晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

暗い色の服オンパレードを断捨離します。

暗い色の服を断捨離します。今回捨てることにした服は、色が暗いから捨てるというだけでもなく、別の理由もあるのですが、こうやって並べてみると、「暗いなあ」と、思います。

色違いを買うクセ

色違いの服を買うクセがあります。このクセって、服の数を増やす原因にもなりますね。

f:id:kogasora:20190402110744j:plain

この服は、色違いで黄色もあります。黄色は残して、この暗いグリーンは処分します。割とよく着たので毛玉も目立っています。

f:id:kogasora:20190402110814j:plain

これは、ストールなのですが、これも色違いで赤と白の柄ものがあります。赤と白の柄物は残して、暗いグリーンは処分します。

以前はよく身につけていたのですが、ここ最近、全く出番がなくなりました。何だかとても違和感があります。

毛玉が出たので

f:id:kogasora:20190402111334j:plain

こんな見苦しいものをブログなどに載せるのもどうかと思いますが、ただ単によく着て毛玉だらけになっていた、冬物のチャコールグレーのジャージです。

これは、捨てても惜しくないです。今回のチョイスの中で、唯一捨てても惜しくないのはこのジャージだけです。

ここまで毛玉が出ていれば、売るのも人にあげるのもはばかられるからです。もっと言えば、ハサミで切って雑巾にしてあげれば完全に使い倒したと言えるかも。

大役を果たしたスカート

f:id:kogasora:20190402111557j:plain

コーデュロイの紺色の膝丈のタイトスカートです。コーデュロイと言えば、出番は冬しかありません。でも、わたしは冬はあまり短いスカートをはかないのです。

冬に短いスカートを履くのには、割と気合が必要です。タイツをはき込んだり、その他の準備を考えただけで、面倒になってやめてしまいます。

今の夫とつきあうようになって、数回のカッコつけたデートの後「何だか普段着が可愛くないな」と思って、大あわてで買い、頑張ってはいたものです。

意外にも、その日にプロポーズしてくれました。このスカートをはいたのは、その日と、「もったいないから」と思って頑張ってはいた日の2回だけです。

でも、このスカートは「プロポーズを受けた日にはいた」という大役を果たしてくれたんだと思います。十分に「ありがとう」「おつかれさま」ですね。

その後ほぼ全く着なかったというのは、もうその時点で、すでに用事が終わっていた服だったのかも知れません(ウェディングドレスみたいなものかも)。

想い出の服ですが、思い出は、心の中にとっておきましょう♡。

独身時代の遺物

f:id:kogasora:20190402113710j:plain

これは、前回の記事にも登場した、着脱で顔をこするのが肌に良くないからと、着るのをやめたハイネックの服です。

ショートヘアが定番だった、独身時代の遺物とも言える服たちです。チャコールグレーは特に好きな色でした。どの服も実によく着ていたと思います。

そして、何事もなければ、まだこれからも着続けたかも知れません。結婚してから、特に服の色の暗さが気になるようになりました。

肌によくないこととでやっと踏ん切りがつきましたが、暗い色の服が顔映りが悪く(白は良いですが)、違和感を感じるようになったということもあります。

また、いろどりの少ない色というのは、寂しさを感じてしまうところもあります。夫に「服の色がない」と指摘されたことも影響しています。

自分ではとても似合っていると思っていたのですが、ひとから見たら、意外とそうでもなかったのかも。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

服の数をまともに数えたことがないミニマリストで、洋服はクローゼットや衣装ケースに収まっていればOKというアバウト管理でやってきました。

でも、ここへきて、ついにクローゼットや衣装ケースにおさまらなくなってきたので、ピックアップして処分することに。

やましたひでこさんは、クローゼット収納は7割までと提唱されていたかと思います。まあそこまで行かなくても、やはり「取り出しやすい程度のゆとり」はあった方が良いなと思います。

処分の理由は様々ですが、処分の前に、改めて並べてみると、色が暗いなあと、思います。