晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ベーシックな服を選ぶ時間を断捨離。わたしにはもう黒、紺、グレー、白は要らない。

ベーシックな服の色といえば、黒、紺、グレー、ベージュ、白などが多いですよね。

わたしは長い間、この「ベーシック」というものに違和感を感じつつも、「やはりベーシックから揃えなければならない」と信じて、黒、紺、グレー、ベージュ、白のアイテムをベースに服を買い込んでいました。

ところが、先日、パーソナルカラー診断を受けた結果、「黒、紺、グレー、ベージュ、白などのベーシックカラー」の中で自分に似合うのはベージュだけだと判明しました。

 

そのおかげで、服のコーナーに行って、「服選びが何てラクなんだろう!」と感動しました。というのは、他のベーシックカラーを検討する必要がなくなったからです。

ベージュ以外見なくて済む

以前は、パンツなどを選ぶにしても、「黒と紺のどちらがいいか?」などと考えることもありました。でも、今はもう、その必要がなくなったのです。

わたしにとって、「黒と紺」の違いを見分けるために試着するのはストレスでした。あまり楽しくないのに、「まずはベーシックから揃えなければ…」と、自分に余計なプレッシャーを与えていました。

「まずはベーシック」という概念が、自分をがんじがらめにしていたことにも気づきました。

カラー診断のあと、以前からよく行っていた、スーパーの衣料品コーナーに行きました。ときどきパンツやスカートなど、ボトムスを買っていたのです。

ズラッと並ぶ黒や紺やグレーそして白は、「全部無視して良いのだ」ということに気づいて、「もう見なくていいんだ! 選ばなくていいんだ! 試着しなくていいんだ! ああ何て楽なんだろう!」って思ったのです。

ベーシックカラーの中で、わたしが見るのは、ベージュだけです。もしベージュがなければ、見る必要もないのです。

これ、本当にラクです。そして、これは一生このままで良いのです。服を選ぶ時間を断捨離できたというわけです。

そして、その空いた時間は、他のことに有効に使えるのです。

このことは、わたしの人生を変えたと言ってしまっても良いでしょう。何だかとても自由になって、解放されたっていう気分です。

そもそもベーシックなんて要らない

それから、似合う色がわかって、似合う色だけでコーディネートが成り立つのだとわかり、実際に似合う色の服だけでの生活をスタートしてみて、新たな発見をしました。

それは、「そもそもベーシックなんて要らない」ってことです。

もしここでベーシックを取り入れると、ベーシックの服選びと、似合う色の服選びと、両方しなければならなくて、とても大変です。

「ベーシックな服」「誰にでも似合うベーシックカラー」とか、こんな概念にとらわれていたから、好きだったハズの服というものに、何だか得体の知れないストレスを感じていたのだと気づきました。

 

 

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

ベーシックというものが、いつの頃からか流行るようになりました。しかもそれは「流行に左右されない」なんていうロングセラーな摩訶不思議な流行です。

ベーシックこそオシャレに違いないなんて勘違いしていました。ちょっとこの風潮に、自分は飲まれ過ぎていたかなあなんて思っています。

そして、ベーシックって、つまらない、楽しくないと今は思っています。