晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

データを捨てる:パソコンソフトの死蔵品の断捨離を実践。

データ捨てる、ということで、パソコンソフトの死蔵品の断捨離実践したのでブログに書きます。

パソコンソフト、せっかく購入しても、たちまち古くなったり、自分の環境では上手く使えなかったものなどがありました。

今はアプリもオンラインのダウンロードが主流ですが、かつては購入するとインストール用のCD-ROMや取説など、データ以上にかさばるものがやってきました。

それでは、捨てたパソコンソフトについて書きますね。

 

捨てた「パソコンソフト」。

以下が今回捨てることにした「パソコンソフト」です。↓

f:id:kogasora:20200923085352j:plain
f:id:kogasora:20200923085346j:plain
f:id:kogasora:20200923085408j:plain
f:id:kogasora:20200923085403j:plain

昨日の記事で、かご収納を捨てた話を書きましたが、その中に入っていたパソコンソフトのうち、もう何年も使ってなかった4つを捨てることにしました。

以下のようにかごに入れてベッド下につっこんであった死蔵品です。↓

f:id:kogasora:20200923085421j:plain

ちなみに昨日のかご収納を捨てた記事は以下です。↓

かご収納の落とし穴とは?:「カワイイ」が曲者。

実は今回捨てたパソコンソフトを何年も使ってないということを、一年前の断捨離でもわかっていました。

「いつか使うかも?」「もしかして必要になることもあるかも?」

というのが、一年前に捨てられなかった理由です。

断捨離にありがちな典型的な「捨てられない言い訳」でした。

でも、今回やっと捨てることができてとてもホッとしました。

 

捨て方:時間のスキマをねらって少しずつ

パソコンソフトの箱は、箱や取説、CD-ROM、ケースなど、分解すると実に面倒なものです。

ですから、一日一捨ての一環として、暇をみてちょこちょこと分解、分別しながら捨てました。

その間は多少床が散らかったままです。以下のように。↓

f:id:kogasora:20200923085358j:plain

こうしておくと「気になる」ので、かえって作業が進行します。

ぶ厚い取説だけはまだ片付いていません。他の捨てる予定の本と合わせてそのうち資源ゴミに出すつもりです。

捨てたパソコンソフトについて

捨てたパソコンソフトについて書いてもしょうがないような気もしますが、参考までに書きます。

古過ぎて稼働しなくなったOffice2008

まずは以下のOffice2008、古過ぎて稼働しなくなりました。↓

f:id:kogasora:20200923085352j:plain

2008年のものですから、稼働しなくて当然といえば当然です。

も一昔前のものです。私の手持ちの一番古い2010年のMacでさえ稼働しなくなっていたのです。

Officeはそれなりに必要ですから、新しいものを買って快適に使っています。

「2010年Macなら、何とかすれば使えるのではないか?」と、何度かチャレンジしましたが、そのたびにフリーズ。

疲れてあきらめ、2年以上放置していました。

古い&環境に合わなかったソフトたち

古いのももちろんですが、買った直後から環境に合わず、殆ど使わなかったパソコンソフトが3つありました。

私は、Macユーザーなのですが、インターネットサイト作成デビューにあたって、最初はブログではなく、通常のサイトを作ることを考えていました。

もう何年も前のことです。

それで、ホームページビルダーというソフトを使いたくなったのです。以下のソフトです。↓

f:id:kogasora:20200923085403j:plain

ところが、このホームページビルダーというソフトは、Windows版しかなかったのです。

Windowsのパソコンを購入するのもお金といい場所といい大変です。そこで見つけたのが、MacにインストールしてWindowsを稼働できるソフトです。↓

f:id:kogasora:20200923085346j:plain

パラレルスデスクトップというものです。

私はこれをMacにインストールし、さらにWindowsのOSを購入し、インストールしてみました。↓

f:id:kogasora:20200923085408j:plain

そこに上述したホームページビルダーをインストールしました。

一瞬、「これは快適!」と思いましたが、間もなくMac本体の動きがものすごく遅くなったのです。

メモリが足りないせいかと思い、メモリも増設。

それでもMacの動きの悪さがなおりませんでした。

私は試しにMacにインストールしたWindowsとホームページビルダー、そしてパラレルスデスクトップを消去してみました。

すると、Macは元のように快適な速度に戻ったのです。

私は、ホームページビルダー以外で、インターネットサイトを作る方法がないだろうかと調べていくうちに、ワードプレスというものを知りました。

今では多くの方が使っていますね。

ワードプレスは、ブログとしても使えますが、固定ページを使うことで、通常のサイトも作れるのだとわかりました(結局やっていませんが)。

しかも、Macでも使えるのです。

それで、購入した3つのソフトはなくても大丈夫だとわかったのです。

それ以来、何年も死蔵品となったままでしたが、それでも、「もしかしたらWindowsが必要になることもあるかも?」などと思っていました。

でも、結局必要にはならず、しかも、必要になったところで、もっとずっと新しいバージョンのWindowsがあるわけです。

環境に合わなかったことに加えて「古すぎる」という問題もあったのです。

それでやっと今回捨てる踏ん切りがつきました。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

おわりに

今日は、「死蔵していたパソコンソフト」というデータを捨てることについて書きました。

最近は高価なソフトもダウンロードが主流で、クラウド上で常に最新の状態が保たれていたりします。

最初は「ダウンロードやクラウドなんて、信用できない!」と思っていましたが、時代は変わったんだと思います。

数年前に購入したMacBookや、今年新しく購入したiMacというパソコンには、CD-ROMを入れる入口さえありません。

そして、CD-ROMがなくても何も困らないのだということもだんだん分かってきたのです。