晴れやかブログ

元ミニマリスト、パーソナルカラーオタク。「捨て活」も「買い活」もエネルギーの循環。断捨離は呼吸。

黒い服の断捨離スタート。脱黒服系ミニマリスト目指して、冬の小物類を処分した結果。

黒い断捨離をはじめました。以前から違和感のあった黒い服たちですが、カラー診断も受けて、似合わないとハッキリとわかったからです。

この結果にホッとし、満足しています。

「やっぱり!」みたいな感じですしょうか。

さて、どこから手をつけようかと思ったところ、こないだ、旅行から帰ってきたら、猫が、わたしの衣装ケースの上にゲロをしてあった(キタナくてゴメンなさい)ので、掃除がてら、そこから手をつけることに。

 

処分した黒い服飾小物

黒い服飾小物ばかりいろいろと処分しました。

黒いマフラーと、黒い手袋2つ、黒いベルト、黒いレッグウォーマー2ペア、黒いアームカバーです。

つくづく黒いものばかりで呆れます。

黒い服に小物も黒で、どうしたものかと思っていましたが、「とりあえず黒!」というのが何故か自分の常識になっていました。

これはおしゃれとは程遠い…。

春夏は、冬物の小物は特に処分しやすいですね。手袋は自転車に乗るときによく使っていましたが、他のものは、そもそもたいして使ってもなかったのです。

レッグウォーマーは別の色を使っていますし、ベルトもあまり使ってない上、茶色のがありますのでそれは残します。

マフラーも、もう2年ほど黒は使わなくなっていました。

今は使うとすれば、スカーフが主流です。

手袋だけ寒くなったら、何か似合う色のものを買います。

f:id:kogasora:20210319202646j:plain

ベルトは不燃ゴミ、マフラーは資源ゴミ、その他は細かいので燃えるゴミにしました。

 

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

服はシンプルに、余計なものは持たないという気持ちは変わりませんが、シンプル=黒、白、グレーとは限らないと今は思っています。

今のわたしにとっての「シンプル」とは、似合う色の服だけで生きるということです。わたしにとって、黒は不要品、過剰な持ち物、ガラクタと成り下がりました。

黒はわたしのエネルギーを奪う色です。また、ガラクタという面でも不快なエネルギーを放っている感じがします。

黒が似合う人や好きな方はこの世に存在しますので、不愉快に感じたらゴメンナサイ。ただ「私にとってはガラクタ」というだけです。