晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

履き心地のいいショーツ探しの実践:7月の被服費、結果は1979円(2020年)。

7月は、履き心地のいいショーツを探そうと思い立ち、実践するには「買って履いてみるしかあるまい。」と、ショーツを購入しました。

ショーツの購入がメインのお買い物で、後は服のお手入れ代です。

月に一度の洋服代を記録するシリーズです。洋服代は、服だけでなく、靴やバッグ、靴下や下着、衣類のお手入れ代も含めています。

7月の結果は1979円。

それでは詳しく書きますね。

 

2020年7月の買い物。

まずは買ったものリストです。

  1. ショーツ6枚セット、アマゾンで 1470円
  2. 液体石鹸 みよしのそよ風 スーパーで 399円
  3. 液体石鹸用のボトル ダイソーで 110円

合計で1,979円です。

買ったもの詳しくは後述します。

2020年7月までの合計と一カ月の平均。

2020年1月の洋服代(被服費)0円。

2020年2月の洋服代(被服費)27,002円。

2020年3月の洋服代(被服費)58,241円。

2020年4月の洋服代(被服費)11,022円。

2020年5月の洋服代(被服費)7,053円。

2020年6月の洋服代(被服費)0円。

2020年7月の洋服代(被服費)1,979円。

現状、トータルで105,297円です。7ヵ月の平均は15,043円です。

無駄遣いもなく、良かったと思います。

ショーツ6枚セット:履き心地のいいショーツ探しの実践について

ショーツは色々とまだ「これだ!」というのに巡り会っていません。

冒頭にも書きましたが、結局のところ、失敗しても良いので、買って、試していくのが良かろうと思っています。

「失敗してもいい」というのを最近覚えて、何かと重宝しています。

人生には失敗はつきもの。

迷うくらいならとっとと買って失敗すれば良いんだと、ミニマリストしぶさんも言っていましたが、良い言葉ですね〜。

ちなみに「失敗してもいい」という私の記事はコチラです。↓

失敗してもいい(自分で自分の親になる方法8)。

私は、思春期の自分の親にでもなったつもりで、自分のお気に入りを自分に探し続けてあげたいと思っています。

今回買ったショーツ6枚セットは以下のものです。カワイイ箱に入ってやってきました。↓

f:id:kogasora:20200801175624j:plain

衣類のお手入れ:液体石鹸 みよしのそよ風。

液体石鹸 みよしのそよ風は、長い梅雨時に、部屋干し臭がついてしまったタオルや衣類、下着などを復活させるために購入しました。

スーパーではボトル状のものは扱ってなくて、詰替え用しか売られてなかったので、ダイソーでボトルを買って入れました。

f:id:kogasora:20200801175620j:plain

普段の洗濯は、普通の合成洗剤を使っていますが、やはり、「臭いを落としたい!」なんていう時には、純石鹸での洗濯は効果バツグンです。

洗面器やタライに濃いめの石鹸水を泡立て、よくもみ洗い、押し洗いをし、繊維の奥まで石鹸水を染み込ませ、さらに45分以上つけておきます。

そのあとしっかりまたもみ洗い、押し洗いで汚れを出し切り、すすぎ、水がキレイになったらクエン酸でリンスし、最後にクエン酸もよく洗い流し、洗濯機で脱水。

難点を言えば、色落ちするものは結構します。

石鹸はアルカリ性なので、どうしても色落ちはするんです。

でも、クエン酸リンスすることで、色止めになりますし、ゴワゴワが消え、柔軟剤いらずの柔らかい仕上がりになります。

色落ちするとはいえ、純石鹸はやはり自前のクリーニングには欠かせないと私は思っています。

私が自前クリーニングするものの多くは厚手のタオルです。それから今回はブラジャーもやりました。

また、Tシャツの脇が乾かず臭くなることがあります。色落ちしてもあきらめがつくようなものを洗うことが多いです。

洗濯には粉石鹸も良いですが、使い勝手の良い液体のものを購入したというわけです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、7月の被服費と買ったものについて書きました。

履き心地のいいショーツ探しのための新規ショーツ購入がメインのお買い物。

それと梅雨時の部屋干し臭をとるために液体石鹸です。

どちらも良いお買い物だったと思っています。