晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【断捨離・片付けと家族】捨てるときは一人がいいという3つの理由。

わたしは、最近はじめた「断捨離」「片付け」を実践するにあたって、気をつけていたことがあります。

それは、「一人で捨てる」ということです。今回は、その理由について書きます。

もちろん捨てるのは、わたし個人の物だけです。

夫は会社に勤めていますので、夫が勤めに出て、一人になったスキに捨てることにしています。

そして、「リサイクルショップに売る」「マンションのゴミ捨て場に持っていく」など、完全に家から出すところまで、自分一人の手で行うのです。

なぜ、自分一人で捨てた方が良いのでしょうか?

 

捨てるときは一人がいいという3つの理由

捨てるときは一人がいいという理由は、以下の3つです。

1. 家族は断捨離や片付けの邪魔をすることがある。

2. 自分の決断が鈍る。

3. 一人の方が、物ときちんと向き合える。

それでは、詳しく説明しますね。

1. 家族は断捨離や片付けの邪魔をすることがある。

1つ目の理由は、家族は断捨離や片付けの邪魔をすることがあるということです。

こんまりさんは『人生がときめく片づけの魔法』の中で、「捨てるモノを家族に見せてはいけない」と言っています。

筆子ジャーナルの筆子さんも以下の記事の中でこのテーマについて書かれています。↓

捨てた物は家族に見せず、自分で最後まで断捨離を完了すべき理由

 わたし自身について言えば、やはりこの問題は、夫と2年半前に再婚した以降、直面した問題でした。

「邪魔をする」だなんて言い方は、夫に失礼かも知れませんが、結果としてそうなるということが何度かありました。

例えば、わたしは、以前の部屋で使っていたゴミ箱を持ってきたのですが、この家にきて、要らないことに気づき、「これは捨てる」と夫に言って、とりあえずベランダに出したのです。

すると、夫が何か物を入れたりして、何となく使い始めてしまいました。

また、掃除機のパワーがダウンしてきたので処分しようとしたところ、「まだ使えるかも知れないから」と、夫は会社に持っていってしまいました。

f:id:kogasora:20190325005201j:plain

結局使えないことがわかり、持って帰ってきて、わたしが処分はしましたが、何だかスンナリと、不用品を処分できないことがあったのです。

ものによっては、家族が「もったいない」と思ってしまうことがあるんですね。

また、妙なもので、夫が何か捨てようとしているのを目撃すると、わたし自身が「もったいないよ。」なんて、思わず言ってしまうこともありました。

2. 自分の決断が鈍る。

それから、2つめの理由は、何と! わたし自身の決断が鈍ってしまうということがあります。これは、昨日書いた記事の「縄張り」という意識も関係しています。昨日の記事はコチラ↓

やましたひでこさんの『夫婦の断捨離』から得た気づき。 - 晴れやかブログ

これが一体どんなことかと言いますと、「捨てろ」と言われると、捨てようと思っていたものも捨てたくなくなるという心理です。

よく、相手のものは捨ててはいけないと言いますね。たいてい、捨てられた相手は怒ります。これは、相手の縄張りを犯しているからに違いありません。

それが、逆の場合でもそんな気分になってしまうことがあったのです。わたしは、「捨てろ」までは言われませんでしたが、「けなされた物」に関しては、処分を決めていたのに捨てたくなくなったのです。

そのうちの1つが、「チープなカラーボックス」でした。「たいしたことない安物」みたいなことを言われたのです。

f:id:kogasora:20190429114521j:plain

事実その通りでしたが、それで処分する気が失せてしまったということがあります。

また、黒いダウンコートについても「貧乏くさい」と言われたことから、ますます手放すまいとして執着心を増幅していました。(結局は処分しましたが。)

f:id:kogasora:20190314115555p:plain

家族の意見は、良くも悪くも雑音になってしまい、自分の決断に影響を与えることがあるんですね。

また、もし、相手に言われるがままに、自分のものを捨ててしまったとしたら、後で「あなたに言われたから仕方なく捨てた」なんて、変な恨みが残ってしまいそうです。

捨てるという決断と作業は、あくまでも、自分一人で納得してから行いましょう。

3. 一人の方が、物ときちんと向き合える。

3つ目の理由は、一人の方が、物ときちんと向き合える、ということです。

再びこんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』からの引用ですが、

片づけとは「モノを通して自分と対話する作業」である…(中略)…

モノを見極める作業の間は、なるべく静かで落ち着ける環境づくりが欠かせません。音楽などは一切かけないことが理想です。…(後略)

上記のように語られていますが、納得&同感です。

ウチの夫はテレビが好きで、夫が休みでウチにいると、一日中テレビをつけています。こういう環境だと、なかなか「自分との対話」がうまくできません。

やむを得ず、夫の休日にモノを捨てるときは、夫が起きてこない早朝にやるか、レシートや紙くずなど、特別に自分との対話が必要ない、明らかなゴミだけにしています。

f:id:kogasora:20190706160410j:plain

モノを捨てても後悔しないコツは、闇雲に捨てるのではなく「モノを通して自分と対話する」ということがとても大事です。

家族の存在が、自分との対話を妨げてしまうことがあるというのは、容易に想像できるのではないかと思います。 

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

以上、今回は、捨てるときは一人がいいという3つの理由について書きました。いかがでしたか?

もちろん、共有物など、家族と一緒に決めなければならないものもあるとは思いますが、自分個人で判断できるものは、「一人で最後まで捨て切る」のがオススメです。