晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

断捨離

汚部屋の住人になってしまう最大の原因とその5つの対処法。

今日は、汚部屋の住人になってしまう最大の原因について書きます。わたしは元汚部屋の住人で、断捨離や不用品処分を繰り返して今は何とかキレイな部屋に暮らせています。 でも、昨日、はてなブログで読者登録しているある方のブログ記事を読んでいて、「最大…

「それ、いらない」けど、夫が好きで断捨離できないというもの10個。

家の中で当たり前のように存在し、「それ、いらない」と思うものって、生活の中にあるものです。今日はそういうものを10個ピックアップしてお伝えしたいと思います。 今回の、10個は、わたしが「いらない」と思っているけど、夫は必要だと思っているものです…

【断捨離・片付けと家族】捨てるときは一人がいいという3つの理由。

わたしは、最近はじめた「断捨離」「片付け」を実践するにあたって、気をつけていたことがあります。 それは、「一人で捨てる」ということです。今回は、その理由について書きます。 もちろん捨てるのは、わたし個人の物だけです。 夫は会社に勤めていますの…

やましたひでこさんの『夫婦の断捨離』から得た気づき。

やましたひでこさんの『夫婦の断捨離』という本を読んで、わたしが得た気づきについて書きます。 この本を読んだきっかけは、2年半前に、夫と同居をスタートしてから、ある不可解な問題が起こり、「解決のヒントにならないかしら?」と思ったことです。 本を…

【お金と断捨離】お金持ちの家は片付いているらしいけど、汚部屋になるにもお金かかるよね?

テレビ番組「ウチ 断捨離 しました」で、他のお宅の様子を見ていて、ふと気づいたことがありました。本来の断捨離とはあまり関係ない、「お金」に関することです。 一緒に見ていた夫が、断捨離のストーリーの流れとは全く別のことを思ったらしく、断捨離する…

やましたひでこさんのテレビ番組「ウチ断捨離しました」を見た感想。

やましたひでこさん出演のテレビ番組『ウチ 断捨離 しました』を、先日初めて見ましたので、感想を書きます。 毎週水曜日の21時からBS朝日(ビーエス朝日)でやっているようです。わたしが見た時は、夫のプロ野球観戦で延長し、21時20分から22時20分まで放送…

不用品が人間関係に与える思わぬ影響とは?:ガラクタの19の悪影響その3

今日は、不用品(ガラクタ)が人間関係に与える影響ついて書きます。 カレン・キングストンからわたしが学んだ「ガラクタの19の悪影響」のシリーズの3回目となります。 汚い部屋に住んで、ゴミや不用品に囲まれていることが、人間関係に影響を与えるなんて意外…

不用品を捨てると体が健康になるって本当なの?:ガラクタの19の悪影響その2

「ガラクタの19の悪影響」のシリーズでは、不用品(ガラクタ)がどのように持ち主に影響を与えているかというカレン・キングストンの言葉を紹介しています。 今日は、ガラクタが体の健康に与える悪影響について書きます。わたし自身のことを振り返ると、ガラク…

ミニマリストを目指して処分した不用品27〜200個。:いらないもの1000個捨てるチャレンジ。

ミニマリストを目指しものを減らすために、「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」で、27〜200個まで捨てたので、捨てたもののまとめ記事を書きます。 6月25日からスタートして、月に90個を目安に1年で捨てるという目標でした。まだ10日ほどですが、早くも2…

汚部屋を片付けたくてたまらなくなる理由。:ガラクタの19の悪影響その1

今日は断捨離や片付けなどのモチベーションアップにつながるお話しです。 カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本を読むと、「無性に断捨離がしたくなります。 その理由はなぜかと言いますと、ガラクタが人生に与える悪影響につい…

【結婚の断捨離】結婚するとき1つ捨てたい「一家に一台」系のもの10個。

お互いに一人暮らしをしていた二人が結婚するような場合、それぞれ「一家に一台」というものをすでに持っていて、そのまま一緒に暮らし始めると、2台になってしまうものが出てきます。 そういうものは、一緒に暮らし始める時に、どちらかを捨てて1台にしたい…

非黒服系ミニマリストの持ち物:靴8足と捨てた靴13足のまとめ。

ミニマリストを目指し、いらないものを捨てていますが、靴に関してはかなり、ミニマルになりましたので、まとめ記事を書きます。 ところでわたしはパーソナルカラーがイエローベースの「スプリング」ということが判明したので、今回捨てた靴は全部似合わない…

運気を下げる4つの不要な「ガラクタ」:カレン・キングストンの片付け術2。

わたしは断捨離や片付けなどの本は、色々と読んできましたが、その中でも一番影響を受けたのは、カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本です。 わたしにとって断捨離や片付けのバイブルというだけでなく、運をよくするためのバイブ…

【キッチンの断捨離】なくても困らないもの10個。

キッチンの断捨離でなくても困らないものについて書きます。 ごく最近処分したものや、ずいぶん前に処分したもの、最初から持ってなかったものなど、断捨離した時期は色々です。 「もうとっくに断捨離済み」と、ミニマリストなら持たないのが常識レベルのも…

運がよくなる方法「取り去るべき3つのエネルギーの滞り」:カレン・キングストンの片付け術1。

わたしは断捨離や片付けなどの本は、色々と読んできましたが、その中でも一番影響を受けたのは、カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本です。 わたしにとって断捨離のバイブルであり、片付けのバイブルであり、掃除のバイブルでも…

