晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

「毛玉」がダメなら「縮んだセーター」も捨てるべし! 服がどんどん断捨離できちゃうツボ

先日、自分の中で、「毛玉になった靴下」を捨てることにしたら、「毛玉になったセーター」も捨てて良いことになりました。

すると次に気になってきた服が浮かび上がってきました。あるレベルの基準を「捨て」の方向にシフトしたら、似たような基準も「捨て」の方向に向いたということです。

これはがどんどん断捨離できちゃうツボです。

今回処分を決めたのは、洗濯に失敗して「縮んでしまったセーター」。「毛玉」がダメなら「縮んだセーター」も! と、「服の傷み」という同じカテゴリーのものは、自動的に捨ての方向に向かいます。

「服が溢れてもっと捨てたいけど選べない」というときは、「自動的に」捨ての方向に向かうように、何かの「捨て基準」をちょっとだけ高めにしてしまうと、楽な気持ちで捨てる服をチョイスできるかも知れませんね。

縮んでしまったセーターの捨てられなかった理由

一応、今回捨てることにした「縮んでしまったセーター」の、捨てられなかったエピソードを書いておきます。

f:id:kogasora:20190411143028j:plain

縮んだとはいえ、お気に入りだったので、何とか元に戻そうと、悪戦苦闘。

さらに、来年また着ようと思って、いったんしまい込んだところでした。

このセーターは、以前、パーソナルスタイリストに選んでもらったもので、わたしに良く似合っていました。

最初は婚活のデート用として活用していましたが、普段も着るようになっていたものです。縮む前は、使用頻度が高かったもののうちの1つです。

パーソナルスタイリストに選んでもらったことや、夫とのお見合いの時にも着ていたものだからと、このセーターへのわたしの思い入れは強かったです。

写真ではわかりにくいですが、白い糸にはシルバーのラメが混ざっていて、シンプルながらゴージャスな感じでした。

ですから縮んでもなお、元に戻そうと、スチームアイロンを当てるなど手間暇かけました。そして、縮んだままでも何度か今年は着ていたのです。

それでも、縮んだママのセーターを着ている時間は、やはり気持ちがダウンするものです。

「洗濯に失敗した」という事実が受け入れられなかったり、強い執着心が発生していて、なかなか手放すことができなかったんですね。

それで、「来年またスチームアイロンをかけてみよう」なんて思って、たたんで衣装ケースにしまったところでした。

「毛玉セーター」を捨てるのに、何で「縮んだセーター」を取っておくの?

ところが、「毛玉セーター」を捨てることに決めたら、「何で縮んだセーターを捨てないの?」という心の声が聞こえてきました。

それで、改めて考え直したのです。「そうだよね。縮んだセーターを自分に着せてしまうのはマズいよね?」と。

 

これでやっと、「お気に入りだったけど縮んでしまったセーター」を手放すことに、踏ん切りがつきました。

さらに、「縮んだセーター」を処分すれば、別の「捨て理由」が思いつくかも知れません。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

どこか一カ所「捨て基準」を変更すると、似たようなものの「捨て基準」も自動的に変わります。「モッタイナイから捨てない」とすれば、どちらも捨てないでしょう。でも、「捨てる」と決めたらどちらも捨てる方向に向かいます。

これが服がどんどん断捨離できちゃうツボです。服が溢れているのに捨てる服を選べないというときは、このツボを利用すれば、捨てる服がたくさん選びやすくなりますね。