晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

着ない服を増やさない方法。必要な物は遠慮なく買おう!(毒親育ちの買い物セラピー)

着ない服を増やさない方法について書きます。

タンスの肥やしになってしまう服の対処法はいくつかありますが、今日の記事でお伝えしたいのは、「必要な物は遠慮なく買う」ということです。

特に毒親育ちの我慢体質の人にはおすすめな記事です。

それでは詳しく書きますね。

 

服を着ない原因の一つは、コーディネートできないから。 

服を着ない原因の一つは、コーディネートできないからです。

ですから、特に、気に入っているハズなのに着ないなあと思ったら、真剣にその服のコーディネートを考えてみる必要があります。

わたしは、以下のコーデの2つのカーデガンを着るために、どうしてもアイボリーか明るいベージュみたいな白っぽいインナーが必要だと考えました。↓

f:id:kogasora:20200219082821j:plain
f:id:kogasora:20200219082816j:plain

カーデガンて、やっぱり羽織り物なので、インナーはないと着れないのです。

そして、この「必要」も、他人には何て言われようと「自分にとって必要」ならそれでいいんです

もしこの2つのカーデガンに、「インナーにお金をかけてまで着る価値はない。」と判断したら、カーデガンを捨てるしか仕方ないです。

インナーがない限り、どうやっても着ないでしょう。

でも、このカーデガンを捨てたところで、わたしは新しいトップスを買う必要が出てきます。

服の数を増やしたくないと思えば、セーターのような単品を買うことになるかも知れません。

インナーを2着買うか、新しいセーターを2着買うかという選択になりました。それで、わたしはインナーを買って、手持ちのカーデガンを生かすことにしたのです。

ちなみに買い足したインナーは以下の2つです。↓

f:id:kogasora:20200215085928j:plain
f:id:kogasora:20200215085922j:plain

必要な物は遠慮なく買おう! 

そこでこの記事のメインテーマなんですが、「インナーが必要だ」 と自分で思ったら、服が増えようがどうだろうが、「遠慮なく買う」ということが大事です。

自分はミニマリストだから服は増やしてはいけないと思い込んだり、毒親育ちで我慢ばかりしていて、何となく買い物に罪悪感があったりすると買えなくなってしまうことがあります。

わたしは、毒親育ちだったこともあり、こういうの我慢するタイプでした。

自分を快適にすることに罪悪感があったわけです。

我慢体質の毒親育ちって、我慢してしまうので、「不快だと思っているのに物が捨てられない」というのがまずあります。

でも、それと同時に、「必要なのに欲しいものを我慢してしまう。」というのもあるんです。

我慢の正体。

我慢って、要するに、自分の「好き嫌い」や「快不快」を無視して押し殺したり、なかったことにしてしまったりすることです。

背後には、「自分は快適さや好きなものを受取る価値はないダメ人間。」という思い込みがあります。

でも、これって、ただの思い込みなんですね。しかも、自分で勝手に作っています。

もともとは毒親との生い立ちから生まれた生き残り作戦だったのですが、今はもう大人なので、ダメ人間でもなければ、自分の好き嫌いを無視する必要もないんですね。

我慢体質から抜け出すために。

それで、我慢体質の人って、多分、人生の1から10まで我慢で人生が成り立っていたりします。

突破口はどこでもいいんです。

「これは必要」と思ったら、遠慮なく服を買ってみてください。

罪悪感があるなら「必要なら買ってもいいんだよ。」って、自分に声をかけたり許可を与えてみてください。

そして、買ったあとも「持っていていいんだよ。」「遠慮しなくていいんだよ。」って、自分に許可を与えてみてください。

そして、気持ち良く所有してください。

そうでないと、「何だか着ない服ばかりあってウンザリ」なんて、また余計なストレス買いをしてしまったりすることになり、さらに着ない服を増やしてしまうんです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、毒親育ちの買い物セラピーとして、必要な物は遠慮なく買おうという話を書きました。

生まれてこの方、我慢なんてしたこともないという人には何を悩んでいるのかよくわからない話だったかも知れません。

でも、我慢体質の人なら、ピンときてもらえるかも知れないと思って書きました。

着ない服を増やす意外な原因は、「我慢してしまって必要なものを買えない」というメンタルにあるかも知れません。

必要なものを遠慮なく買うことは、心の断捨離にもつながります。