晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

非黒服系ミニマリストの持ち物:靴8足と捨てた靴13足のまとめ。

ミニマリストを目指し、いらないものを捨てていますが、に関してはかなり、ミニマルになりましたので、まとめ記事を書きます。

ところでわたしはパーソナルカラーがイエローベースの「スプリング」ということが判明したので、今回捨てた靴は全部似合わない色です。

「はかない靴がたくさんあるのに捨てられない」という場合、似合わない色を捨ててしまうのはオススメです。迷わず一気に片付きます。

 

残した靴8足

まずは、残した靴8足をご紹介します。

f:id:kogasora:20190703090443j:plain

1. 明るい黄色の靴(春秋用)

2. ベージュとゴールドのサンダル(夏用)

3. ゴールドの後ろが空いているパンプス(春夏秋用)

手前の3つは、今年の5月、カラー診断を受けた後、先生にショッピング同行をしてもらった時に購入したものです。

4. 暗めのゴールド(夏用) 

中段の左側。5年くらい前に買ったものです。これは一応ゴールドですが、色も暗めなのと、劣化もしているので、捨てるかも知れません。

5. ターコイズブルーのサンダル(オールシーズン、ちょっとその辺用)

中段の中央。先月、似合わない色のクロックスサンダルを捨てる代わりに買いました。

6. スニーカー(オールシーズン)

中段の右側。今年、カラー診断の直前に、似合わない色とは知らず、購入しました。元は似合わない純白でしたが、ベージュの靴クリームで色味をつけ、紐をゴールドにしました。

本当は、もっと色はついていた方が良いと思っています。

7. 明るいベージュのエナメルのパンプス

ほとんど履きませんが、いざという時の、良いところに行かれる用の靴として残しました。購入したのは、3年ほど前のセカンドシングル最後の年です。

婚活用として、スタイリストにデート服を選んでもらった時に買いました。たまたま似合う色でした。

8. 黒いパンプス

唯一残した黒。もちろん、冠婚葬祭用です。本当はもっとシンプルなただの黒の方が良いので、余裕があったら買い換えます。

今年捨てた靴13足

そもそも、捨てた靴が13足もあったことに驚きです。自分ではせいぜい5、6足のつもりだったからです。数えないのは物が増える原因というのは、服だけではないですね。

それはさておき、それでは捨てた靴を、「似合わない色」という観点でご紹介しますね。

黒い靴7足

f:id:kogasora:20190428112838p:plain
f:id:kogasora:20190703090455j:plain
f:id:kogasora:20190703090508j:plain
f:id:kogasora:20190703090511j:plain
f:id:kogasora:20190703090500p:plain
f:id:kogasora:20190703090450j:plain
f:id:kogasora:20190703090517j:plain

以前は、ブーツからサンダルまで、オールシーズン、黒い靴が主流でした。5年以上も前に買って、劣化が理由で処分したものもありますが、買ったばかりのものもあります。

黒は長年、わたしのベーシックカラーとして、ワードローブの中心に君臨していた存在でした。

その黒を手放すというのは、「これから別人に生まれ変わるのだ」というほど、わたしにとって、大ごとでした。

その他の似合わない色6足

f:id:kogasora:20190703090527j:plain
f:id:kogasora:20190703090521j:plain
f:id:kogasora:20190703090524j:plain
f:id:kogasora:20190703090537j:plain
f:id:kogasora:20190703090532p:plain
f:id:kogasora:20190703090542j:plain

白、グレー、シルバー、青みのピンク、青+青みのピンク、左から5つは、おそらく、ブルーベース向きの色です。どれもこれも、悪目立ちしていました。

特にシルバーは、夫にもとても評判が悪かったです。わたしのようなスプリングには、ゴールドが似合うそうです。

ゴールドの方が一見、目立ちそうに感じられますが、わたしが履くと、ゴールドの方がずっと落ち着いてしっくりきます。似合うとは不思議なものです。

1番右は、ブロンズ。多分、同じイエローベースの「オータム」の色なので、ギリギリ使えたかも知れません。この6足の中では、一番しっくりきていました。

このブロンズのサンダルは、2年前に購入して、真夏に一番出番が多かったもので、劣化も進んでいましたし、新しい夏用のサンダルも購入しましたので、処分することにしました。

買い足したい靴

最後に、買い足したい靴について書きます。秋冬用に、もっと足を覆う面積の広い靴が、最低1足欲しいと思っています。

手持ちのもので、真冬を越せそうなのは、スニーカーだけですので、これは無理だなあと思います。欲を言えば、靴とショートブーツの2足が欲しいです。

ベージュやゴールド系のキレイ目なものが欲しいです。

ちなみに、「迷ったら、ベージュ」と言うほど、「スプリング」の人にとっての無難カラーであり、ベーシックな色だそうです。

実際、自分でも、「何にでも合い、気分がアップするうえに、落ち着いた気持ちでいられる。」と、ベージュを身につけると感じるところです。

さらにゴールドが加わると、華やぎます。

黒とゴールドの相性の悪さ:品がないのは色ではなく、組み合わせ(コーディネート)

ところで、ちょっと余談ですが、黒と言えば、ブルーベースのウィンターの色ですが、黒を身につけていた頃は、ひかりものは絶対シルバーが良いと思っていました。

黒にゴールドは、個人的には「成金趣味」「品がない」と感じていたのです。(好きな人がいたらゴメンなさい。)それで極力ゴールドを避けていました。

でも、ある意味、わたしのこの感性は正しかったようです。黒はブルーベース、ゴールドはイエローベースの色だから、合うはずがないのです。

ところが、ベージュには、ゴールドはとても品良く合います。むしろシルバーが悪目立ちして、寒々しい感じがするのです。

品がなかったのは、ゴールドの色のせいではなく、組み合わせ(コーディネート)の問題だったようです。

さらに欲を言えば

話を買い足したい靴に戻します。

実は、さらに欲を言えば、優しいオレンジやクリアな青緑や紫、オレンジレッドなど、コーディネートのための色のバリエーションがあると良いな、と思います。

この辺は、必要というよりは、プラスアルフアの趣味の世界ですが、服と合わせて検討します。

ミニマリストと言えども趣味は必要。無理に気持ちを抑えようとは思いません。ただ、「必要な靴」と、「好きだから余分に持っている靴」という概念は必要かな、と思っています。

この辺を整理しないと、欲にまかせて暴走しかねないからです。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

非黒服系ミニマリストの持ち物ということで、今回は靴について書きました。何も黒を批判しようということではありません。

ただ、ミニマリストの方の持ち物で、黒を多様されているのをよく見かけるので、ミニマリストブロガーとして、他との差別化を考えると、多少扇情的な言葉を使ってみるのも面白かろうと思っただけです。