晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

収納の断捨離の「思わぬ掘り出し物」と、50代のメイクには「赤み」が必要な理由。

収納断捨離をしていたら、思わぬ掘り出し物が出てきた! なんていうのはよく聞くハナシです。「タンスから現金が! 」とか、ですね。

現金というほどのものではなかったのですが、実はわたしも掘り出し物が出てきました。それは「口紅」です。

今日はそのことと、50代のメイクには「赤み」が必要な理由について書きます。

 

クリスチャン・ディオールの赤い口紅

f:id:kogasora:20190502142648j:plain

以前、知人から海外旅行のお土産にもらったもので、忘れていました。もらった当初は「赤すぎるな、使うことはなかろう」と思い、引き出しにしまったのです。

それで、今回、処分するものに入れました。

f:id:kogasora:20190422181230j:plain

これがデスク下のキャビネットから出てきた不用品です。この中に、その口紅もあります。

それで、「どうやって捨てようか」と箱から取り出し、「捨てる前にちょっとつけてみよう」と思って唇に塗ってみたのです。

鏡を見ると、何だか顔色が良く見えて引き立つ感じです。「オヤっ!? これは何だかイイ感じじゃないの!?」と思いました。

それで、この口紅は処分するのをやめて使うことにしたのです。これが、断捨離で出てきた「思わぬ掘り出し物」です。

美容院へ行った時の体験談

ところで、先日、美容院へ行きました。いつもお願いしているのは、わたしと多分、同年代の美容師さんです。

やっていただいているとき、ふと、鏡の中の彼女とわたしの顔を見比べて、自分の顔色の悪さが気になりました。

美容師さんはチークと口紅をちゃんとしていて、同年代なのに血色が良く、キレイに見えたのです。

「やっぱり「チーク」と「口紅」ってちゃんとした方がいいんだな」と改めて思いました。

掘り出し物の口紅を見つけたのは、そんな矢先でした。

50代のメイクは「チーク」と「口紅」など「赤み」が必要だという理由

ナチュラルメイクは若々しいハリのある肌があってこそ

わたしも実は一応、チークと口紅はつけてはいたのです。でも、チークはちょっと薄すぎ、口紅も色がナチュラルすぎていました。

ナチュラルな色の口紅は「50代にも馴染みが良い」とキャッチコピーが書かれて、ドラッグストアで売られていました。

確かに馴染みが良く、自分のもともとの唇の色と大差ないような感じです。ナチュラルメイクになっているようです。でも、言い換えれば、ノーメイクに見えかねません。

ノーメイクに見えるようなナチュラルメイクって、若々しいハリのある肌があってこそなのだと感じました。

50代でも、そんな肌のキレイな人はたまにいます。でも、たいていは、どうファンデーションでカバーしても、年齢を感じる肌は透けて見えてしまうものです。

赤みのあるメイクをしている同年代の美容師さんと、自分の顔を鏡で見比べてみて、普段1人で鏡を見ていた時には気づかなかった、思わぬ気づきを得たというわけです。

断捨離でグッドタイミングな掘り出し物

それで、「もうちょっと赤みのある口紅を買いたいな」と思っていたとき、グッドタイミングにも、断捨離した引き出しの中から赤みのある口紅を発見。

それ以来毎日使っています。顔色が良く見え、ちょっと得した気分になりました。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

今度、パーソナルカラー診断をやる予定です。この診断をやると、「赤」とは言ってもピンク系なのかオレンジ系なのか…など、似合う色が見つかってくるだろうと思われます。

でも、それにしても、似合うかどうかわからなくても、全く何もつけない「素」のくちびるよりは、赤みのある、口紅をした自分の顔の方が余程マシなのだと今は感じています。

無彩色の服でも華やぐ

特に、彩度の低い色や黒などの無彩色の服装をしたとき、赤い口紅をしていると、それだけで何となく華やいで見えるのです。

歳は元気にとりたいものです。「チーク」や「口紅」のようはメイクの「赤み」は、50代の顔に、元気感をプラスしてくれますので、つけてないという方にはおすすめです。

記事end