晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ものを捨てるのに迷ったら、捨てる? それとも捨てない?

もの捨てるのに迷ったら、捨てるか捨てないかについて書きます。わたしは、以前は「迷ったら捨てる」と自分にいいきかせ、頑張って捨てていた時期がありました。

わたしは、もともと「捨てられないタイプ」ですので、「迷ったら捨てる」という言葉に助けられ、ずいぶん色々と手放すことができました。

でも、このやり方は「後悔」を生んでしまうことに気づき、今は「迷ったら捨てない」ようにしています。

「迷ったら捨てる」のメリットとデメリット

「迷ったら捨てる」をモットーにしていると、とにかく何でもどんどん捨てられます。これが最大のメリットです。とにかくものを捨てたい、減らしたいというときは、役に立つ考え方です。

デメリットとしては、先にも書いたように「後悔が残ることもある」ということです。

また、個人的には「迷ったら捨てる」は、わたしにとって「借りてきた言葉」であって、何となく盲目的にこの基準に従ってものを捨てていると、やらされてる感みたいなのもありました。

嫌なのは「後悔すること」

捨てて嫌なのは、後悔することです。「ああ、捨てなければ良かった」という後悔です。

f:id:kogasora:20190331233254j:plain

ところが、実をいうと、「迷ったら捨てる」というやり方で、捨てたものに関しては、後悔はあっても困っているものは1つもありません。

変ですね。

困っていないというのは、今、それなしでも生きているからです。でも、困ってないくせに後悔しているというのは、「ああ捨てなければ良かったな」と、気持ちの上で想いが残ってしまっているからなのです。

これは、忘れてしまえば、どうってことないのかも知れないのですが、気持ちがついて行ってないのに、捨てることを強行したために、自分の心が怒っているということだと思います。

「迷っている」のは「迷っていたいから」

ものを捨てるという「手作業」をするとき、自分の心を置き去りにしないことが大事なのかなあ、なんて思います。

心が迷っているのは、まだ「迷っていたいから」なので、頭では不要品でも、心にとっては必要なものなんだと思います。

「迷ったら捨てない」で、迷いが消えるまで待つ

迷ったら捨てないで迷いが消えてから捨てた方が「後悔」しません。そのことに気づいてから、迷ったものは捨てないで、迷ったままにしておくようになりました。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

それでも、それなしでも生きてこれた

それでも、今まで捨てたものは、「それなしでも生きてこれた(何も困らなかった)もの」です。

後悔があったかなかったか、だけです。

ですから、誰か他人の手ではなく、自分の手で捨てたのだったら、捨てても捨てなくても、どちらでも大差ないのかも知れません。「それなしでも生きてこれたから」です。

そう思って、過去捨てて後悔したものについては、「後悔」という気持ちを断捨離しようと思っています。