晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

「洗濯物の臭いが取れない」対策は、煮沸消毒(煮洗い)がおすすめ。予防にアイロン。

梅雨や湿気の多い日々が続き、洗っても臭いがとれない洗濯物が出てきました。

それで、煮沸消毒煮洗い)というのをやってみました。これはとってもオススメです。面倒だと思っていましたが、やってみると意外の簡単! やみつきになりそうです。

 

煮沸消毒(煮洗い)の方法。

煮沸消毒(煮洗い)の方法は、こちらの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。↓

www.kurashinooto.com

わたしなりにやり方を書いておきます。今回煮沸消毒したのは、黄色いTシャツとタオルです。色移りしないように、同じような色のものを洗いました。

1. 鍋にお湯をわかす。

f:id:kogasora:20190816132004j:plain

2. 沸騰したら重曹を入れる

f:id:kogasora:20190816132011j:plain

お湯が多めだったので、重曹を大さじ2入れました。1〜2リットルにつき大さじ1程度。割と適当です。

写真はうまくとれませんでしたが、一瞬、ジュワッと泡立ちます。

3. 洗濯物を入れる

f:id:kogasora:20190816132017j:plain

洗濯物を入れると、かなり泡立ちます。菜箸やトングなどで押し込みます。

4. 弱火で煮込む

f:id:kogasora:20190816132022j:plain

10分くらい煮込みました。黄色いTシャツとタオルなので、お湯は黄色くなります。

4. すすぐ

f:id:kogasora:20190816132027j:plain

熱いので、流しで水を入れながらすすぎます。生地が厚くてすすぎきれないので、さらに洗濯機ですすいで脱水しました。

煮沸消毒(煮洗い)の注意点

煮沸消毒の注意点としては、向かない素材もあるということです。わたしは、綿100%素材の物だけやりました。

また、色物は、かなり色が落ちますので、大切な外出着には向きません。パジャマに使っているTシャツやジャージ素材のパンツやタオルなどをやりました。

多少色落ちしても惜しくないものだけやってみてください。パジャマ用のTシャツやジャージは、多少色褪せましたがスッキリして気分がいいです。

臭いの予防にアイロンがおすすめ

Tシャツやジャージでも、乾きにくい部分は、アイロンがおすすめです。特にTシャツの脇の下や、ズボンのポケット周りなど、生地がぶ厚いところは、乾きにくいですよね?

物干し竿にT字に干せれば良いですが、場所も取られるし紫外線で色褪せてしまう問題もあり、ハンガーにかけて部屋干ししたい方です。

そんなとき、乾きにくいところには、アイロンがおすすめです。

アイロンの高熱で押さえれば、蒸気とともに、滅菌される気がしますし、多少の臭いならとれます。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今年の5月に買ったばかりのパジャマがわりのTシャツやジャージが臭くなってしまい、憂鬱になっていました。

でも、煮沸消毒(煮洗い)でそれが解決しました。

3ヶ月程度では、パジャマの寿命は「まだまだ」だと思っています。臭くなったら煮沸消毒(煮洗い)で、衣類の寿命を伸ばしましょう。