晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

春先のコートはどうする? 悩みを消してくれたコートたち。

春先やにかけて、季節も気持ちも明るくなっていくのに、この時季のコートだけは長年の悩みでした。

でも、昨年、かなりの服を買い替えた中、2着のコートが春先にありがちな悩みを解消してくれました。

春先のコートの悩み 「ダウンコートはいつまで着るか」

まずわたしが毎年悩んでいた点は「ダウンコートはいつまで着るか」ということでした。オシャレな人なら、ダウンコートは2月が限界らしいです。そうでもなければせいぜい3月。

オシャレ感度が割と高かった若い頃を考えると、確かに「3月は春だから…」と、寒さこらえて春らしい服装をしていました。

でも、もともと寒がり。歳をとるに従って、次第にどうでも良くなり、開き直ったりして、年々ダウンを手放す日が遅くなっていきました。

ところが、この悩み、去年急に解消されました。解消してくれたのは「明るい色のダウンコート」です。

それまで持っていたのは、黒いダウンとか、カーキ色のダウンでした。こういう暗い色は、冬には良くても春には違和感が出てくるのは早いです。

それほどオシャレ感度が高くなくても「自分がイマイチである」という感覚が、日々の外出に違和感をもたらすのです。

昨年2着のダウンコートを購入しました。1着はキャメル。キャメルは12月から2月後半まで毎日愛用していました。

でも、2月も終わりころになってくると、まだ寒くても何だか春めいてきます。その頃はキャメルの厚手のダウンに違和感が出てくるので、それを機に、明るいグレーのダウンに切り替えるのです。

「春が来たなあ」と感じます。「明るい色のダウンコート」は色は明るくても実は冬物のダウンです。暖かさはそのママでも春らしさを与えてくれます。

このコートは、2月の終わりから3月にかけての1ヶ月程度しか着ません。モッタイナイと言えばモッタイナイです。

でも、この一ヶ月程度しか着ない「明るい色のダウンコート」が春先の微妙な時季のコートの悩みを解決してくれました。

春色のトレンチコート

ダウンコートに別れを告げると、春のコートの季節になります。春のコートと言えば、わたしはトレンチコートが好きで、古くなったら買い換えながら、長年愛用していました。

でも、一つ悩んでいたことがありました。トレンチコートは、春だけでなく秋にも着ます。それで、以前秋に買ったキャメルのトレンチコートの色が「春らしくない」と悩んでいたのです。

「トレンチコートは1着あれば十分」という固定観念があったからです。でも、昨年、ふとピンクのキレイな色のトレンチコートを見つけ、その固定観念をとっぱらい、思い切って購入したのです。

高価ではありませんが、春先にふさわしく、生地も厚手で裏地もついていて、仕立ても良いのです。ダウンを手放した直後、実はまだ寒かったりしますが、このコートは暖かです。

このコートをゴールデンウイークに入る頃まで着るようにしました。キャメルのトレンチコートは秋のお楽しみです。

ピンクのキレイな色のトレンチコートも一ヶ月程度しか着ません。モッタイナイと言えばモッタイナイです。

でも、春色のトレンチコートが、春らしさという贅沢をもたらし、微妙な時季の悩みを、また一つ解消してくれたのです。 

 

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ 

ミニマリストだからといって、何かを無理に一つにする必要はなかったのだと思いました。

ダウンコートにしても、トレンチコートにしても、以前は春のコートも秋冬と兼用で考えていました。ここに無理があったようです。

でも、それぞれに春色を加えて、2着目のコートを持つようにしたところ、春のコートに関する悩みが消えたのです。

最小限主義のミニマリストですが、「無理をせずに気持ちよく」を条件として考えれば、最小限は1つとは限らないと思った次第です。

それより何より、「何を着ようか」などという、つまらない悩みはとっとと解消してしまった方が、他の活動にエネルギーを注ぐこともでき、幸せに過ごせます。