晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

断捨離や片付けの「スッキリ感」って一体何?-「新しいエネルギー」か「自律神経」か?

今日は、断捨離や片付けしたときの「スッキリ感」について書きます。例えば小さな引き出しを1つ片付けたり、財布にたまったレシートを処分したり…

そいうとき、とても「スッキリした気持ち」になります。この「スッキリ感」についてです。

わたしが以前、断捨離にハマった理由の一つとして、この「スッキリ感」がありました。この「スッキリ感」に病みつきになってしまったわけです。

 

「新しいエネルギー」か「自律神経」か

昨日の記事に書いた、『ガラクタ捨てれば自分が見える』と、『医者が考案した! 自律神経も人生も整う片づけの法則』という2つの本の中で、「スッキリ感」について、それぞれ別の言葉で表現されています。。

ガラクタ捨てれば自分が見える』の中で著者のカレン・キングストンは、この「スッキリ感」について「新しいエネルギーが流れ込んでくる」というような言い方をしていました。

f:id:kogasora:20190311095225j:plain

一方、『医者が考案した! 自律神経も人生も整う片づけの法則』の著者の小林 弘幸さんは、医者らしく「自律神経が整う」などと言っています。

f:id:kogasora:20190311095141j:plain

目に見えないものが信じられない

ところで、「新しいエネルギーが流れ込んでくる」と言うと、何だかマユツバで怪しげな感じがします。

そもそも『ガラクタ捨てれば自分が見える』は風水の本です。著者のカレンは風水師で、スペースクリアリングという風水の儀式(?)みたいなものをする前に、部屋を片付けなさいというわけです。

わたしは結局、風水というものが信じきれず、スペースクリアリングまではやりませんでした。

それでも部屋を片付けるたびに「新しいエネルギーが流れ込んでくる」と感じてしまうほど、実際、部屋を片付けるとスッキリするのです。

今回、自律神経に詳しい医者の本に出会いました。そこで、医者のような人に「自律神経が整う」と表現されると、「そうなんだ」と、妙に納得してしましいます。

目に見えない風水的な「新しいエネルギー」は信じられなくても「自律神経が整う」という科学的な言葉で表現されると、納得してしまうのは、ただ単に「科学=正しい」という現代の風潮に毒されているだけなのかも知れませんが…。

実のところ、「新しいエネルギーが流れ込んでくる」と言っても「自律神経が整う」と言っても、どっちだって「スッキリ」することには変わりはありません。

それでも「新しいエネルギーが流れ込んでくる」なんて人に言うと、「頭がちょっとオカシイ人」に感じられてしまいそうで、人には言えないのです。

そういうわけで、以前、カレンの本で断捨離にハマった時は、誰にも何も言わず、黙々と、こっそりやるのが習慣になっていました。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

科学的な話は人に言いやすい

カレン流に言えば、「新しいエネルギー」。医者の言葉を借りれば「自律神経が整う」…どちらでも同じことなのですが、もし家族や友人に片付けをススメるとすれば、「自律神経…」の方がススメやすいです。

実をいうと、個人的にはマユツバだろうが何だろうが、「新しいエネルギー」という言葉は割と好きです。何だかワクワクするからです。でも、ちょっと他力本願な感じです。

でも「自律神経が整う」というと、自分のチカラで何とかできるのだ、という気持ちが湧いてきたりします。

ですから「自律神経が整うから…」と言えば、今まで断捨離も片付けもしなかった人が、始めるきっかけになるかも知れないと思います。

風水師も医者も、「片付けはうつ病を治すのに効く」と言っています。

もし、家族や友人にうつ病の人がいれば、「自律神経が整う」ということをキーワードに、片付けをススメてみるのも良いかも知れません。