晴れやかブログ

ミニマリストになるというよりは、エネルギーの活性化の為に捨て活をしています。

ユニクロのエアリズムのキャミソールは、もう買わない理由。

先日、ユニクロで新しい下着を購入したのを機に、それまで使っていたエアリズムのキャミソールを3つ捨てました。

そもそもこの3つを捨てたいと思ったから新しい下着を買ったのでした。

エアリズムのキャミソールは、1年以上着ていたところ、最近細かい毛玉が目立つようになったので、「もう良かろう」と思って買い替えることにしたわけです。

着心地はそれほど悪くはなかったです。それでももう買わないと思います。その理由も書きます。

 

捨てたエアリズムのキャミソール3枚

以下が捨てたエアリズムのキャミソール3枚です。小さく丸めてたたんだ状態です。↓

f:id:kogasora:20201105094433j:plain

元々、私は、このようなツルツルした素材の生地が、体にじかにくっつくこと自体あまり好きではありません。

自分では最初から買わなかったかと思います。

それにも関わらず、買ったのは、この色が、パーソナルカラー(スプリング)に合っているのだとわかったからです。

試しに色買いしたわけです。

カラー診断の先生と一緒にユニクロに行った時に「この色は良い」と教えていただきました。

ただ、素材的にあまり好きではないなと思ったので、その時は買いませんでした。

でも、後日、ユニクロに一人で行って「試してみよう」と思って買いました。

そして、着用してみると、意外にも着心地が良かったのです。

エアリズムって不思議な素材です。

見た目ツルツルしたポリエステル素材のように見えるくせに、濡らすとたちまち吸湿します。

今回捨てる時に雑巾として使ってみて「なるほど!」と実感しました。

f:id:kogasora:20201105094429j:plain
f:id:kogasora:20201105094426j:plain
f:id:kogasora:20201105094422j:plain

吸水速乾とか謳われていますが、確かにその通りで、真夏の汗をかく時期でもサラッとしていました。

 

それでももう買わないと思う理由。

それでも、もう買わないと思う理由は、自分の胴体の「冷え」です。

私は冷え性で、特にお腹とか胃のあたりが冷えます。

真夏でも冷たくなります。

また、エアリズムはもともと夏向けのインナーですが、私は一年中同じキャミソールを着たいので、一年を通して着ました。

すると、やはり、他の綿素材のキャミソールの方に自然に手が伸びます。

エアリズムは、着る瞬間「ひや」っとするのが気になったからです。

そのうち体温で温まるので、思ったよりも快適ではありました。

私は、一年を通じて、綿素材のキャミソール2枚とエアリズムのキャミソール3枚の合計5枚のキャミソールを着回していました。

でも、洗濯をした後、洗い上がったものが両方並んでいる時は、綿素材に自然に手が伸びたのです。

キャミソール2枚では足りないので、エアリズムもローテーションに加えていましたが、綿に比べると、胴体の冷えが気になったのです。

それが買わない理由です。

劣化が嬉しいか嬉しくないか。

一年間、綿素材のものとエアリズムをローテーションしているうちに、どちらもそれなりに劣化しました。

綿素材の劣化は「伸びてユルユル」。

エアリズムの劣化は「細かい毛玉」。

綿素材の劣化である「伸びてユルユル」は、嬉し悲しでした。

寝る時に締め付け感がなく、ユルユルはアリだなあということで嬉しさもありました。その一方、「今はいいけど、そのうちダメになるんだなあ」と、劣化がかなしかったです。

でも、エアリズムの劣化は「毛玉が出来たから、これでやっと捨てられる!」と、劣化を喜んだんです。

素材に感じた「冷え」というちょっとした違和感、やはり嫌だったのだなあと思いました。

ただ、すぐに捨てるほど不快でもなく、微妙なところだったので、着用し続けていました。でも、劣化を見て「ここまで着れば良かろう」と思いました。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

おわりに

今日は、ユニクロのエアリズムのキャミソールは、もう買わない理由を書きました。

一年使ってみて感じたこと、自分の感覚を大事にしようと思っています。