もっとドンドン捨てるために、「いらないものを1000個捨てるチャレンジ」を実践。

わたしがよく読ませていただいている「筆子ジャーナル」のミニマリストブロガー筆子さんのマネをして、「いらないものを1000個捨てるチャレンジ」を始めました。 「筆子ジャーナル」は、わたしが「ミニマリスト」に憧れるきっかけになったブログです。 まだ…

イマイチな服を捨てられなかったわたしが、徹底して捨てられた、究極の「服の捨て基準」。

ここ4ヶ月で、服を100着以上捨てました。今日は、この経験を通して見えてきた、究極の「服の捨て基準」について書きます。 かなり長い間、服の断捨離に取り組んできた人でも、なかなか服を減らせない、手放せないということは多々あるものです。 2、3年着て…

服を断捨離して減らすことのメリット3つ。服を減らすことはメリットだけ。

服の断捨離がほぼ完了して、やっと落ち着いたところで、今残っている服はオールシーズンで53着です。 ここへきて、ようやく、服を減らすことがいかに幸せなのかということを実感できるようになりました。そこで、今回は服を減らすことのメリットについて書き…

断捨離に迷う「良い服」を、こころおきなく手放す2つのコツ。

断捨離に迷ってしまう服ってありますよね? そんな中でも「1、2回しか着ていないキレイな状態の良い服。しかも結構高かった。」という服って、捨てられない服の筆頭ではないでしょうか? いわゆる「もったいない。」って気持ちが一番わき起こるのは、そんな服…

【バッグの断捨離】ブランドバッグの買取査定、リサイクルショップ2店で見積ってもらった結果。

バッグの断捨離で、売ることにしました。ブランド物のバッグの買取査定は、2店以上見積ってもらうことをオススメします。 というのは、モノによって、20倍も買取金額が違っていたからです。 今回、コーチ(CAOCH)のショルダーバックと、アニアリ(aniary)のト…

服(クローゼット)の断捨離で「全部出しなんて無理!」という方におすすめな服の処分方法。

服(クローゼット)の断捨離をするとき、「全部取り出してみる」という方法があります。でも、このやり方って、意外とハードルが高いと思いませんか? 「服が多過ぎて」「クローゼットが一杯で」もうウンザリ…みたいな。こうなってくると、本当にもう、クローゼ…

今年これまで断捨離した服の数は100枚超。なぜこんなに服が増えたのか? その原因3つと対処法。

服の断捨離が加速しています。ためしに今年これまで処分した服の数を数えてみたら、104枚もありました。 104枚の内訳は、夏冬トップスが42枚、スカート20枚、パンツ18枚、ワンピース4枚、ジャケット3枚、コート3枚、部屋着14枚です。 一体なぜこんなにも服が…

黒服をすべて断捨離した効果かしら? まるで奇跡! すごいスピードで理想のバッグ(鞄)を引き寄せた!

パーソナルカラー診断を受けて、黒が似合わないとわかってから、ここ最近、黒い服を処分し続けてきました。 そして、高価すぎてなかなか手放せなかった、最後の黒服、14万円の黒いコートを、リサイクルショップで売り、ようやくすべての黒い服を断捨離できた…

ついに14万円の黒いダウンコートを断捨離! これでわかった買ってはいけない服とは?

黒いダウンコートを断捨離しました。14万円もしたコートです。これはわたしの洋服の中の、最後の黒服で、一番高価だったものです。 似合わない色「黒」の洋服を断捨離し続けて、このコートを手放して、ついに黒い服は1枚もなくなりました。 このコートは、古…

パーソナルカラー「スプリング」に似合わない色「白」への対処法。

パーソナルカラー診断を受けて、わたしは「スプリング」と診断されました。 それで似合わない色の服を断捨離しているのですが、「白」だけは、捨てなくても何とかなることがありますので、その対処法を書きますね。 結論から言えば、「染められるものは染め…

わたしが「断捨離」という言葉をブログで使い続けている理由と、使い始めた理由。

ここ最近、「断捨離」という言葉を、商標登録がらみで、ブログなどで使えるのか使えないのかということが問題になっていますね。 ことの発端は、有名なユーチューバーさんやブロガーさんなどに、やましたひでこさんの代理人弁護士から商標権の侵害だという警…

服の断捨離とパーソナルカラー診断の効果かしら? 小さな幸せ体験2つ

パーソナルカラー診断を受けて、似合わない色の服を断捨離すると同時に、毎日、似合う色の服だけを着て生活しています。 そのおかげか、小さな幸せ体験を2回も経験しました。今日はその経験について書きますね。 //

似合わない色の服「部屋着10アイテム」を断捨離した結果。部屋着こんなにいらない。

パーソナルカラー診断を受けて、似合わない色の服を断捨離しています。 今日は「部屋着10アイテム」を捨てたはなしです。その結果感じたことは、「部屋着はこんなに要らなかった」ということです。 それでは、処分した部屋着たちをご紹介しますね。 //

ビジネス用のジャケットの断捨離に迷う理由。

ビジネス用のジャケットの断捨離について書きます。 ところで、記事の冒頭に、突然の余談で失礼いたしますが。「断捨離」という言葉についてちょっと一言。 この言葉は、もちろん、やましたひでこさんの登録商標で、一定の意味があるかと思います。 ただ、「…

ウォークインクローゼットの断捨離。ゴミやガラクタを捨てた結果。

服の断捨離が進んだら、ウォークインクローゼットの中の他のガラクタも気になってきました。 それで、「これはいらない」というものをピックアップして捨てることにしました。 本当は以前からガラクタだということに気づいていましたが、要らない服の負のエ…