晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

洋服

骨格診断の結果。でも、プロの個別アドバイスが重要。

今日は、わたしの骨格診断の結果について書きます。実は、3年ほど前、パーソナルスタイリストのショッピング同行の際、骨格のチェックシートに従って、診断をしてもらってありました。 その用紙がどこかへ紛失してしまっていたのですが、書類の片づけをして…

オフハウスで服とアクセサリーと時計を買取してもらった結果(2019年8月)。

オフハウスで服とアクセサリーと腕時計を買取してもらったので、その結果を書きます。 今回買取査定してもらったのは、スカート2枚とネックレス2つ、ピアス2組、腕時計2つでした。さて、その結果はどうだったでしょうか? //

50代が着てはいけない服。

50代が着てはいけない服について書きます。パーソナルカラーだとか、骨格診断だとか、そういうのとは無関係に、どんな人でも着ない方が良いと思う服です。 「もう歳だから」という言葉はわたしは好きではありませんが、それでも、50代になったらもうこれだけ…

部屋着をおしゃれにする一番簡単な方法と、快適に過ごすための工夫。

今日は、部屋着をおしゃれにする一番簡単な方法と、快適に過ごすための工夫について書きます。部屋着をおしゃれにするのに一番簡単なのは、おしゃれな服を一日中着てしまうということです。 手持ちの服の中で、おしゃれな外出着だけはクローゼットの中に大事…

ミニマリストすずひさんの『1日1捨』に刺された感想。

ミニマリストすずひさんの著書『1日1捨 ミニマルな暮らしが続く理由』を読んだ感想に替えて、わたしが一番「刺された」と感じたことについて記事を書きます。 「刺された」というのは、それだけ視点が鋭かったということと、「わたし自身にも当てはまり過ぎ…

赤いスカートは50代のファッションにもおすすめ!

先日、赤いスカートを買いました。ひとくちに赤といっても、色々あります。パーソナルカラー診断を受けた方なら、自分に似合う赤系の色ってあると思います。 赤い色って、それだけで気分がアップするので身につけると気分が引き立ちますので、普段着に取り入…

カレン・キングストンの意外な服の捨て基準。

わたしの断捨離のバイブル、カレン・キングストン『ガラクタ捨てれば自分が見える』から、服の捨て基準をご紹介します。 最近このを読み返していて、服の処分について、カレンは意外なことを優先していることに気づきました。 わたしも含めて、多くの人が、…

『服を買うなら、「本を」捨てなさい』という方法。

『服を買うなら、「本を」捨てなさい』というタイトルで記事を書きます。 このタイトルは、昨日の記事同様、地曳いく子さんの名著『服を買うなら、捨てなさい』のパクリですが、内容はそれとは無関係で、おしゃれすることへの罪悪感についての話です。 昨日…

『服を買うなら、「ゴミを」捨てなさい』という方法。

『服を買うなら、「ゴミを」捨てなさい。』というタイトルで記事を書きます。 このタイトルは、地曳いく子さんの名著『服を買うなら、捨てなさい』のパクリですが、内容はそれとは無関係です。 実は最近、新しい服を3着買いました。そして、そのことに、ちょ…

パーソナルカラー「スプリング」のための、ミニマリスト的シンプル・ワンパターン無難コーデ

今日は、パーソナルカラー「スプリング」のための、ミニマリスト的、シンプルでワンパターンな無難コーディネートをご提案します。 コーディネートは「悩まない方がいい」「何も考えずに着れるパターンが欲しい」という人のための記事です。 わたしは、色の…

ミニマリストの服53枚を一挙公開!【写真付き】:女性50代アラフィフ「非黒服系」です。

今日は、わたし「非黒服系」ミニマリストの服を一挙公開します。現在の手持ちの服全53枚です。 オールシーズン、アウターからパジャマまで、全部です。 「非黒服系」というのは、それほど深い意味はありませんが、黒やモノトーン中心のミニマリストさんが多…

イマイチな服を捨てられなかったわたしが、徹底して捨てられた、究極の「服の捨て基準」。

ここ4ヶ月で、服を100着以上捨てました。今日は、この経験を通して見えてきた、究極の「服の捨て基準」について書きます。 かなり長い間、服の断捨離に取り組んできた人でも、なかなか服を減らせない、手放せないということは多々あるものです。 2、3年着て…

服を断捨離して減らすことのメリット3つ。服を減らすことはメリットだけ。

服の断捨離がほぼ完了して、やっと落ち着いたところで、今残っている服はオールシーズンで53着です。 ここへきて、ようやく、服を減らすことがいかに幸せなのかということを実感できるようになりました。そこで、今回は服を減らすことのメリットについて書き…

50代こそ「似合う色の服」を着るべき理由。 似合う色は七難かくす。

パーソナルカラー診断を受けて、似合う色の服を買って、ある嬉しいことを発見しました。それは、似合う色は若く見えるということです。 ところで、50代の夏服といえば、気になるのは二の腕のタルみです。それで50代は、二の腕をカバーするデザインの服を選ぶ…

断捨離に迷う「良い服」を、こころおきなく手放す2つのコツ。

断捨離に迷ってしまう服ってありますよね? そんな中でも「1、2回しか着ていないキレイな状態の良い服。しかも結構高かった。」という服って、捨てられない服の筆頭ではないでしょうか? いわゆる「もったいない。」って気持ちが一番わき起こるのは、そんな服…

