晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

アドラー『嫌われる勇気』:本の感想と意見1:トラウマ否定について。

アドラーの『嫌われる勇気』という本を読んだので感想を書きます。

有名な心理学の本で、しばらく前から気になっていました。本自体は古典と言って良いほどの有名どころです。

読む前は、アドラー心理学では、トラウマを否定しているというのが1つの大きな特徴らしく、私はまさにこのことが引っかかって、なかなか読む気になれなかったのです。

でも、読んでみて、共感できるところもたくさんありました。

ただ、ちょっとどうかなあと思うところもありました。

というわけで、感想と意見などを書こうと思います(注:辛口意見もあります)。

長くなりそうなので何度かに分けます。最初の今日は「トラウマ否定」についてです。

 

アドラー『嫌われる勇気』

まず最初に、アドラーの『嫌われる勇気』について簡単にご説明します。以下が私が読んだ本です。↓

f:id:kogasora:20200829153940j:plain

アドラー『嫌われる勇気』と言っても、アドラーご本人が書いたものではなく、岸見一郎さんと古賀史健さんの共著です。

「自己啓発の源流「アドラー」の教え」という副題がついています。

とても人気のロングセラー本のようで、アマゾンのレビューも、3000を超えていました。

それでは本題です。

トラウマ否定について。

まず、私が読む前から引っかかっていた「トラウマを否定している」ということについて書きます。

もっと正確に言えば、「フロイトのトラウマ理論を否定している」と言った方が良いかも知れません。

心に負った傷(トラウマ)が、現在の不幸を引き起こしていると考える。人生を大きな「物語」としてとらえたとき、その因果律のわかりやすさ、ドラマチックナ展開には心をとらえて放さない魅力があります。

上記のようなトラウマ理論を否定しています。

そうではなくて、アドラー心理学では、現在の不幸(に見える現象)でも、原因ではなく目的というとらえ方をしています。

不幸の目的とは?

本の中に出てきた、自室に閉じこもる青年を例に挙げます。いわゆる「ひきこもり」です。

これを、フロイト的トラウマ原因説で考えると、

自分は両親に虐待を受けたから、社会に適合できないのだ。

となりますが、アドラーはそうではなく、

彼のなかにそう考えたい「目的」があるのです。

と考えます。そして、「外に出ない」という目的があるだろうと指摘しています。

つまり、「外に出たくないから、両親に虐待を受けて社会に適合できないことにしている。」ということです。

そして、さらに、「なぜ外に出たくないか」というと、引きこもっていることで、両親があれこれ心配したりして、両親の注目を一身に集めることができるから、などというもっと深い目的も出てきます。

この心のカラクリに気づくことは、確かに「心の回復」へのきっかけけの一つになるだろうと思います。

私個人の例:アドラーに同意する点

私も、以前は、「自分は毒親育ちだから、自分の人生は毒親に汚染されていて、完全に終わっている、不幸は全部毒親に育てられたせいだ。」と思っていました。

カウンセラーに、「どうして不幸だと思っていたいの?」と聞かれてハッとしたことがあります。

私には、自分が不幸だと思っていたい目的があったんです。

「人と関わらなくて済む」という目的です。

人と親密になると、私は「我慢して疲れる」とか、「どうふるまっていいかわからなくて緊張してしまう」ので、「人と関わらないで済ますという目的」は、自分にメリットがあったんです。

「人と関わらないで済ますために、毒親育ちで汚染された人生、完全に終わっていると思うことにしていた」という感じです。

一理あります。そして、このように考えたことで「希望」というものを感じたのも事実です。

「私は変われるかも知れない」という希望です。

自分の不幸の裏には、隠れた本当の目的があるのだということは、とても共感しました。

 

ちょっとどうかしらと思う点。

ただ、「ちょっとどうかしら?」と思うこともあります。

トラウマ否定というのは、アドラーに限らず他の本でも見かけた思想です。

かなり若い頃に自分の心に問題があると気づきながら「トラウマ否定」した方が、普通で賢いまともな人間に思えたので、トラウマ否定しました。

そして、その結果、自分の心を長年無視しし続けることになってしまいました。

過去に対する苦痛を認めることこそ変化への一歩だった

トラウマという言葉自体、ちょっとどうかと思うので、「過去に対する苦痛」と言い換えてみます。

私は、自分の「過去に対する苦痛」を否定したことで、むしろ心の回復は遅くなったと思っています。

自分をまともな人間だと思いたくて「過去に対する苦痛」を否定していました。

本当は感じていたのに。

「いつわりの良い子」「いつわりの平和」を演じ、いつも我慢で本当にとても苦しかったです。

「過去に対する苦痛」にきちんと向き合って癒したら、癒した分だけ「過去に対する苦痛」は軽くなっていきました

アドラーが言うように、トラウマ=「過去に対する苦痛」というのも本人である私の思い込みにすぎないとは思います。

でも「今」それを「感じている私」がいるわけです。

この本では「トラウマは思い込みだよ」ということを言いたかっただけかも知れません。

確かにそういう面もあります。

でも、トラウマは、本人がコントロールできないほど過剰反応してしまうところに問題があるわけで、実際に感じているのに「ない」とか否定されると、ショボーンとしてしまいますね。

この点は、アドラーだろうが誰だろうが、「感じている自分自身を信頼するところ」から始めるべきだと思いますね。

ですから、トラウマがあると思っている人にとっては、「ある」で良いのではないでしょうか?

 

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

おわりに

トラウマって、結局「ある」と思っている人にとっては「ある」し、「ない」と思っている人にとっては「ない」というのが妥当だと私は思います。

その人が自分でどう感じ、どう思っているかが大事で、トラウマ否定が自己否定に繋がるなら、むしろ否定しないで「向き合う」方がいいかなと。

 

トラウマはないのだと否定されて「そうか! なかったのか、自分の思い込みだったか!」とか思えるなら、トラウマ否定も有益なのかと思います。