晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【服の断捨離】服の色について、「好きな色」は「なぜ好きなのか」検証。意外とアテにならない「好き」という感情。

服の色は「好きな色」が必ずしも似合うとは限りません。「不足を埋めたい感情が「好き」と勘違いさせる」こともあるそうです。

断捨離をしていて、わたしにも少し思い当たるフシがありましたので、検証してみることにしました。

 

情報の出どころ

最初に、「不足を埋めたい感情が「好き」と勘違いさせる」という情報の出どころについて書きます。

この情報は、前回レビューを書いた『服の色で、損する人、飛躍する人』という本です。

著者の後藤妙子さんは、自分に似合う色がわかる前は、黒が好きだと思い込んでいたとのこと。

黒が似合うお母さんの影響もあり、黒い「鎧(よろい)」が最高だと、身を守っていたそうです。

これには、わたしにも思い当たるフシがあります。特に企業に勤めていた頃は、「黒で武装していたな」と思われるからです。

特定の本の情報を鵜呑みにしたり、正しいと決めつけることはできません。

ですが、わたしは個人的にとても「ピン」ときたので、この記事の中では、この本の内容が真実なのだという前提で記事を書くことにします。

わたしは何故カーキ色が好きなのか?

黒も好きでしたが、わたしは実は「カーキ色」が大好きなのです。

カーキ色が大好きだという話は、以前ブログにも書きました。

www.kogasora.com

そして、カーキ色が好きな理由を「こういうパンツをはいて、自然の中などを闊歩すると「人生は自由だ」「わたしは自由なんだ」みたいに感じる」と書いています。

自由の象徴のように感じているわけです。

でも、一般的に、カーキ色は、特別に自由を象徴するような色ではないはず。何故わたしはこの色に「自由」を感じたのでしょうか?

f:id:kogasora:20190427143220j:plain

母への無意識の反抗心

カーキ色は、女性が着る色として夫も嫌っていますが、実は母も嫌いな色でした。

平和主義者で、戦争体験のある母にとって、カーキ色は軍隊の色、戦争の色で、わたしがたまたま何かでカーキ色を身に付けるたびに

「お母さん、その色キライ。軍服の色みたい。」と言っていたのです。

ですから、わたしは、母の前では、次第にカーキ色を着るのをやめていったのです。実家に帰るときは、カーキ色ではない色を着るようにしていました。

わたしの母は、教育ママで、わりと子供を縛るようなところがありました。子供時代は「何だかウチは自由がないな」と感じたこともありました。

そんなこともあり、「母の目を盗んで好きなようにしている」というところに、カーキ色を「自由の象徴」として感じていたフシがあります。

いってみれば「母への反抗心」でカーキ色を好きだと思い込んでいたのかも知れません。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

色と向き合うと、色々と自分について知ることになります。

断捨離では「好き」とか「ときめき」で物を持ったり処分したりするのが良いのだと、基本的にはわたしもそう思います。

でも、「好き」にも根拠があって、アテにならないこともあるのだと思いました。

また、心理学の世界では、自分の母親との関係が、パートナーとの関係に影響を与えるという定説があります。

今回、わたしの「好きな色」を「なぜ好きなのか」検証してみて、夫と母に「カーキ色が嫌い」だという、意外な共通点があったことに気づき、驚いています。

夫に服の色について文句を言われると悩んでいましたが、夫との関係以前に、母との関係を見直した方が良さそうです。

わたしにとって服の断捨離は、意外と、人間関係の断捨離なのかも知れません。

記事end