晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

毛玉のついた靴下をゴミと一緒に全部断捨離した理由3つ。

毛玉の付き過ぎた靴下、全部ピックアップしました。最初、これは全部、雑巾(ウエス)として活用してから捨てようと思っていましたが、それはやめて、燃えるゴミとして一気に断捨離することにしました。その理由を3つ書きます。

理由1 部屋の隅に置いておくと「つい」履いてしまう

部屋の隅に置いておくと、つい、履いてしまうのです。これ、一番の問題です。モッタイナイというよりは、引出しから取り出すよりもラクだから、というのが一番です。

f:id:kogasora:20190416113105j:plain

「まだ履けるから」という話もあります。そうです。穴があいたのなら、靴下としての機能は完全に失ったと感じるのですが、毛玉というのは、見た目や気分の問題だけで、靴下的には問題がないからです。

でも、今回は、久しぶりの大がかりな断捨離で、手持ちのものを見直してスッキリさせたいわけです。

それで、今回は、この靴下の山を、丸ごと、燃えるゴミの中に入れました。もう、本当に、これは強行手段です、わたしとしては。

すでにゴミという烙印を押した」靴下を、履いてしまうというのは、「自分にゴミを与えるのが無意識的に慣れている」ということなんじゃないかと、自分に厳しめにしてみたのです。

わたしには、長年、汚部屋で暮らしたという過去があります。自分にゴミを与え慣れているわけです。

「ゴミの方が心地いい」という自分自身が、何だかイヤになってしまいます。遺伝子レベルで「ゴミが自分にふさわしい」と思っているのかも知れません。

理由2 靴下でも雑巾でもなく単なるゴミに思える

もう一つの理由は、部屋の隅においておいたら、だんだん靴下が、本当に単なるゴミに思えてきたからです。

見ていると、イライラしてくるようになりました。

靴下として扱えば、衣装ケースの中に定位置がありました。ついそこに戻したくなるような衝動にもかられます。

理由3 置き場所がない

雑巾(ウエス)としてためておいて使うなら、家の中に「雑巾(ウエス)の置き場所」が必要だと思いました。

いま、雑巾(ウエス)置き場は特に確保してないので、「そのうち」と思っています。でも、「そのうち」とか「いつか」って、来ない確率が高いです。

ですから今回は、燃えるゴミとして処分してしまうことにしました。ゴミはやはり「ゴミ箱」が定位置としては一番ふさわしいのだと思いました。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

毛玉のついた靴下くらいで、こんなに悩むとは、自分の「小ささ」「セコさ」にあきれます。これを機に、今後は、靴下は「毛玉が気になったら」即効処分していくことにしました。