晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

三回しか着てないユニクロのリラコを断捨離する意外な理由。

昨年購入したユニクロリラコを1枚、断捨離することにしました。せっかく購入したのに一度しか履いていません。

実はユニクロのリラコは、一昨年2枚購入して、とても気に入り、主に夏の部屋着兼パジャマとしてヘビロテでした。

それで、昨年、もう1枚追加で購入しました。でも、ヘビロテしたのは一昨年購入した2枚の古い方で、昨年購入した新しいのは三回しか着ませんでした。

なぜ、昨年購入した新しいリラコはダメだったのでしょうか? その理由とは?

 

断捨離する理由「色と柄が似合わなかった」

実は、色柄が全然似合わなかったのです。ユニクロのリラコは、形はどれも同じです。ですから、手持ちのお気に入りとは、単なる色違い、柄違いということになります。

f:id:kogasora:20190508122207j:plain

断捨離する似合わないリラコ

これがその断捨離するリラコです。白地にビビッドな赤と青の花模様で、店頭でもひときわ目立っていました。

これが、着てみると全然似合わなかったのです。夫にも「色だけ浮いてる」と言われましたが、自分でもそう思いました。

おばさんが無理して若い子の服を着て、頑張って若作りしているように見えました。

ちなみに、こちらがお気に入りのリラコです。

f:id:kogasora:20190508122458j:plain

紺色に、ちょっと変わった茶色と白の花模様です。

f:id:kogasora:20190508122547j:plain

そしてこちらは白地にブルー系の花と、渋いグリーン葉っぱが配置されています。

両方とも夫が選んでくれました。実はわたしが選んだのは、ボーダーとか、ストライプのものでした。それらは良くないと言われ、夫が選んでくれたのです。

特に上の紺色の方は、一番自分に似合っていたと思います。そして気分転換に白地の物をときどき着ていました。

部屋着だから、下半身だから…とあなどるなかれ。似合わない色柄が、これほど不快なものだとは思ってもみませんでした。

「色は電磁波」だと、ごく最近知りましたが、似合わない色の服を着ていると、寝ている時でさえ、何だかリラックスできなかったのです。

「せっかく買ったから」と、トップスを白にしてみたり、黒にしてみたり、2、3回試したわけですが、どうにもこうにも変で、ついに着るのをあきらめたのです。

購入した理由「ときめき」

そもそも購入した理由はなんだったでしょうか?

それは、ユニクロの店頭で見かけ「カワイイ!」と思い、「ときめき」を感じたからです。

でも、2枚持っているのでどうしようかと一週間考え、忘れられず、一週間後に買いに行きました。ここまでは良かったのかも。

失敗の原因「試着をしなかった」

ここで試着をしなかったのが失敗の原因だったと思われます。せめて鏡で当てて確かめるくらいはすれば良かったかも。

サイズはわかっていたので大丈夫だと思って買ってしまいました。それに、所詮部屋着だということもあり、面倒な試着はパスしたのです。

まさかこれほど似合わないとは思ってもみませんでした。それに、たかが部屋着と思っていましたが、いくら部屋着でも、似合わないことがこれほど不快だったとは、考えられません。

どんな服でもやはり試着は必要ですね。

服だけがいくら素敵でときめいたとしても、試着したり、鏡の前で当ててみたりした時に、顔映りが悪いことはよくあることです。

可能な限り試着はしたいものです。

「服のときめき」には自分の顔も入れよう

「ときめき」で買う物を決めると、かなりお気に入りになるケースが多いです。でも服って、他のものと違って、服だけ見てときめいてもしょうがないです。

自分の顔映りを確認して似合わないと、その時点で「ときめき」がなくなるということは、服にはよくあることです。

服に関しては、自分の顔まで含めて「ときめく」かどうか確認しようと思います。

ですが、おかげさまで、もう、いくらユニクロのリラコの模様が可愛くても、惑わされなくなりました。

応援が、はげみになります♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

今回は、似合わない色柄の断捨離の話でした。

わたしたちは、形が気にいると、「色違いで」とかいって、何枚か買ってしまうことがありますが、その中には「似合わない色」も含まれていることもあるハズです

多少似合わない程度なら、まあそれも良しとして、気分転換に着てしまいますが、全然似合わないとなると、不快感が発生します。

「色違いの服」にご注意を!!

記事end