【バッグの断捨離】ブランドバッグの買取査定、リサイクルショップ2店で見積ってもらった結果。

バッグの断捨離で、売ることにしました。ブランド物のバッグの買取査定は、2店以上見積ってもらうことをオススメします。 というのは、モノによって、20倍も買取金額が違っていたからです。 今回、コーチ(CAOCH)のショルダーバックと、アニアリ(aniary)のト…

服(クローゼット)の断捨離で「全部出しなんて無理!」という方におすすめな服の処分方法。

服(クローゼット)の断捨離をするとき、「全部取り出してみる」という方法があります。でも、このやり方って、意外とハードルが高いと思いませんか? 「服が多過ぎて」「クローゼットが一杯で」もうウンザリ…みたいな。こうなってくると、本当にもう、クローゼ…

今年これまで断捨離した服の数は100枚超。なぜこんなに服が増えたのか? その原因3つと対処法。

服の断捨離が加速しています。ためしに今年これまで処分した服の数を数えてみたら、104枚もありました。 104枚の内訳は、夏冬トップスが42枚、スカート20枚、パンツ18枚、ワンピース4枚、ジャケット3枚、コート3枚、部屋着14枚です。 一体なぜこんなにも服が…

黒服をすべて断捨離した効果かしら? まるで奇跡! すごいスピードで理想のバッグ(鞄)を引き寄せた!

パーソナルカラー診断を受けて、黒が似合わないとわかってから、ここ最近、黒い服を処分し続けてきました。 そして、高価すぎてなかなか手放せなかった、最後の黒服、14万円の黒いコートを、リサイクルショップで売り、ようやくすべての黒い服を断捨離できた…

ついに14万円の黒いダウンコートを断捨離! これでわかった買ってはいけない服とは?

黒いダウンコートを断捨離しました。14万円もしたコートです。これはわたしの洋服の中の、最後の黒服で、一番高価だったものです。 似合わない色「黒」の洋服を断捨離し続けて、このコートを手放して、ついに黒い服は1枚もなくなりました。 このコートは、古…

パーソナルカラー「スプリング」に似合わない色「白」への対処法。

パーソナルカラー診断を受けて、わたしは「スプリング」と診断されました。 それで似合わない色の服を断捨離しているのですが、「白」だけは、捨てなくても何とかなることがありますので、その対処法を書きますね。 結論から言えば、「染められるものは染め…

服の断捨離とパーソナルカラー診断の効果かしら? 小さな幸せ体験2つ

パーソナルカラー診断を受けて、似合わない色の服を断捨離すると同時に、毎日、似合う色の服だけを着て生活しています。 そのおかげか、小さな幸せ体験を2回も経験しました。今日はその経験について書きますね。 //

似合わない色の服「部屋着10アイテム」を断捨離した結果。部屋着こんなにいらない。

パーソナルカラー診断を受けて、似合わない色の服を断捨離しています。 今日は「部屋着10アイテム」を捨てたはなしです。その結果感じたことは、「部屋着はこんなに要らなかった」ということです。 それでは、処分した部屋着たちをご紹介しますね。 //

ビジネス用のジャケットの断捨離に迷う理由。

ビジネス用のジャケットの断捨離について書きます。 ところで、記事の冒頭に、突然の余談で失礼いたしますが。「断捨離」という言葉についてちょっと一言。 この言葉は、もちろん、やましたひでこさんの登録商標で、一定の意味があるかと思います。 ただ、「…

ウォークインクローゼットの断捨離。ゴミやガラクタを捨てた結果。

服の断捨離が進んだら、ウォークインクローゼットの中の他のガラクタも気になってきました。 それで、「これはいらない」というものをピックアップして捨てることにしました。 本当は以前からガラクタだということに気づいていましたが、要らない服の負のエ…

似合わない色「グレー」の服10着の断捨離を実践。ゴミとして捨てたもの。

先日パーソナルカラー診断を受け、似合わない色の服を断捨離中です。今回はグレー。グレーは、色味によって、一部似合うグレーがありますが、殆どはダメでした。 「ベージュが欲しかったけどグレーしかなかったから仕方なく買った」というものは、着るたびに…

買い物に失敗した服「冬物のロングスカート2枚」を断捨離した感想。

今年の3月、冬物のバーゲンで2枚のロングスカートを買いました。買ってすぐに失敗だと認められなかったのですが、着ない服、タンスの肥やしになることは間違いありません。 それで、手放すことにしました。 実は、「次の冬は使うかも知れない」「使おう」「…

似合わない色の服「パンツ7枚」を手放した結果。

パーソナルカラー診断で似合わない色がわかり、黒を中心に手放していましたが、似合わない色の服は、黒以外にもたくさんあります。 今日は、先日まとめてリサイクルショップに持っていった7枚のパンツについて書きますね。さて、一体どんな色が似合わないの…

似合わない色の服23枚と黒白コンバース1足を、リサイクルショップで売った結果(オフハウスとキングファミリーにて)。

パーソナルカラー診断で似合わない色がわかり、黒をはじめとして似合わない色の服を処分しています。 今回は、お気に入りだった黒いワンピース1枚をふくめ、その他の似合わない色の服23枚と黒白コンバース1足をリサイクルショップ(オフハウスとキングファミ…

いらない服「黒いスカート6枚」を捨てた結果。

パーソナルカラー診断で似合わない色だとわかった、黒い服たちを処分しています。今回は、黒いスカート6枚を捨てました。その結果、ボトムスから黒が一掃されました。 黒いスカートは、無地の黒と柄も入った黒地のもの合わせて6枚です。 //