晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

カワイイけど「かご収納」は、いらないものを増やす原因。憂鬱だと感じたら捨て時。(3788個まで捨てた結果:いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

今日は、カワイイ「かご収納」はいらないものを増やす原因だということについて書きます。

例え入れるべきものがなかったとしても、かごがあると何かを入れたくなります。

そして、いつの間にか、「いらないもの入れ」「ガラクタ入れ」に変貌しているのです。

 

魅力的な「かご収納」。

かごって、インテリアとしてはとても魅力的です。ちょっと棚に置いておくにも、何だか雰囲気が出たりします。

雑貨屋さんなどに立ち寄ったりすると、無目的に「カワイイ」というだけで、以前はときどき購入したものでした。最初は見ているだけで楽しめます

「かご収納」入手の目的。

でも、かごは収納グッズとしては不向きです。取っ手などがついていて収まりが悪かったり、ホコリがたまっても掃除がしにくいということもあります。

でもそれだけではなく、そもそも「何かを入れる」という目的で購入するのではなく、かご自体がカワイいから購入するからです。

人からかごをもらうこともありました。誰かが要らなくなったかごです。もらう理由は、何かを入れるのではなく、可愛くて捨てるのがもったいないからもらったのです。

そんな理由で手に入れるので、手に入れたあと、「何かを入れなくちゃ」と思うわけです。

または、購入当初は何かを入れようと思って買っても、引っ越しなど、ライフスタイルの変化で、その目的が果たせなくなったということもあります。

ガラクタ入れに変貌。

入れるものがない「かご」ですが、かごがあると入れたくなります。それで「とりあえず入れておこう」と、使わない、いらないものばかり放り込むことになります。

無理矢理とっておいても楽しめません、憂鬱だと感じたら捨て時です。

いらないのは中身のガラクタだけでなく、「かご」自体もいらないものです。捨てましょう。

捨てた「かご収納」とその中身。(捨てたもの3776〜3788個目)

それでは、今回わたしが捨てた「かご収納」とその中身のガラクタを、参考までに書いておきます。

捨てたかご3つ

以下の2つは自分で購入したものです。↓

f:id:kogasora:20190918161008j:plain

f:id:kogasora:20190918161000j:plain

上のものは、ペン立てにしてみたり、リモコンを入れてみたり、ポケットティッシュなどを入れてみたりしましたが、最後にはガラクタ入れになりました。

下のものも同様でしたが、最後にはトイレの小物入れになっていましたが、中身は別の、夫がすでに設置していた小物入れに移動しました。

以下のかごは、飲み物か何かのラッピングでした。カワイいからとっておいたのです。↓

f:id:kogasora:20190918160938j:plain

これは、スーパーのビニール袋を溜めるのに使ったり、ペン立てにしたりいろいろでしたが、結局はガラクタ入れとなりました。

かごの中身のガラクタ10点

以下は、万歩計の取説、容器のフタだけ、リボン、白い絵の具です。↓

f:id:kogasora:20190918161004j:plain

それから、以下は、油性ボールペン(油性のボールペンは嫌いなのです)、モノサシ2つ、書けなくなった赤マジックペンです。↓

f:id:kogasora:20190918160956j:plain
f:id:kogasora:20190918160945j:plain
f:id:kogasora:20190918160941j:plain

それから、以下は、バインダークリップの大き過ぎて使いにくいものです。↓

f:id:kogasora:20190918160952j:plain

そして最後はホチキスです。↓

f:id:kogasora:20190918160949j:plain

このホチキスは、ちょっと特殊なもので、留め金の部分が90度に回転し、縦にとじることができるというもので、かつて2つ折りの小冊子を作ったとき、重宝していました。

でも、普通のホチキスがもう1つありますし、2つ折りの小冊子も、もう作らなくなったので、かごに入れたままガラクタ化していました。

かごは、サイズの割に、モノがあまり入りません。収納力が低い割に、場所はとられてしまいます。

過去に捨てたかご

また、以前捨てたかごについてもまとめて書きます。

以下は、洗濯物を入れていたかごでした。↓

f:id:kogasora:20190803235907j:plain

一人暮らしの頃から洗濯物入れとして使っていましたが、夫と二人暮らしになってからは、無理矢理使っていた感じです。

この家にサイズがちょっと合わないので、捨てただけで、洗面器などで代用しています。

また、以下の2つは、クローゼットに入れて、何とか使っていたものです。↓f:id:kogasora:20190613150821j:plain

四角い布ばりのかごは、最初、タオル入れとして買いました。その後、引っ越し、クローゼットの中でバッグを入れたりしていましたが、バッグは本当は直接置けば良かっただけで、場所をとるばかりになりました。

また、下の丸いのは、何と! 20代の頃、友達にもらったものでした。色々と入れていましたが、最後の一人暮らしのときは、洗濯バサミを入れていました。

でも、今は必要なくなり、クローゼットに置いて、何となく小物を入れていましたが、本当はもう入れるものなんてなかったのです。

いらないもの4000個捨てるチャレンジについて

ところで、今「いらないもの4000個捨てるチャレンジ」をやっていますが、これについて簡単にご説明します。

もともと、筆子ジャーナルの筆子さんのマネで、本来は「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」と言います。以下は参考記事の1つです。↓

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。

まず1000個を目指して物を捨てていくというものです。わたしは、断捨離のモチベーションアップのために、この企画を使わせていただいています。

物をどのようにカウントするのかというルールに関しては、わたしなりに適当にルールを決めてやっています。

これの4回目に突入し、4000個を目指しているところです。これを「4000個捨てるチャレンジ」と呼んでみました。

また、3775個まで捨てた記事はコチラです。↓

映画『365日のシンプルライフ』から学んだ、物を減らすための究極の方法。(3775個まで捨てた結果:いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今回は、「かご収納」を捨てたという記事を書きました。「かご収納」は、カワイイけど、かさばって、ミニマルライフには向きません。

でも、実はまだ少し「かご」は残っています。「かご」はカワイイので、捨てがたいですよね!