晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

自分に最高に似合う服:出会ったら買いたい!(ミニマリストの持ち服5)

今日は、自分に最高に似合うと私が思っているについて書きます。私、50代女性ミニマリストの持ち服を紹介するシリーズ5回目です。

骨格診断やパーソナルカラー診断を受けて、似合うと判断されたということ以上に、やはり着てみると、気持ちが上がり、その結果「大好き」となった服でもあります。

それでは私が「自分に最高に似合う」と思っている服をご紹介しますね。

 

自分に最高に似合う服。

以下が、私が「自分に最高に似合う」と思い込んでいる服、Vネックのカットソーです。↓

f:id:kogasora:20200624091537j:plain

「似合う」という根拠は、骨格診断とパーソナルカラー診断です。

まず、骨格診断について言えば、私は混合体ですが、上半身はストレート、Vネックは定番的に似合うそうです。

次に、パーソナルカラー診断では、私はイエローベースのスプリング。スプリングの中でも色々とありますが、以下が私の似合う色です。↓

f:id:kogasora:20200624083621j:plain

上記の写真で、「100点」と書いた列、言葉どおり、100点満点で似合う色です。

その中でも、四角で囲んだピンク系の色があります。「ピーチ」と「アプリコット」という色。

(本当は別の色ですが、このような色を「コーラルピンク」と呼ぶこともあるようです。)

100点満点の色のVネックと言うことで、私は「自分に最高に似合う服」だと思っているんです。

服との出会い:出会ったから買った!

この服は昨年2019年6月か7月に買いました。

スーパーの衣料品コーナーの、「セール品」で、500円で売られていました。

似たようなデザインのカットソーが他の無難な色と一緒にセール品コーナーにズラッと並んでいました。

他の無難な色は数少なかったのですが、この色だけはたくさん残っていました。人気がない色だということを物語っています。

パーソナルカラー診断を受ける前の私だったら、絶対に買わない色ですし、多くの人はコーデが難しいと思って買わない色です。

でも、私は、昨年5月にパーソナルカラー診断を受けた直後で、自分に「100点で似合うピンク」というのに憧れて、無意識的に探し求めていました。

でも、世の中、白や黒はいくらでも見つかりますが、このような特定のピンクというのは、探し出そうとして探せるものでもありません。

探し求めてウロウロするのも時間の無駄です。

そんな中、たまたま近所のスーパーで見つけ、すぐに目に飛び込んできたんです。

「出会い!」だと思いましたね。すぐに買いました。

2019年夏の普段着、着用率ナンバーワン。

この服は、綿95%、ポリウレタン5%の服で、体にフィットし、キレイ目に着ることも可能です。

ジャケットやカーデガンを羽織ればオフィスにも着て行かれそうです。

昨年2019年夏の普段着の着用率はナンバーワンでした。

今年はどうか言うと、新しく購入したもっと気楽なTシャツの方がたくさん着ています。

昨年は「キレイ目」にこだわってもいました。まだちょっと太り気味だったので、できるだけキレイに見えるようにしていたんだと思います。

洗濯は裏返してネットに!

私は、服は殆ど全部、単品で洗濯ネットに入れて洗っていますが、特にカットソーを劣化させないためには、裏返して洗濯ネットに入れるのは重要です。

そして、絶対外に干さないことです。

紫外線で色があせてしまうからです。

アイロンがけのときは当て布をします。今はあまりアイロンはしませんが、キレイ目が必要なときは、カットソーもアイロンがけすると見違えます。

洗濯であまり劣化しなかったせいか、カットソーですが今年もまだ良い状態を保っています(多少、襟ぐりがノビたような気もしますが)。

全捨離の衰気は本当なの?

ところで、昨年「全捨離」というのにちょっとハマりました。

「全捨離」によると、服は1ヵ月も着ないでいると、「衰気」というのを放つそうです。

約半年経ってから取り出してきたこの服も、「衰気」なのかどうかはわかりませんが、若干「エネルギーが落ちている」と感じたのは本当です。

昨年は、あれほど、大のお気に入りだったというのに。

気のせいかも知れませんが、衣替えで久しぶりに取り出した服が、「何となくイマイチ」と感じられることは、誰にでもあるのではないでしょうか?

「衰気」への対処法。

でも、私は、「衰気」への対処法を見出しました。

それは、ただ「着る」ということです。とにかく着てしまって、洗濯すると、服のエネルギーが蘇ってきました。

洗濯したり、アイロンをかけたり、水を霧吹きでかけて部屋干してから着るのも良い方法です。

新品同様というわけにはいかなくても、しばらく着ていない服で、特に引出しでたたんでしまっていた場合、タタミ皺もつきます。

そういうのをクリアすれば、服は蘇ります。

「衰気」って結局、「使ってもらえない物の恨み」みたいなものなんだそうです。

だから「捨てなさい」なのかも知れませんが、捨てなくても使えばよいのではないでしょうか?

自分に最高に似合う服のコーデ。

以下にコーデの例の写真を載せます。↓

f:id:kogasora:20200624084928j:plain
f:id:kogasora:20200624084933j:plain

ボトムスの色は、キャメルやベージュ系がおすすめです。

また、ウエストを出して着たり、インして着たりするのは、定番的な楽しみです。

上記のコーデのパンツは以下の2つです。↓

f:id:kogasora:20200609091010j:plain
f:id:kogasora:20200609091027j:plain

左はスーパーで買ったクロップドのテーパードで、右はユニクロのワイドパンツです。

毎度の定番コーデです。まあ、ミニマリストですから、ワンパターンです。

 

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、出会ったら買いたい、自分に最高に似合う服について書きました。

手持ちの服に関するシリーズ記事、5回目でした。

私がこのシリーズを書こうと思った理由の1つに「豊かさ」を味わおうという意図があります。

持っているものというのは、「お金」が変型したものです。買ってお金が減ったのではなく、「服が買えた」のです。

それで、「自分に最高に似合う服」に姿を変えたお金に感謝しつつ書きました。これも一種の節約かと思われるのです。

ちなみに、ミニマリストの持ち服全部に関する記事はこちらです。↓

ミニマリストの服50代女性:非黒服系84着を公開!

ミニマリストの手持ちの服に関するシリーズ記事は、まだまだ続けていきます。