晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

「スプリング」という自分に似合う色を知った感想。(パーソナルカラー診断の体験談6)

今日は、わたしがカラー診断を受けて、自分に似合う色を知った感想について書きます。昨日にひきつづき、パーソナルカラー診断体験談、6回目です。(前回の記事はコチラです。↓)

夫が妻の服に文句をつける意外な理由2つ。(パーソナルカラー診断の体験談5) - 晴れやかブログ

わたしの診断結果はイエローベースの「スプリング」でした。結果を知ったときは、「嬉しい」という気持ちと「やっぱりそうか」という気持ちの両方がありました。

似合う色というのは、単なるファッションの道具ではなく、自分の本質を表しているそうです。

ですから、自分に似合う色を知ったときは、「本当の自分自身に出会ったような喜び」と「ほっとした気持ち」があったのです。

 

診断を受ける前の診断予想

最初に「パーソナルカラー診断」というものを知ったとき、何とかお金をかけずに診断できる方法はないかと、ネットや本などのテストをやってみました。

でも、チンプンカンプン。目の色とか、鏡で見ても、光の加減で何とでもなってしまい、自己判断が難しいのです。

色々読んで、総合的に、自分は「オータム」だろうと予想していました。

ファンデーションを「オークル」を使っていて、肌がどちらかというと黄色っぽいと思っていたのと、単純にオータムの色が好きだったからというのもあります。

でも、結果は予想とはちがって「スプリング」。なかなか自分で予想するのって難しいです。

メンタルは「スプリング」かも

でも、1つだけ、「自分はスプリングかも知れない」と思ったことがありました。

そう思った根拠は、後藤先生の本『服の色で、損する人、飛躍する人』に書かれていた、パーソナルカラーが表すメンタルを読んだときです。

本のレビューはコチラです。↓

『服の色で、損する人、飛躍する人』というの衝撃の本と出会い、感想を書きます。 - 晴れやかブログ

「スプリング」の象徴的イメージは、春のお花畑。のどかでホッとする雰囲気だそうですが、それを読んで、「自分はスプリングっぽいな」と感じたのです。

現在はともかく、子供時代は特にこの傾向が強かったと思っています。

大人になり、さまざまな経験を重ね、成長した部分もありますが、手垢がついたり、防衛したり、鎧を着込んだりして、本来の自分を見失ってしまったりします。

でも、そんな経験をとっぱらって、子供時代を思い返してみると、本来の自分の本質が、意外とわかったりするものです

「スプリングならば、ラクで楽しそうで良いな。」と思っていました。

自分の本質に立ち返った嬉しさ

ですから、「スプリング」だとわかったときは、「なんだ、それで良いんだ」と、自分の本音を肯定してもらえたような安堵感がありました。

この記事の最初に書いた「嬉しい」と「やっぱりな」は、上記のような理由からきています。

f:id:kogasora:20190520234129j:plain

左から1列目が100点の似合う色で、2列目が90点、3列目が80点、4列目が70点。

そして、「スプリング」だとわかった瞬間というのは、セルフイメージがガラっと変わった瞬間でもありました。 「こういう色を着る人として存在して良いのだ。」というセルフイメージです。

特に「スプリング」の色は、クリアでキレイな明るい色が多いです。

「こういう色が似合う人はうらやましいな。」と思っていたような色たちです。また、

「もう歳だから、こんな色は、オバサンは着れない、若い子の色、卒業しなくちゃ。」みたいな色でもありました。

ところが、そんな思い込みがあったのにもかかわらず、「似合う」となると、「着て大丈夫なんだ」という嬉しさ以上に、「何だか急に、自分の人生にスポットライトが当たり、自分が主人公にでもなったような気分」になりました。

服を着ることで「自分はこれで良い」と感じる

カラー診断のあと、実際にショッピングへ行きました。そして色々なものを試着するのが楽しかったです。

似合わない色の試着は、面倒なだけでした。それでオシャレ心みないなものを失っていたのです。

そして、家に帰って、買ったものを着ていると、とても楽しい気持ちになってきます。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

後藤先生のカラー診断のセッションのとき、先生はカラータイプの特徴を説明するのに、たまに有名人を例えに出すことがありました。

その中で「スプリング」の例えとして、出川哲朗さんの名前が出てきました。

実は、わたしの夫は出川さんの大ファンです。それで、家に帰ってから「出川もスプリングなんだよ。」と言ってみました。

「俺、出川大好きだよ。」と言っていました。

ここにわたしは、「夫がわたしの服に文句をつける」ことへの、もう一つの対策をみつけました。

それは、「楽しく服を着て、楽しく自分らしく生きていくことで、めぐりめぐって夫との関係を良くする」という方法です。

今まで「この服どう? おかしい?」と、少しオドオドしながら、夫の顔色をうかがうようなことをしていました。そんなわたしの態度が、かえって夫の気分を悪くしていたかも知れないと思います。

「自分はスプリングなんだ」ということを知ったということは、自分の本来の良さを知り、自信が持てたということでもあります。

夫の文句は、「楽しく生きてほしい」という、無意識のメッセージだったかも知れません。

記事end