晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

カロリー制限ダイエットで、1ヵ月半で3キロ減量し、59キロから56キロへ。(アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり4)

アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり第4段です。以下の記事の続きです。↓

便秘解消してダイエット。60キロから59キロへ。(アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり3)

3年前、49歳で62キロだったわたしは、5ヵ月で3キロ減量し、59キロになりました。

今回の記事は、さらにその後、1ヵ月半で3キロ減量し、56キロになったときのことを書きます。

この時のダイエットは「カロリー制限ダイエット」。この3年間で一番「我慢」「頑張り」が伴うものでした。

それでは詳しく書きますね。

 

カロリー制限ダイエットで3キロ痩せる。

カロリー制限ダイエットで3キロ痩せたのは、49歳と10ヶ月から11ヶ月の時です。50歳を目前にしていました。

ダイエット情報を収集する中、「カロリーは裏切らない」と信じて、カロリー制限で痩せたという人の本を読みました。

カロリー制限は、多少なりとも自分でも効果を感じていたので、やはりわたしはまず「カロリー制限ダイエット」を、もっと厳しくやり始めました。

ダイエットの原動力になった目標 : 温泉旅行。

なぜそんなに厳しくしたかというのは、1ヵ月半後に控えた、夫との初めての温泉旅行があったからです。

予約したのは、「露天風呂付き客室のある部屋」でした。温泉といっても、男女別の大風呂に行くのではなく、部屋についているお風呂に一緒に(一緒でなくてもいいのですが)入ることになりそうでした。

わたしは、自分のたるんだお腹を見て、ちょっと恐怖を感じました。太っていることが「恥ずかしい!」と単純に思いました。

夫とは夫婦とはいっても、まだ一緒に暮らし始めたばかりの、お互い良く知らない人です。

最近の結婚の多くは恋愛結婚で、ある程度相手を知ったつもりで結婚しますよね?

わたしたちはお見合いで結婚しました。すると、「良く知らない人と一緒に住む。」という、実に奇妙な現象が起こるのです。

最初のころは、一番近くにいながらも、緊張したり、恥じらったり、気をつかったりする相手でした。

でもこのことは、ダイエット成功への原動力となったのです。

カロリー制限ダイエットで3キロやせる。

カロリー制限ダイエットを効果的にやろうと思ったら、まず、基礎代謝を知る必要があります。例えば以下のようなサイトで、自分の基礎代謝を知ることができますので、興味のある方はやってみてください。↓

基礎代謝量

基礎代謝というのは、ただ寝ていても、何もしなくても消費される1日のカロリーのことで、年齢、性別、身長、体重などで変わってきます。当時のわたしの場合は、1300kcal弱です。

基礎代謝へ、日常生活によって消費されるカロリーが加わります。それで、1日に消費されるカロリーがだいたいわかります。

1日の消費カロリーを知る。

1日の消費カロリーは、ライフスタイルが関係してきます。肉体労働の人は、そうでない人よりも1日の消費カロリーは多いでしょう。通勤する人はしない人よりも多くなります。

わたしは、自分のライフスタイルを考えて、自分の1日の消費カロリーは、1600kcalとしました。

1日1600kcal以下に、摂取カロリーを押さえることができれば、確実に痩せていきます。

自分が食べているもののカロリーを計算する。

どんな食べ物が何キロカロリーあるのかということは、ネットで調べればすぐにわかります。

たとえば「ごはん カロリー」というキーワードで検索すると、100gあたり168kcalと出てきます。

最初のうちは、食べるたびに調べて、ノートにカロリーを書いて、累計をチェックして、「夕食はこれ以上は食べないようにしよう。」などと計算していきました。

記録をとってみると、今まで一体自分がどれほどカロリーを摂取していたのか知ることができ、愕然とします。

「こんなに食べている場合ではない!」と思えました。

(あまり几帳面な性格ではないので、ノートはずっときちんととっていたわけではありません。自分が飲み食いしているものを大体覚えたら、あとは感覚でわりと適当ではありました。)

摂取カロリーを下げるのは、大変ですが、効果はありました。

最初のうちは、カロリーを調べること自体が面白かったです。

始めて1週間後くらいに、少しずつ体重が落ちてきました。効果があるとわかると、急にやる気も出てきました。

この時のカロリー制限ダイエットは、「まずは、食事内容は考えない、とにかくカロリーさえ取らなければ良い。」としていました。

料理はあまり得意ではありませんでした。

糖質や炭水化物が良くないとは知っていましたが、ただでさえ我慢が伴うところへ、食事内容まで同時に考えるとなると、難し過ぎて自分がついていかれないと思ったからです。

それで、「何を食べても0K、でもカロリーだけは減らそう。」というスタンスでした。

大好きなごはんを抜いてしまうのは淋しいので、一口だけ食べたりすることもありました。

また、このときは、大好きなケーキも食べていました。イチゴのショートケーキなど、びっくりするほどの高カロリーです。

f:id:kogasora:20191122142220j:plain

そんなときは、半分だけ食べ、次の日に回すようにしていました。半分残すという方法で、ケーキのカロリーを半分カットしたというわけです。

夕食前に赤ワインを飲むことがありましたが、赤ワインのカロリーも調べ、飲んで良い分量だけ測ってからチマチマ飲んでいました。

「好きなものは何でも食べて良い、でも、カロリーだけは1600kcal以下にしよう」というのが毎日の目標でした。

1600kcal以下というのは、やってみると、本当にとても厳しくて、完全に実現できたのは、1ヶ月半のうち、何日もありませんでした。

でも、もしこれを厳守できれば、もっと短期間で痩せることは可能だったと思います。(体重のコントロールが必要なアスリートは、かなり短期間に痩せ切るので、可能だと思っています。)

それでも、せめて2000kcal以下にしようなどと、努力の甲斐あって、目標だった「夫との初めての温泉旅行」までには、56キロまで落とすことができたのです。

夫は「思ったよりもお腹が気にならなかった」と言ってくれました。また、婚活のウソのプロフィールの57キロが、それ以下になったわけですから、ウソがウソではなくなったのです。 

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

49歳5ヵ月で62キロだったわたしは、通算6ヵ月半、50歳を目前にして、56キロまでダイエットしました。

目標だった夫との初めての温泉旅行が終わって、とてもほっとしました。それで一旦ダイエットを中断し、好きなものを好きなだけ食べました。

「カロリー制限さえやれば、いつでもまた痩せられる。」と自信がつきました。

56キロ減量を実現した1ヵ月後、わたしは50歳の誕生日を迎えました。

でも、ここから、長いダイエットの停滞期に入っていくのです。この停滞期が一体どのくらい長かったのかと言いますと、約2年間です。

ですから、50歳から51歳の間の2年間は、たいして痩せませんでした。

62キロから56キロまでは、6ヵ月半という短期間で痩せることができました。でも、その後、約2年間、頑張っても56キロの壁が破れないという停滞期に入ってしまったのです。

停滞期では、ダイエットしては56キロまで落とし、ダイエットに飽きれば好きなだけ食べ、60キロになりそうならまたダイエットして体重を落とす…ということを繰り返していました。

平均すると58キロといったところをウロウロしていました。

次回は、このダイエットの停滞期について書きます。