晴れやかブログ

ミニマリストになるというよりは、エネルギーの活性化の為に捨て活をしています。

ipadを売る方法:初期化はもちろん充電が必須。

ipadを売る方法について書きます。

ipadを手放そうと決めて、まずやったことは、ipadの解約です。docomoでiphoneとのセットプランにしていたので、そのプランをまず解約。

そして、データを取り出すなり初期化しました。

そしてsimカードを抜き、破壊しました(自分でもできるとのことですが、よくわからなかったのでdocomoショップでやってもらいましたが迷惑そうでした、自分でやるのが一番です)。

こうしてipadを売る準備ができたのですが、売りにいくのが面倒で数カ月放置。

先日やっと重い腰を上げて、買取店に持っていきましたが、あることをしていなかったため、買取ができなかったのです。

買取に必要な「あること」とは一体何でしょうか?

 

ipadを売るための必須項目:充電。

ipadの買取に必要な「あること」とは、この記事のタイトルにもある通り、「充電」です。

実は売る準備が整った後、数カ月放置したため、ipadの充電がスッカラカンになっていました。

それで、電源も入らない状態になっているのを、買取店の人に渡したところ、充電していないと、電源が入るかどうかもわからないので、判断できないと言われたのです。

そりゃそうだ。

さらに、ipadの性能のようなもの…何GB使えるのかどうかの確認も必要で、電源を入れて確認するのだそうです。

ですから、初期化したりsimカードを抜くのはもちろんなのですが、ipad売るなら、充電が必須だったことが判明しました。

それで、親切にも、「お買い物があるなら30分くらいで充電できると思いますから、充電しておきますよ。」とお店の人が言ってくださいました。

それでしばらく時間をつぶしてから再度お店に行ったのです。

f:id:kogasora:20201208111252j:plain

ところが、あまりにも長い間充電していなかったため、30分程度では電池が復活せず、1%しか充電できず、操作もできない状態になっていました。

お店の人は、続けて充電して下さると言ったのですが、すぐに来れるかどうかわからなかったので、仕方なく私は、家に持って帰って充電の続きを行いました。

リチウムイオン電池は、長期間空の状態が続くと、再度充電したとき、すごく充電に時間がかかるというのは、以前からわかっていました。

一年以上ipadを使わないで充電もせずに放置した後、半日もかけて充電した記憶があります。

別に壊れたわけじゃないのですが、単なる0(ゼロ)以上に空になってしまうようです。

ググって調べると、とにかくずっと充電し続けると復活するそうで、その通り、半日充電してたら復活しました。

 

年内にはipadを売ろう。

今回は、自宅に持ち帰って充電の続きをやりました。

半日はかかりませんでしたが、満タンになるまで2時間くらいかかりました。

ipad、手放すのには色々と手順があって大変ですね。

プランを解約したり

初期化したり

SIMカードを抜いたり

そして充電です。

でも、せっかく充電して復活させたので、年内には手放すことに決めました。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

おわりに

今日は、ipadを売る方法というタイトルで、途中経過までを書きました。

ただ、いくら手順が多いからといっても、その気になれば、数日で終わるはずのものです。

物事は、ひきのばせばひきのばすほどやっかいになってしまう…という好例だったかな、と思います。