晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

「着る人がいない服」の断捨離。それって一体どんな服!?(パーソナルカラー診断の体験談3)

パーソナルカラー診断に行くときに、着て行ったについて書きます。

わたしは、いくつか迷っている服がありました。その中から1着選び、「似合う」ことがわかればとっておき、「似合わない」ということがわかれば断捨離しようという服を着ていきました。

それで、その服は「着る人のいない服」だと言われました。要するに、わたしにも似合いませんが、誰にも似合わない服だということです。

一体どんな服でしょうか?

「着る人のいない服」

わたしが着て行ったメインのトップスはこちらのチュニックです。

今となっては、ちょっとお見せするのも恥ずかしいくらいなのですが、処分を決めましたので、思い切って写真をアップします。

f:id:kogasora:20190522151409j:plain

夫に「服の色が暗い」などと言われ始めた頃、その反動で購入しました。買った時は素敵だと思ったのですが、何となくしっくりこない感じがずっとありました。

色んな色が混ざっていてカラフルなのに、何だか着ていてあまり楽しい気分にならなかったのです。それで「どうしようか」と思っていましたので、カラー診断に着て行って見ました。

さて、それで、先生のご意見ですが、何と!「着る人のいない服」だそうです。

何だか笑ってしまいました。

つまり、「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」のどれか複数のカラーグループの色がまんべんなく混ざりすぎていて、「どんな人にも似合わない」という現象が起きているらしいのです。

この服は「こんなにカラフルなのに、何だか着ていて楽しくない」と感じていたのですが、こんなところにも原因があったように思います。

それで、この服も処分を決めました。

まだ傷んでないのですが、売るにしても寄付するにしても「似合わない服を着る人を増やす」という悪行をしてしまいそうなので、資源ゴミに出すことにします。

もちろん、柄物がすべてダメということではありません。自分に似合う色で構成された柄なら良いわけで、ショッピングエスコート(買い物の同行)では、素敵な柄物も選んでいただきました。

ショッピングの際、わたしが「この服はどうですか?」などと先生に尋ねると、「着る人がいない服」とおっしゃっていらっしゃったのが、とても印象的でした。

気をつけて見ると、「着る人がいない服」=「誰にも似合わない服」って、市場にも色々と出回っているようです。

柄物の購入には、注意が必要です。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

その他の服など

上記の「着る人がいない服」以外のアイテムについては、ボトムスはベージュのパンツだったのでOKでしたが、それ以外も色的にはNGでした。

ネックレスは黒い紐が似合いませんでした。また、わたしはアクセサリーは基本的にシルバー系でしたが、実はゴールドが似合うのだということは今回判明しました。

靴はグレーのパンプスでしたが、スプリングのわたしには似合わない色です。

バッグはルイヴィトンのものでしたが、地の部分の焦げ茶色と、白で描いてあった模様が似合わないということでNGでした。

「どうかしら?」と思っていたものを持って行きましたが、特にルイヴィトンのバッグは高額だったので迷っていました。

でも、手放すにしても、気持ちの上で踏ん切りがつきそうです。

また、ファッションについて、とても勉強になりましたので、カラー診断の際は、断捨離候補の服を着ていくいうのも良いかも知れませんね。