晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

リフォーム済み700万円マンションを買い逃した体験談(私のセカンドハウス7)。

セカンドハウスとして中古マンション購入検討したシリーズの7回目は、買おうとして買いのがした、リフォーム済みの700万円の物件について書きます。

 

リフォーム・リノベーション代が高額すぎて。

最初に、これまでのいきさつを簡単に書きます。

500万円以下で中古マンションを購入したいと思い、400万円台から500万円台のの物件を見て歩きました。

ところが、そのまま住むにはリフォームやリノベーションにものすごくお金(または手間)がかかるのだということがわかってきました。

そうなると、いくら安く買っても、その後「リフォームやリノベーション代」がかかる、また、セルフリフォームは問題外だとしても、自分たちでリフォーム会社を探さなければならない…

そう考えたら、多少高くても、すでにリフォームやリノベーションが終わっているキレイな物件がお買い得!

そう思い、500万円以下という予算をアップしてみることにしたのです。

リフォーム済みなら700万円が良いかも!?

先日、以下の記事で、いかにリフォームやリノベーションにお金がかかるのかということについて書きました。↓

中古マンションのリフォーム・リノベーション問題とは?(私のセカンドハウス4)。

それで具体的に私個人の目測での見積りですが、

現状のマンション設備を生かして補修するというフルリフォームなら200万円、

最新の設備を導入し、新築同様にするリノベーションでは400万円以上

かかるということがわかってきました。

リノベーションは贅沢過ぎるけど、フルリフォームでも心地よく住むには十分で、しかもお手頃価格なのだと考えました。

すると、当初の予算500万円に200万円をプラスした700万円の物件が良かろうと思いついたのです。

そして、ちょうどその時、お手頃なリフォーム済みの700万円の物件の広告が目に入ってきました。

それは、以前見に行ったのと同じマンションの別の部屋でした。

広告の文章と掲載されていた写真の通りだとしたら、古いタイプのお風呂のままだけど新品の風呂釜にとりかえてあり、古いタイプのシステムキッチンだけど、それなりに補修しキレイにしてありました。

f:id:kogasora:20200814110047j:plain

写真はイメージです。古いタイプでもキレイにしてあるならいいと思う。

夫と二人、すぐに見に行こうということになり、不動産会社に電話しました。

不動産会社の担当の方は、確認して折り返し電話をくれると言ったので、しばらく待っていました。

ところが、その物件、もう買い手が決まってしまったと言われてしまいました。

リフォーム済みの700万円は美味しかったからこそ早く売れてしまった!?

これはかなり悔しかったですね〜。

私は、この物件が売れていなかったら、多分この物件を見に行って気に入れば購入したかも知れないと思います。

(ただ、今となっては、買わなくて良かったとも思っています。その理由についてはまた別の記事で書きます。)

マンションの値段は、住んでいる地方によって相場は変わってきますが、私たちの住んでいる地域での美味しい相場というのが見えてきました。

500万円以下で満足いく物件を見つけるのはむずかしいけど、700万円なら、そこそこ満足なリフォーム済みのキレイな物件が買えるということです。

実はこの価格帯の物件、あまり見かけません。

出てくるとすぐに売れてしまうということもあるでしょうし、700万円で買えるような、小さなコンパクトなお手頃サイズのマンション自体があまり存在しないということもあります。

私の住んでいる地域はファミリー向けの大きめの物件が多いからです。

気長に待てばいい

セカンドハウスとしてマンションが欲しいと思い立って見始めてから、たった2〜3週間くらいのことでした。

もし、理想的な稀少な物件に出会おうと思うなら、短期間では難しいのだと思いました。

なるべく早くセカンドハウスが欲しいとは思いますが、やはりそこはセカンドハウス、住んでいるところを失うような差し迫った状況ではないのです。

焦らずに探しながら「これだ!」というのに出会えれば良いと思っています。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

おわりに

とはいうものの、この700万円の物件を買い損ねた悔しさは、私と夫に何か勢いを与えました。

「それならばいっそのこと、リノベーションしてある部屋も見に行ってみよう!」と、1000万円に近い、900万円台の物件も見に行ってみることになったのです。

実はたまたま、私が買い逃した400万円台のリフォームしていない部屋と、リフォーム済みの700万円の部屋と同じマンションに、リノベーション済みの900万円台の物件もあったのです。

同じマンションなので、ついでに最初から見せてもらえば良かったと思いましたが、予算外と思い、眼中になかったから「ついでに見る」という発想が浮かばなかったのです。

2度手間になったわけですが、900万円台のリノベーション物件を見に行くことにしました。

私のセカンドハウスシリーズ、次回は、900万円台の物件を見に行った体験について書きます。