晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

文房具の断捨離と心の断捨離。(捨て活)

文房具断捨離をしたいと思ったら、ついでに心の断捨離をするのはおすすめです。

無駄に買ってしまったノートとペンに、嫌な感情なんでも書きまくって捨てると、デスクの引き出しだけでなく、心までスッキリしますよ。

今日は最近、書きまくって捨てたノートとペンについて書きます。

 

捨てたノート。

以下の2冊は、100円ショップで買ったノートです。↓

f:id:kogasora:20200208080535j:plain

f:id:kogasora:20200208080530j:plain

A5サイズのリング式のノートが、使いやすくて好きです。

でも、無駄にノートが余っていたら、何だって良いです。どうせすぐに捨てるのですから。

ノートには、ネガティブな感情などを書きまくってしまうと良いです。特に、同居している家族に言いたいことなど、言いたい放題書きまくります。

まあ、わたしの場合は、夫ですね。

でも、これを、まずは夫にぶつけないことが大事なんです。

というのは、本当の自分の本音は、意外と単純なことだったりするからです。

例えば、「(夫所有の)この食器を捨てたいんだけど、どう?」ということだけが本音です。

でも、なかなかそれを伝えられないで長い間経過すると、これくらい察して欲しいだとか、どうして自分は我慢してしまうのだろうだとか、今更伝えても変だと思われないだろうかとか、余計な理屈や感情が「食器を捨てたい」の上に、上乗せになってわけがわからなくなっていることが多いのです。

これらの感情は、もうほとんど殴り書きです。感情のおもむくままです。でも、夫にぶつけて、相手を無駄に傷つけなくて済むのでとても有益。

書き切ったら捨てる。

書き切ったら、シュレッダーにかけて捨てます。

本当は燃やして捨てたいところですが、最近の法的ルールで、燃やすのは難しいですから、わたしはシュレッダーです。

捨てたペン

以下は書き切って使い終わったペンです。↓

f:id:kogasora:20200208080539j:plain

このペンは、ゲルインクの黒いボールペン。買うならいつもこれです。でも、無駄に余って「どうしようか」というペンはたくさんあります。

使いにくすぎるものは、昨年、かなり捨てましたが、でも、こうやってノートに書き出す時に使うなら、何だって構わないので、捨てたいペンがあるなら、書きまくりに利用するのはおすすめです。

人に見つからないように書くために。

平日の日中、わたしはいつも一人なので、大抵は家で書いています。

でも、猫が邪魔して集中できない時や、気分を変えたい時、また夫が家にいる時などは外に行きます。まずはカフェでお茶しながら書くことが多いです。

でも、混雑していて、良い席がなかったり、人目がきになるなら、カラオケボックスはおすすめです。

日中は30分200円程度で使え、ソフトドリンクが飲み放題だったりします。3時間でも1200円です。

夫が寝てから夜ベッドの中で書くことも多いです。

夫にノートは見せませんし、夫も人のノートを勝手に見るようなタイプの人ではないので、読まれる心配はほとんどありません。

でも、「自分は色々なことをノートに書くのが好きなのだ。」ということは最近伝えました。

休日、わたしは自分の寝室に入り浸ってノートに書きまくりたかったので、「何をやっているんだろう?」と疑われないためにも、そのようにしたのです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

ノートとペンの断捨離には、ネガティブ感情を書きまくって捨てるのはおすすめです。

それでも気持ちがスッキリしなければ、まだまだ書き足りないのです。たくさん書いて出し切ってしまいましょう。

書いて書いて書きまくり、ネガティブ感情を、いらない文房具と一緒に捨ててしまうのは、断捨離もはかどり一石二鳥です。