晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

パーソナルカラー診断で「妻の服の色が変」という夫の悩みを解決できるのか?

パーソナルカラー診断というのが流行っていますね。色々な方のブログなどで最近知り、わたしもぜひやってみたいと思い、予約をしました。

というのも、つねづね、夫から「服の色」についてはアレコレ言われていたからです。

「妻の服の色が変」という夫の悩み=「夫に服の色について苦情を言われるのは嫌」という妻(わたし)の悩みの両方の解決をねらっています。

好きな色と似合う色は違うことも多いようで、「似合う色を着れば、夫に苦情を言われなくなるかも」ということも期待しています。断捨離にも生かせそうです。

診断はもう少し先ですが、今日は、夫とわたしの色の好みの違いについて書きたいと思います。

夫の悩み「妻の服の色が変」

以前夫から、「服の色が暗い」「服に色がない」と、まず言われました。黒やベージュや白など、いろどりのない服が多かったのは事実です。

この夫の悩みに対し、わたしも色々と努力はしていました。なるべく色のついた、明るい色の服を着るという努力です。

例えば、オレンジとかペパーミント、イエローや明るいピンクなども頑張って着るようにしていました。

ところが、それさえも気に入らなかったようで、「何故、ここでその色なんだ!?」と思っていたと、最近、改めて発覚。

連れて歩きたくなるような服ではない」のだそうです。女性の服に関してやたらウルサイのもどうかと思いますが、まあここでパーソナルカラー診断や服の断捨離に成功すれば、もっと良いことが起こるかも知れません。

夫の好み

ところで、夫と昨年、買い物に行ったとき、「こういうのが似合うよ」と言ってすすめてくれたので購入したワンピースがあります。

f:id:kogasora:20190427142735j:plain

これがそのワンピース。足首まである長いマキシ丈です。カワイイでしょ? これを着たわたしは、別人でした。

でも、カワイすぎて落ち着かず、結局昨年は、夫と一緒に出かけたとき、一度着ただけで終わっています

私の好み

それでは次に、わたし自身の好きな色です。

f:id:kogasora:20190427143220j:plain

これは、カーキのカーゴパンツです。実はこのパンツ、先日、夫と一緒に買い物に行った際、見つけて購入したばかりです。

この戦闘服みたいな色、やっぱり大好きなんですね。モッズコートも断捨離してしまって持っていませんが、こういう色にはまさに、こんまりさん流の「ときめき」を感じるのです。

断捨離中でしたが、断捨離のことはすっかり忘れ、「ときめき」に任せて購入したのです。

夫は嫌そうな顔をしていましたが、こういうパンツをはいて、自然の中などを闊歩すると「人生は自由だ」「わたしは自由なんだ」みたいに感じるのです。

それに、最近は、カーゴパンツにパンプスを合わせたりする女性らしい着こなしもあります。

でも、夫が再びわたしの「服の色」について文句を言い出したのは、このカーゴパンツを購入したせいだと思います。

パーソナルカラー診断に期待

わたしが「ときめき」を感じるこの色、逆に、夫は、女性が着る服の色としては、最も嫌いな色の一つのようです

それで、このギャップを埋めるべく、わたしが思いついたのは、パーソナルカラー診断でした。

ネット上で質問に答えるだけの診断も複数やりましたが、診断によって結果が違いますし、第一、自分の瞳の色なんか、客観的に何色なのか全くわかりません。

それで、「これはプロに頼んでみたほうが良いな」と思いました。

近くで良さそうな診断士さんを見つけました。骨格診断なども含めて15,000円くらいです。ちょっと高額出費なので、夫に訳を話して相談すると、承諾してくれました。

わたしは、自分が美しく見える色について知れば、もしかしたら似合わないカーキに飛びつくこともなくなるかも知れません。

また夫にしたら、妻の服のセンスが良くなるに越したことはないらしいので、診断を受けることは、双方に利益をもたらす可能性があり、期待しています。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

終わりに

ちょっとウチの夫は「妻の服」に対してうるさすぎです。でも、夫がうるさすぎるのか、わたしがヒドすぎてこういうことになっているのか、今後の経過が見ものです。

パーソナルカラー診断、とても楽しみになってきました。