晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

便秘解消してダイエット。60キロから59キロへ。(アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり3)

アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり第3段です。以下の記事の続きです。↓

アラフィフ4ヵ月で2キロ痩せ、62キロから60キロまでダイエット。(アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり2)

3年前、49歳で62キロだったわたしは、4ヵ月で2キロ減量し、60キロになりました。

今回の記事は、さらにその後、1ヶ月も経たずに59キロかそれ以下になります。

この期間は、夫と再婚し、一緒に暮らし始めるという、大きなライフスタイルの変化がありました。ライフスタイルの変化はダイエットにも大きな影響を与えました。

まずは、記事のタイトルにもある通り、「便秘解消ダイエット」です。

それでは詳しく書きますね。

 

食事の変化で便通が良くなる。食事と食事の間は9時間あけて!

太っている人は、便秘の人も多いのではないかと思います。もしかして、体重のうち、1〜2キロくらいは便かも?

少し汚い話もありますので、ご注意ください。

f:id:kogasora:20191123083826j:plain

夫との生活で、食事内容、食事の時間が大きく変化しました。以前のような炭水化物中心の食事ではなく、肉や魚、野菜もバランスよく食べるようになりました。

また、いつも好きな時間に適当に食べていましたが、食事時間も変わりました。いつも一緒に食べるのは、21時くらいの夕食で、デザートまで食べて22時くらいに食事が終わります。

その後、就寝して、次の日の朝食事するのは7時以降となりました。

夕食が遅いのには今も少し不満はあるのですが、ここまで遅いと、夜食を食べなくて済むようになります。

以前テレビで見ましたが、便秘の人は、食事と食事の間が足りないのだそうです。1日のどこかで9時間あけないと、腸が動かず、便秘になるのだとか。

このことは、経験上、事実だと思われます。

夫との生活で、少なくとも22時から朝の7時までの9時間は食べないという生活が固定しました。

21時から22時という夕食時間は、一般的に遅い時間だと思われますので、夕食を何時に食べるかということは、皆さんのライフスタイルに合わせてみてください。

ただ、夕食が早ければ良いというものではありません。

わたしの例で言いますと、一人で暮らしていた頃は、18時や19時に早速夕食を食べてしまっていましたが、寝るのが遅かったため、夜中に夜食を食べたりしてしまい、次の日の朝の食事と間が詰まってしまうことがありました。

0時にお腹が空いて、おにぎりを食べて寝てしまい、次の日の朝、8時に朝食を食べたりすると、食事と食事の間が8時間しかないので、便秘になるというわけです。

個人的には、早寝ではない限り、あまり夕食が早くても、夜食を食べてしまうくらいなら、ダイエットには良くないと思っています。

糖質の高い食事は便をを粘着質にする。特に砂糖はイケナイ。

また、炭水化物や甘いものなど、糖質の高い食事は、便を粘着質にします。ベタベタして、出にくい便になるということです。

特に砂糖は良くありません。甘いケーキなどを食べた後は、便がベタベタして出にくくなります。(ついでに言えば、オナラも臭くなります。)

このことは、20代の頃、体調をくずして通っていた整体の先生(医師の免許も持っている人)も指摘していました。

一人暮らしの時のわたしは、コンビニでペペロンチーノとスイーツを買って食べるというような食事をしていました。

ペペロンチーノというのは、パスタ料理の一種で、ご存知の方も多いかと思いますが、ニンニクと唐辛子と塩コショウ以外はおかずらしきものはなく、ほぼパスタです。

ですから、かなり糖質は高いと思って良いと思います。

そこへ、さらにスイーツを食べるので、食事全体の糖質率はかなり高かったはずです。

夫と暮らすようになってから、少なくとも1日のうち、夕食の1回は、肉や魚、野菜などもバランス良く食べるという食事に変わりました。

また、夕食後のデザートも、ケーキではなく、フルーツにヨーグルトをかけたものになりました。

フルーツのヨーグルトがけも糖質は含んでいますが、ケーキよりは遥かにマシな食べ物です。

1キロくらいは、たまっていた便?

食事のバランスが良くなり、時間が固定されたことで、便秘が解消され、それまで溜まっていたものまで出たような気がします。(汚い話でスミマセン。)

夫と暮らし始めて、1ヵ月も経たないうちに、59キロになりました。

57キロだというウソが背中を押し、ダイエットに気合いが入る。

ところで、当時のダイエットの背景にあった、メンタルのことを書きます。

婚活のプロフィールで、62キロだったのに57キロとウソを書いたことは、前回の記事でも書きました。前回の記事はコチラです。

アラフィフ4ヵ月で2キロ痩せ、62キロから60キロまでダイエット。(50代でも痩せられる4)

57キロがウソだということは、「俺、デブは嫌いだから。」と言ってのけた夫には、最初は黙っていました。(今となっては笑い話ですが。)

「事実上57キロになればウソではなくなる!」とばかりに、わたしはダイエットに気合いが入っていきました。

さらなるダイエットに向けて、情報収集。

それで、いつもダイエットのことを考えるようになり、情報へのアンテナが立ってきました。ネットで調べたり、本屋へ行ったりして、ダイエット方法を調べました。

中には、何の効果もないと思われるものもありますので、以下に例をあげてみます。

効果なし : ぽっこりお腹を引き締める腹巻き:。

本屋さんのダイエット本で、付録にぽっこりお腹を引き締める腹巻きがついているのを購入し、1ヵ月ほどつけてみました。

でも、これの効果はほぼゼロだったと思います。

ダイエット方法は、色々な人が色々なことを言って、どれが良いのかまるでわかりません。単なる人の弱みにつけこんだ商売にしか思えないものもあります。

お腹を引き締める腹巻きは、そんな商売のうちの1つだったかも知れません。

腹巻をつけたくらいでお腹が引き締まるなら、誰も苦労しませんよね!? こういうものは気休めでしかありません。無駄なお金は使わないようにしましょう。

冷え性対策には良いかも!?

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

便秘解消で59キロになったわたしは、さらにダイエットを続けていきます。まず行き着いたのが、もっと厳しいカロリー制限ダイエットです。

カロリー制限ダイエットは、完全なダイエットではありませんが、ある程度は効果があると実感しています。

「ある程度」というのは、どこかで「これ以上痩せない」という壁につきあたるのですが、その壁は破れないということです。

わたしの最初の壁は56キロでした。ですから、56キロ以上痩せるのは難しいですが、それでも、62キロから56キロになるまでは効果がありました。

それで、「ある程度」と書きました。

これでわたしは短期間で56キロまで痩せることに成功しました。次回はカロリー制限ダイエットについて書きます。