯電話を処分した3つの理由。

昨日、古い携帯電話(ガラケー)を1台処分した記事を書きました。 この携帯電話の断捨離は、わたしにとって思い出の断捨離でもありました。今日はその思い出のエピソードと、それでも処分することにした3つの理由を書きます。 //

【心の断捨離】さくらサーバーの個人的なメリット。

今日は、すでに解約してしまいましたが、さくらサーバーのメリットについて書きます。月々515円のプランに加入していましたが、一時は一番のお気に入りのサーバーでした。 というのは、 さくらサーバーを契約すると、無料でブログを50個まで作れるというオマ…

『服を買うなら、「本を」捨てなさい』という方法。

『服を買うなら、「本を」捨てなさい』というタイトルで記事を書きます。 このタイトルは、昨日の記事同様、地曳いく子さんの名著『服を買うなら、捨てなさい』のパクリですが、内容はそれとは無関係で、おしゃれすることへの罪悪感についての話です。 昨日…

実家の断捨離に不可欠なものとは? 実家の私物の断捨離が未遂体験。

実家の私物の断捨離を、以前、取り組んだことがありました。でも、それを完了させることはできませんでした。その体験を書きます。 そして、この経験を通じて、実家の断捨離に不可欠な「あるもの」に気づいたのです。この「あるもの」とは? //