晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ユニクロの部屋着コーデ。下着や普段着こそ似合う色の服を着るべき。(ショッピング同行の体験談1)

カラー診断の後、ショッピングエスコート(ショッピング同行)に行きました。今回はその時の体験談です。

約4時間にわたるカラー診断の後(もしかして時間超過だったかも?)、昼食をはさんで同じ日に買い物もしたのです。

約3時間にわたる、後藤先生のショッピングエスコートは強烈でした。ショッピングエスコートというのは、いわゆる「買い物同行」なのですが、同行というよりも「先行」というか、何か別の表現の方がふさわしい感じでした。

先生はとにかく、すごい速さで服を選んできます。

3時間で32,400円と、安くはありませんが、とても内容が濃く、服選びに関して、わたしは、大量の情報と知識を浴びることになりました。

実際に何着か購入しましたが、それ以外でも似合うものを教えていただいたり、試着しながら、着こなしも教えていただきました。

わたしは、下腹が出てきたのを隠すため、ここ数年、チュニックを多用していましたが、脚が短く見え、それは似合わないとアドバイスをいただきました。

今回選んでいただいたパンツは、テーパードとワイドパンツが主でしたが、テーパードとワイドパンツだと隠さなくても下腹が目立たないことも判明し、個人的にはとても収穫でした。

これで、あまり売られていないチュニックをわざわざ探すという労力からも解放され、服の選択肢の自由度がアップしました。

まず、買い物の目的を決める

カラー診断のセッションの終わりに、「それで、どんな服が欲しいの?」と先生に聞かれました。つまり、「夫の好みで選ぶか、わたし自身の好みで選ぶか」ということです。

わたしは、「自分に似合う、自分の本質を生かす服にして欲しい」というようなことを言いました。自分軸で考え、自分なりの魅力を発揮することで、めぐりめぐって、夫との関係を良くする方がいいと思ったからです。

それを聞いて安心した」と先生は言いました。

TPOを決める

それから、先生は、わたしのライフスタイルを聞いてきました。そして、夫がわたしの服装を目にするのが、主に部屋着だということが判明。

それで普段の部屋着とお出かけのコーディネートをいくつか欲しいと伝えました。

ショッピング

次々とショップを回りましたが、わたしが会計をしている間に、先生は次の店へ行き、わたしが会計を済ませて向かうと、すでに服が選んであるというスピードでした。

靴下屋

まず最初に向かったのは、「靴下屋」でした。

最初に向かった「靴下屋」で、先生は、いくつか似合う色の靴下を教えてくださいました。

そこで、いくつか買えば良かったと、後で思ったのですが、先日、ソックスを26足も買ったばかりで、「その中に似合う色があるかどうか確認してからにしよう」と思って、買うのはやめました。

先月26足まとめ買いしましたが、履けそうなのは、4足、許容範囲は2足くらいです。黒、白、グレーは万能とばかりにたくさん買ってしまいましたが全滅です。

未使用のものもたくさんあるので、売るか寄付しようと思います。

ユニクロ

次はユニクロです。まず、店頭にあったTシャツの中から、青緑色と黄色をピックアップしました。

それから歩くたびに、「これも似合う」「これも似合う」などと先生が言ったものを、どんどんカゴへ服を入れていき、試着しました。

ユニクロでは部屋着と下着を買いました。

f:id:kogasora:20190601145234j:plain

トップス:赤に近いオレンジ色です。 パンツ:カラシ色です。

これは部屋着コーデの一例です。部屋着券、ちょっとコンビニまでという用途の服です。赤はビビッドではなく、コーラルレッドというのでしょうか? 少し優しい色です。

f:id:kogasora:20190601145335j:plain

左:やさしい赤(オレンジレッド?)です。右:オレンジです。

それから、これは、キャミソール。肌着です。こちらも楽しげな色彩です。

また、先生は、「コレ肌の色が一番キレイに見える、あなたに似合う」と言って、ユニクロのワイヤレスブラのオレンジを教えてくださいました。

わたしはその時は買わなかったのですが、家で赤やオレンジの肌着を着てみると、黒や白などよりずっと似合うと思ったので、後で1人で買いました。

また、買ったもの以外でも、エアリズムのキャミソールの中のベージュ系の色を指差し、「これも似合う」と教えてくださいました。

わたしはたまたま同じ色のものを持っていましたので買いませんでしたが、これも肌着のローテーションの中に入れて着ています。

下着こそ似合う色を着るべき

先生は「下着こそ似合う色を着るべき」と言います。一日の中で一番長く身に付けるのが下着だからです。

わたしのように、ほぼずっと家で過ごして、たまにしか外出しないライフスタイルの場合、部屋着も同じことが言えます。

わたしは、家に帰ってすぐにユニクロの上下に着替えました。とてもラクなのでパジャマにもしています。

トップスの数が足りなかったので、このとき似合うと言って紹介していただいた他のTシャツやカットソーも、後で買い足して、とっかえひっかえ部屋着にして楽しんでいます。

f:id:kogasora:20190527162324j:plain

パジャマとして着ているTシャツ(写真は少し色がくすんでいますが、本当はもっとクリアな色です。左は深い青緑。右はオレンジに近い黄色です。)

また、洗濯もののカラフルな下着たちがパッと目に飛び込んでくると、それだけで何だか元気をもらえます。

似合う色って、素晴らしいですね!

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

ユニクロでわたしが会計をしている最中、先生はどこかへ行ってしまいました。そして、ユニクロから出て先生を探すと、先生は、もう、次のお店でスカートを選んで待っていました。(速!)

それでは、この続きはまた次の記事で!

追記

ショッピン同行をしてくださった後藤妙子先生のブログに、この記事が紹介されました。その記事はコチラ↓
説明しにくいショッピングエスコートを体験者がその目線で細かく語ってくれました

先生のブログには、パーソナルカラーに関する役立つ記事がたくさん載っています。ぜひ、参考にしてみて下さいね!