晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【捨てたもの】2000個捨てた結果。:いらないもの1000個捨てるチャレンジ2回目。

いらないもの1000個捨てるチャレンジ」の2回目をやり、通算2000個すてました。

今回は、仕事の資料等、紙が多かったです。バラの紙なら1枚を1個と数えましたので、すぐに2000個に到達しました。

手持ちのもの2000個なんて持ってないだろうと思い込んでいましたが、いらないものだけで2000個なんて、思いのほかスグに到達してしまったことに驚いています。

わたしたちは、一体、どれだけたくさんの物を所有しているのかと思います。

それはさておき、どんなものを捨てたのか、ご紹介しますね。

 

ちなみに、「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」は、筆子ジャーナルの筆子さんのマネで、わたしなりのルールでやっています。以下は筆子ジャーナルの参考記事の1つです。↓

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。 | 筆子ジャーナル

すでに1000個は捨て済みです。今回2000の個まで捨てた物は、時系列ではなく、カテゴリーごとに分けています。

1001〜1972. 仕事の資料など紙類972個

 

f:id:kogasora:20190812125632j:plain

f:id:kogasora:20190812125628j:plain

f:id:kogasora:20190812125623j:plain

f:id:kogasora:20190812125615j:plain

f:id:kogasora:20190812125639j:plain

そのまま捨てられないものはシュレッダーにかけました。

2回目の1000個のうち、972個はビニールも1つ入っていますが紙類で、主に終わった過去の仕事関係の資料などです。

紙ペラ1枚でも1個と数えていますが、パンフレットなどひとまとまりのものは、1冊を1個と数えました。

わたしは、整頓もあまりできてないので、色々なものをごちゃ混ぜにして1000個捨てていけば良いと思っていましたが、やはり「同じようなものはまとめて」というのは、捨てる時も効率が良いです。

改めて「同じようなものはまとめて」仕舞っておくということの大切さもわかってきました。

1973〜1995. ノートなど23個

以下は、古いノートや手帳です。↓

f:id:kogasora:20190812125645j:plain

中身を見て、もう必要ではなくなっていると感じたので、捨てました。

以下は、まだ使える白紙のノートや紙、封筒などです。↓

f:id:kogasora:20190812125650j:plain

まだ使えるものを捨てるというのは、独特な痛みが伴います。でも、今のわたしの人生には必要ないと思えたので捨てました。これについて詳しくは下記の記事に書きました。↓

【人生を変える実験の断捨離】いつも「捨てない」わたしが捨てたもの。 - 晴れやかブログ

1996 スカート

f:id:kogasora:20190812125701j:plain

最近痩せたので、ウエストが緩くなってしまったスカートを売りました。詳しくは下記の記事に書きました。↓

オフハウスで服とアクセサリーと時計を買取してもらった結果(2019年8月)。 - 晴れやかブログ

以前は、古着屋に服を持っていくのにも「溜まってから」と思っていましたが、それでは溜まるだけだとわかり、不要になったらできるだけ早く手放そうと思います。

クローゼットに着ないものが入っているということがイヤになってしまったのですね。

 

1997 ジューサー

 

f:id:kogasora:20190812125707j:plain

キッチンの大物ガラクタ、ジューサーです。わたしが独身時代に購入したもので、2回くらいしか使っていませんでした。

使わないものは運を下げるというので、思い切って処分しました。

1998〜2000 白髪染め3個

f:id:kogasora:20190812125656j:plain

泡で染めるタイプの白髪染めです。1年半ほど前まで、これで染めていました。今はヘナを使っています。

要らないとは思いつつ放置していましたが、ついに捨てることができてホッとしています。

要らないものはスグに処分した方がいいですね。ずっと心の底に引っかかっていたからです。

また、未使用の在庫が3つもあったわけです。無駄な在庫を置くことも、ガラクタを増やしてしまう原因だとわかりました。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

「いらないものを1000個捨てるチャレンジ」の、1000個〜2000個の記事でした。

 

1000個捨てるチャレンジ2回目を終え、2000個捨てたところですが、やはりまだまだ「いらないもの」はたくさんあります。

というわけで、1000個捨てるチャレンジの3回目をやっていきたいと思います。