晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

賃貸派から脱した50代子無し。今は断然、持ち家派だという理由。

今日は、よくある論争、賃貸派か持ち家派かというテーマで記事を書きます。

実は若いときはかなり賃貸にもメリットを感じていました。ですが、45歳を過ぎたあたりから、完全に持ち家(持ちマンション含む)の方がメリットが大きいと感じます。

その理由を書きます。

 

歳をとったら持ち家(持ちマンション)が良い理由

その理由は、ローンを払い終えたら、お金の心配が半減するということです。今、ウチは夫の持ちマンションに住んでいて、今年、夫はローンを完済しました。

住宅ローン減税が終了したタイミングで、住宅ローンによる恩恵がなくなったので、繰り上げ返済したのです。

それで、やっぱり、修繕積立や管理費が、かかったとしても、ずっと経済的な負担は減りましたので、賃貸で家賃をずっと払い続けるよりもラクになりました。

ローンは長くてもいつかは終わるものです。でも家賃は永遠に終わりません。

35年ローンを組んだとしても、「繰り上げ返済」をすれば、トータルの支払いを大幅に下げることも、そうしようと思えばできます。

わたしは、若いうちはともかく、歳をとったら、働けなくなる可能性も高いので、持ち家の方が断然良いと思っています。これがわたしが持ち家派だという一番の理由です。

年老いて賃貸を貸してもらえなかったりして路頭に迷う心配も激減します。

特に、いざとなったら頼れる若者もいないという子無しの立場では、持ち家の方が断然安心です。

f:id:kogasora:20190714145239j:plain

賃貸派でも大丈夫な人。

それでも、生涯賃貸でも大丈夫な人というのは、世の中にいるにはいると思います。それは一体どんな人かと言いますと、「お金にゆとりのある人」です。

例えばホリエモンさんとか。賃貸どころか定住してない様子です。でも、このような人は、その気になれば、いつでも、ローンなど組まずに、家を買えるはずです。

もし自分がそんな人だったら、「家は買おうと思えばいつでも買えるのだから、わざわざ今あわてて買う必要はない。」と感じるだろうと思います。

いつでも家を買える人は、買わなくても大丈夫なのです。でも、わたしは、これは一般庶民には無理な話だと思っています。

賃貸派の方がいい場合。

でも、ある条件の元では、賃貸派の方がいい場合もあります。それは、いずれそのうち実家などで両親などと同居する人です。

こういう人は、そもそも家があるのですから、わざわざ別に購入する必要はないわけです。

また、これから結婚したいなどと思っている独身の人。特に女性は、相手によって状況を左右されることが多いので、賃貸に住んで、結婚したら夫婦で購入するのが良いです。

わたしはアラフィフで再婚でしたが、すでに相手がマンションを持っている状態でした。こういうこともありますね。

それから、根っからの自由人。こういう人は、そもそも「持ち家か賃貸か」なんて悩んだこともないのでは?

自由人にとって、持ち家に縛られるなんて論外。例え持ち家の方が経済的にお得だったとしても、絶対に家なんて買わないでしょう。

生き方の問題ですね。将来、老後、困ることがあったとしても、その時はその時。困ろうが、お得でもなかろうが、自分の生き方をつらぬきたい人は、賃貸の方が良いに決まっています。

賃貸派でもいい場合。

また、賃貸派でもいい場合の人もいます。それは、転勤族のような人たちです。そういう人たちは、将来済む予定のところに家を買って、単身赴任というケースもあります。

でも、家族が離れてしまうのもどうかと思いますので、その場合は、転勤する夫などが定年するときまでは賃貸で暮らし、退職したら家を買えば良いと思います。

お金を貯めておいて現金で買うパターンです。

賃貸派を選ばざるを得ない場合。

それから、本当は持ち家が欲しいけど、賃貸をするしか仕方がない場合があります。それは、ローンを組めない人です。

これはもう、どれだけ家が欲しくても、当分、賃貸で過ごして行くしかしょうがないでしょうね。

2年半前に再婚するまでのわたしは、このカテゴリーに入っていました。

46歳のとき、わたしは、マンションを買おうと思い立ちました。セカンドシングルも長く、「一人で生きて行かれるように算段した方が良いな。」と思ったからです。

それで、自分の買えそうなマンションを見に行ったり、ローンの審査をしてもらったりしました。でも残念ながら、その時、ローンを組めなかったのです。

わたしは、それで、「最悪60歳までに現金でマンションか家を買えるようにお金を貯めて、一人で買おう。でも、本当は、再婚して、誰かと一緒に家を買いたい。」と、方針を変えました。

