晴れやかブログ

ミニマリストになるというよりは、エネルギーの活性化の為に捨て活をしています。

パレートの法則と服の数。よく着る2割とその他の8割。

今日は、パレートの法則について書きます。

パレートの法則というのは、「会社の売上の殆どは、2割の社員でまかなっている」などというように、全体の数値の大部分は、2割の要素が生み出しているという経済の法則です。

それで、パレートの法則を、今の自分の手持ちの服に当てはめてみました。

今の手持ちの服は73着で、最近よく着ている服を数えてみると14着で、この14着というのは、まさに73着のうちの2割に相当するのだとわかりました。

 

パレートの法則の2割:よく着る14着。

まず、私がここ最近(およそ一ヵ月ほど)よく着る14着について書きます。

まずは使用頻度が最も高い、ほぼ毎日着ている2着です。↓

f:id:kogasora:20201122153244j:plain
f:id:kogasora:20201122153240j:plain

冬物の部屋着のボア付きのパーカーと、巻きスカートは、パジャマにしても普通のボトムスにしても、上から巻き付けて暖をとっています。

それから、よく着るトップスです。↓

f:id:kogasora:20201122153102j:plain
f:id:kogasora:20201122153108j:plain

また、ピンチヒッター的なトップスです。↓

f:id:kogasora:20201122153114j:plain
f:id:kogasora:20201122152946j:plain
f:id:kogasora:20201122152951j:plain

ピンチヒッターは、洗濯をしていないときや寒い時の重ね着として出てきます。

それからよく着るボトムスです。↓

f:id:kogasora:20201122153129j:plain
f:id:kogasora:20201122153135j:plain

ボトムスと言ってよいのかどうか…。実はこれはパジャマですが、家にいるときはこれらのどちらかをずっと着用しています。

そして、外にも出られる普通のボトムスです。↓

f:id:kogasora:20201122153119j:plain
f:id:kogasora:20201122153145j:plain

それからアウターです。↓

f:id:kogasora:20201122153150j:plain
f:id:kogasora:20201122153157j:plain

アウターは、最近使うようになったスカーフとのコーデによってどちらか着用します。

柄物のスカーフのときは右側を、無地のスカーフのときは左を着ています。

寒いときはインナーダウンを着ます。これで14着。↓

f:id:kogasora:20201122153202j:plain

ここ一ヵ月の日々の多くは、上記の2割の服で成り立っています。

それでは私の残りの8割の服というのは、一体何をしているのでしょうか?

8割捨てても大丈夫なんでしょうか?

 

パレートの法則の、残りの8割の服。

まず、残りの8割の服は以下のように分類されます。

・最近たまに登場する服。

・もう間もなく登場しそうな服。

・季節外の服。

少し説明します。

・最近たまに登場する服。

まずはたまに登場した服、8着あります。

外出用の服、髪を染める時の服、寒い日のコート、予備だけど何度か着たインナーです。

たまにですが、なくてはならない服もあります。

というのは、上で紹介した「よく着る14着」というのは「よく」着るわけですが、100%ではありません。

生活のごく一部に「たまに」という状況が存在しますが、私の生活10割を語ると、「たまに」まで含めて10割の私の生活が成り立っているのです。

たまにしか着ないからといって、重要ではないということはないのです。

日常ではない特別なシーンも人生の中には登場するからです。

・もう間もなく登場しそうな服。

もう間もなく登場しそうな服というのは、冬物の服で、9着あります。

これらが登場すると、上述の14着の内容が入れ替わる可能性があります。まず間違いなく、アウターは入れ替わっていくだしょう。

・季節外の服。

残りの42着は、季節外の服で、次の春以降に登場するだろうという服です。

服をワンシーズンで入れ替えるという人は持っていない服です。

特に真夏の服などは、今なくても何も困りませんが、もし手放してしまえば、一年以内に絶対欲しくなるはずです。

2割は残り8割にささえられている。

パレートの2割:8割の法則を引用して、「残りの8割は捨てても大丈夫」というのはたまに見かける話です。

でも、私は、残り8割は「要らない」のではなく「2割をささえている」とも考えられると思っています。

季節外の服や特別なシーンの服は、それがあるからこそ、安心して普段の2割の服で生活ができているとも言えます。

「よく着る2割の14着」と「それ以外の8割である59着」を合わせて10割で73着というのは、なかなか良い数字だと思えてきました。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

おわりに

パレートの法則を服の数にあてはめてみるというのは、単なる遊びであって、あまり深い意味はありません。

でも、たまたま、自分の「よく着る服」と「あまり着ない服」の数を数えたところ、だいたい2割対8割になったので、ちょっと面白いなと思って記事にしてみました。