晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【下着を捨てる】平成のパンツ捨てて運気アップ!:プチ全捨離の実践2

今日は、下着の断捨離について書きます。下着の捨て基準は、迷うところです。

今日は特に「パンツ(ショーツ)」の捨て基準について面白い動画を見ましたので、ご紹介しつつパンツを捨てることについて書きますね。

 

パンツの賞味期限は、何と一ヵ月!?。

すでに何度かこのブログの記事でも書いていますが、最近Kindle Unlimitedで『全捨離のすすめ』という本を読み、全捨離について知りました。

Kindle版は900円です。

ちなみに、全捨離という言葉は、本の著者の櫻庭露樹(さくらば つゆき)さんの登録商標です。

断捨離との違いは、簡単に言えば、もっと手放すということかと思います。8割手放せということです。

櫻庭さんは、ユーチューブでも全捨離と開運について語られています。今日は、その動画の中から1つご紹介します。↓

www.youtube.com

こちらの動画の中で、パンツの賞味期限は一ヵ月(ついでに靴下も)と語られています。また、ブラジャーについては、年に3回くらいはとりかえて欲しい、とのことですので、4ヵ月といったところでしょうか。

「パンツの賞味期限は一ヵ月」ということを、そのまま信じるかどうかは別としても、まずは、動画のお話し自体がとても面白いので、興味のある方にはオススメです。5分程度で見れます。

もったいないをとるか、運気をとるか

それで、「パンツを一ヵ月で買い替える」というのは、かなり「もったいない」と、やはりわたしは感じました。今までのわたしの常識の中では考えられなかったからです。

とりあえず平成のパンツを捨てることに

それにしても、「せっかく時代は令和になったのだから、平成のパンツくらいは捨てよう」と思い、手持ちのパンツの購入履歴を調べてみると、3枚だけ平成のパンツが残っていました。

今年4月に全部パンツを買い直しましたが、そのときの3枚です。

その後、令和になってから、パーソナルカラー診断を受け、パンツを似合う色に買い替えましたが、たまたま3枚だけ許容範囲の色のパンツが残っていたのです。

「もったいない」をとるか「運気」をとるか、と、櫻庭さんは言います。わたしは、「もったいない」に片足を残しつつも、まずは「平成のパンツ」は捨ててみることにしました。

下着のサイクルは早めよう!

そして、「一ヵ月」とはいかないまでも、今後はもう少し下着のサイクルを早めようと思っています。

これは、運気だけでなく、清潔の面からも、ある程度のサイクルの早さは必要だと思ったからです。実は少し前に気になる記事を読みました。

読者登録させていただいている方のブログの以下の記事です。↓

フランスで100人以上がパンツを畑に埋めた!という話:モーニングショー【2019/07/30】 - 何ゴト?

土の中にパンツを埋めて、菌による分解具合を見ることで、畑の土壌の状態を調べるという主旨の記事です。

この調査のために、畑に埋めるパンツは未使用のものなのだそうです。なぜならば、使用したパンツは、悪い菌が繁殖するからなのだそうです。

この記事の主旨とはことなりますが、わたしは、使用したパンツにそれほどの雑菌が存在することに驚いたのです。

また、お恥ずかしながら、わたし自身、過去には、3年以上も同じパンツを履いていたことがあり、洗濯していたとはいえ、原因不明の皮膚のトラブルに悩まされたことがありました。

もしかすると、パンツの雑菌が原因だったかも知れないと思います。

そして、やはり運気にも影響があるのかも知れないとは思います。というのは、わたしは、夫のプロポーズを受けたその日、新品のパンツをはいていたからです。

 

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

「プチ全捨離の実践」シリーズの記事では、特に櫻庭露樹さんの「全捨離」から得たヒントで断捨離したことをお伝えしています。

今回は下着の断捨離についてお話ししました。

「ヨレヨレになったら捨てる」「毛玉ができたら捨てる」「穴が開いたら捨てる」…などなど、かつてのわたしはかなり断捨離基準は低かったです。

何を「捨て基準」とするかは人それぞれですが、「期限を決めてサイクルを早める」というのも1つの良い捨て基準だと感じましたので、実践がてらご紹介しました。

もったいないを取るか、運気を取るか?

皆さんも平成のパンツを捨てて運気アップしてみませんか?

あなたは、もったいない派? それとも、運気派?

「自分はどうしても「もったいない派」なんです。」という方でも、もしもまだ昭和のパンツを持っているなら、そろそろ捨ててみても良いかも知れませんね!