働けなくなると賃貸は疲れる

わたしは、かなり今も健康で、ヨガなどもやるようになったせいか、20代の頃よりも体調が良いと感じているところはあります。

でも、40歳を超えたあたりから、自分の中の何かが徐々に変貌していくのを感じました。30代の頃までは、わたしは、結構、「野望」みたいなのがあったのです。

それで、仕事に対しても、新しいものを吸収したり、どんどん成長して行きたい、生涯現役!! 80歳まで働くぞ! みたいなイケイケドンドン気分があったのです。

「生涯現役!! 80歳まで働くぞ!」気分のときは、賃貸でも良いと思っていました。もし実際、80歳まで現役イケイケドンドンだったら、80歳まで賃貸でも全然問題ないと思います。

でも、わたしは、41歳の頃、とくに、その野心のようなエネルギーが急速に萎えるのを感じたのです。自分の人格が変わってしまったような感じなんですね。

人に負けても悔しくなくなったり、無理なものは無理で良いし、出来ないものは出来ないでしょーがないじゃん、と、「萎えた」のです。

「老いる」というのは「萎える」ことなんだと思いました。それまでの自分の価値観が、自分自身の中で通用しなくなったのです。

そして、それ以来、たまに「さらにもう一段階萎える」というのを感じてきたのです。それで「もっと歳をとったら、もっと萎えるはずだ、その時に賃貸で家賃を払っていくのは厳しい。」と思ったのです。

ごく自然な老化現象とも言えるかも知れません。老化するのはシミやシワや白髪が増えるだけではなく、メンタルも老化するのです。

こういう自分自身の変化は、無理せず受け入れ、本当に心から自分が望んでいることは何だろうかと、改めて考えてみるべきです。

わたしは、「本当は、どこかに安心して定住したい。」と自分が感じているのがわかったとき、賃貸派から持ち家派に変貌しました。

ローンが終われば賃貸よりずっと良い

先にも書きましたが、ローンが終わると賃貸より断然ラクです。今は管理費と修繕積立と駐車場代で月々3万円程度です。

もちろんこれはずっと払っていかなければならないお金です。でも、賃貸なら、もっと高い金額を、永遠に払い続けた挙げ句、自分の持ち物にはならないのです。

ローンが負担になるのは、変に大きな物件を買おうとするから。

ローンが負担になるのは、まず、管理費や修繕積立などを考えにいれずに、今の家賃と同等のローンを組んでしまうということも含めて、必要以上に大きな物件を買ってしまうからです。

もし今、家賃10万円払っているとしたら、ローンは7万円程度で済む物件を探しましょう。そうすれば、管理費や修繕積立を払っても家賃と変わらないので生活を圧迫しません。

 

でも、不動産会社は、なぜかできるだけ大きな物件、ローンも最大限のものを勧めてくるのです。これを鵜呑みにすると、無用に大きな物件を購入することになってしまいます。

また、賃貸では2DKに住んでいる人が、なぜか購入するとなると「もっと広い方がいい」なんて思って、3LDKの物件を買おうとしてしまうことがローンで苦しむ原因です。

不動産会社や銀行が提示してくる「借り入れ可能額」を、マックスまで借りる必要はないものです。「ローンが組める」金額と「余裕を持って払っていかれる」金額は別なのです。

もし2DKで十分暮らせているなら、2DKの物件を探せば良いのであって、3LDKとか大きなものを買おうとすると無理が生じます。

また、もっと持ち物を減らして、2Kとか1LDKでも住めないかどうか工夫してみれば負担の少ない物件が買えるはずです。

支払える範囲なら大きい方が良いと考えてしまうとローンが負担になるでしょう。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

ここまでアレコレ勝手な言ってきましたが、実は賃貸が良いか持ち家が良いかなんて、一人の人間の人生の中で、状況が変われば変化することなので、決めつけるのはナンセンスです。

でも「この地域で、この家族と(あるいは一人で)、ずっと住んでいられたらよいなあ。」と思ったら、賃貸で家賃を捨て続けるよりも、購入した方がメリットは大きいと思います。

結局のところ、わたしは若い頃は、どこにでも行かれる「自由」というものを重視していました。「自由」を重視すると、賃貸派になります。

でも、40代になってから、「どこかに落ち着いて住みたい」という「定住」が大事になりました。「定住」を重視すると、持ち家派になります。