晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ブログの記事を書くのがしんどい理由(心の断捨離)。

「ブログの記事を書くのがしんどい理由。」というタイトルで記事を書きます。

ここ最近、実は、何だかちょっと、ブログの記事を書くのがしんどいと感じていました。

でも、ふと、あることに気づき、気持ちがラクになったので、今日はしんどいと感じた原因について、サラッと書きます。

ブログの記事の書き方とかではなく、心の断捨離の話です。

 

ブログの記事を書くのがしんどかった理由。

ブログの記事を書くのがしんどかった理由は、先月、5月のアタマを機に、アクセスが減ったことにありました。

アクセスが減った原因もボチボチ調べてサイトの修正などもしていましたが、正直、どの原因も「そう」だとも「いいえ」とも、ハッキリ言いきれるものではありません。

ただ、一つ言えるのは、ブログを続けることだけが、「いつか回復する希望」だと言えるということです。

でも、これって多分、真実だと言えます。

やはり、毎日ではなくても、ブログは更新し続ける方が、ブログの未来は明るいです。

でも、それでも、何だか気持ちの上で、記事を書くのがとても「しんどい」と感じていました。

そして、ふと、あることに気づいたら、気持ちがラクになったのです。

f:id:kogasora:20190319085445j:plain

アクセスが減って「寂しい」という気づき。

アクセスが減ったのが実は寂しかったのです。

「寂しかったんだなー。」と、気づいたら、やっと肩の力が抜けた感じがします。

それで、今日、こんな記事を書いてみることにしたんです。

「寂しくない」と言い聞かせてしまうと苦しくなる。

実は寂しいのに、かなり「寂しくない」と言い聞かせて、心にフタをしていました。

「読んでくれる人もまだたくさんいるし。」「そんな時もある。」「アクセスがゼロでもないし。」「頑張らなくちゃ。」

…などなど、「寂しい」という気持ちが出て来ないように、頑張って苦しくなっていました。

「寂しい」という本音を認めるとラクになる。

「寂しい」という気持ちが出て来ないように、出て来ないように、頑張っていましたが、出て来ないようにしていたから、「寂しい」と感じていることにさえ気づかなかったのです。

でも「あー寂しいのだ」と認めてあげたら、すーっと、感情が流れてきて、心の中が、涼やかに、気持ち良くなりました。

今は「寂しいけどラク」です。

それが「寂しくない」と言い聞かせると、「寂しい上に苦しい」となります。

本音に従うとシンプル。

やはり、シンプルライフの基本は、「本音」なんですね〜!

本音はいつも、気持ちをラクにしてくれるキーワードです。

「寂しいけどラク」

「寂しい上に苦しい」

シンプルに感じると「寂しいけどラク」なんです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、ブログの記事を書くのがしんどい理由という記事を書きました

ブログの記事の話かと思いきや、心の断捨離の話でした。

でも、ブログを書くときって、ある程度メンタルを整えるのって、とても大事ですよね?

追記

ブログ書くのしんどいって認めちゃったらかえってラクになりました。

アクセス減ったことの利点にも気づきました。「好かれよう」って意地をはる必要がなくなって、この際だから、好きな事書いちゃえ〜みたいに気楽にもなったりして。

肩の力を抜いて続けていきたいものです。