晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

わが家の夫の地味「ポイ活」。6年間の地道な買い物でTポイント貯めた結果。

今日は、わが家の夫のとても地味なポイ活について書きます。6年間の地道な買い物でTポイント貯めた結果です。

ポイ活というと、アプリ活用したり、色々、難しそうなことをすることを言うのでしょうから、正確には、ウチの夫のポイ活は、ポイ活とは言えないかも知れません。

ただひたすらTポイントを貯めた、というだけな地味なポイ活なんですが、かなり貯めたので、夫の「地味ポイ活」をご紹介したいと思います。

 

6年間で45000ポイント超。 

夫のTポイントは先日、45000ポイントを超えました。

夫がTポイントを貯め始めたのは、約6年前だそうで、わたしと再婚するずっと前からのことです。

夫はパソコンオンチなので、ネットショッピングなんかはしません。

Tポイントカードが使えるスーパーなどで貯め続けただけ、というのが夫のスゴイところなんです。

f:id:kogasora:20200405093219j:plain

今わたしたち夫婦が住んでいる地域では、Tポイントカードが使えるスーパーなどがわりと多いです。このことはTポイントを貯めるためにはラッキーなことでした。

Tポイントは、通常200円につき1ポイントたまります。

ですから、単純に貯め続けたなら、45000ポイントというと、900万円の買い物をしたことになります。

6年間で900万円ですから、年間150万円、月平均12万5000円の買い物です。

そう考えるとスゴイ買い物量なんですが、夫のポイ活にも、たくさん貯めるための多少の秘訣があるので書きたいと思います。

ポイントをたくさん貯める秘訣1:ポイント○倍デー等の利用。

まず、やはり「ポイント5倍デー」とか、「今週日曜日の午前中100ポイントプレゼント」みたいな、Tポイントがたくさんもらえる日に買い物に行くということです。

行きつけのスーパーの店頭でのお知らせや、新聞の折り込みチラシなどでそういう日時をチェックして、買い物の計画を立てています。

買う物は食料品や水、トイレットペーパーなどの日用雑貨がほとんどです。猫のごはんもあります。そのうち必ず使うものをまとめ買いしています。

わたし自身は、そもそも、「ポイントをたくさんもらえる日をチェックする。」という行為が「大変だなあ。」などと思って、自分には向いていないと感じます。

ですから、このような情報収集を怠らないからこそ、夫はTポイントをたくさんためられたのです。

ポイントをたくさん貯める秘訣2:家庭内で買い物担当をする。

わが家では、食料品や日用雑貨などの買い物は、夫が担当しています。家庭内で買い物を担当すると、それだけでTポイントを貯めるチャンスに恵まれます。

わたしは日常的な買い物が嫌いなので夫がやってくれることは「ありがたいなー。」と思っています。

買い物は荷物にもなるので、夫が車を持っているということもあり、何か欲しいものがあれば、殆ど夫に頼んでしまいます。

家族でそれぞれがTポイントカードを使うと、ポイントがバラけてしまいます。

もし自分のTポイントカードにたくさん貯めたいのなら、「買い物担当を買って出る。」というのは、地味「ポイ活」にはおすすめです。

ポイントをたくさん貯める秘訣3:ポイントを使わない。

それから、もう1つ、ポイントをたくさん貯める秘訣があります。それは、「ポイントを使わない。」ということです。

貯金と同じなのですが、やはり使わなければポイントは残っていきます。夫は貯める一方で全然使わないです。

 

わたしは、Tポイントが使える行きつけのカフェで、コーヒー1杯分貯まるとすぐに使ってしまったりしますから、ポイント自体はたまりませんが、現金が残る方が良いと思っています。

でも、ポイントにしても貯金にしても「使わない」というのは大きく貯める秘訣ではありますね。

失効しないように注意!

カードが失効するとポイントが消えてしまうので、カードが失効しないように夫は注意しています。

年に一度、かならずTSUTAYAで更新しています。

Tポイントは最終利用日から1年が過ぎると無効になるので注意したいところですが、日常的に使っていれば、あまり心配する必要はなさそうです。

ただ、このようなカードは、いつ利用規約が変更になるのかわからないので、その点も注意が必要です。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今回は、ウチの夫の地味な「ポイ活」について書きました。ポイントを貯めるのが好きな夫は、以前テレビで「ポイ活の技」みたいなのを見ていました。

でも、技が高度すぎて夫には向かなかったようです。わたしも時間も手間もかかりそうですし自分には無理と思いました。

ただひたすら貯めるだけの「地味ポイ活」の方が、わたしたち夫婦にとってはわかりやすくて良いなと思っています。