晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

下着の断捨離でレギンスとペチコートを捨てた2つの嫌な理由。

下着断捨離でレギンスとペチコートを捨てました。捨てた理由は「なんとなく嫌」なだけですが、何が嫌なのか理由を書いてみます。

「嫌」というのは、ほぼ5感から発生しています。つまり、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚です。

それでは詳しく書きますね。

 

 

5感を頼りに断捨離するメリット。 

5感を頼りに「好き嫌い」で断捨離するのは「感性が磨かれる」というメリットがありますのでおすすめです。

下着に関係のある5感は主に「触覚」と「視覚」です。

まあ口に入れるものではないので、「味覚」はないと思いますが、「聴覚」(カサカサ音がして嫌とか)、「嗅覚」(カビ臭いとか)はあるかも知れません。

また、5感を信頼するというのは、他でもない自分自身の感覚です。

つい他人軸で生きて、いつも我慢してしまうタイプの人(わたし)には、自分軸を取り戻すための良いエクササイズにもなります。

捨てた下着2点。

以下が今回捨てた下着2点です。↓

f:id:kogasora:20200514081756j:plain

左がレギンス、右がペチコートです。レギンスは昨年秋に買いましたが、同時期に買った別のものばかり履いて、出番がなくなりました。

ペチコートは、これからの季節、活躍するはずだったのですが、履くことを考えると憂鬱になりました。

これらの下着は、触覚と視覚という2つの嫌な理由がありますので、以下に書きます。

「触覚」の嫌。

まず、「触覚」の嫌を書いてみます。「触覚」の嫌は、要するに「着心地」です。

まずレギンスです。伸縮性がイマイチで、履くと硬くて膝が伸びにくい、キツイと感じていました。

また、暑いというのもあります。リブ編みなので、それなりに生地がしっかりしていて、ムレました。

10分丈でしたが、中途半端に足首が出て、出た部分は妙に寒かったです。

それからペチコートです。メイン素材は綿で、その部分は良かったのですが、裾のレースが多少チクチクして気になりました。

「視覚」の嫌。

次は、「視覚」の嫌についてです。要するに「見た目」の問題ですね。

レギンスに関しては、「視覚」の嫌は殆どありません。店頭で見て、「素敵!」と思って買ったのです。

ただ、10分丈の、中途半端に足首が出た部分、わたしは割と「サリーちゃん」みたいなむくみやすい脚なので、「太って見えて嫌だなあ」と思いました。

ペチコートは、実はほぼ「視覚」の嫌が原因で捨てることにしました。下着だし、見えないから「まあ良いか」と思って、昨年の夏はスカートの下に履いていました。

でも、何となくデザインが気に入らないのです。通販で買ったのでイメージが湧きにくかったというのも失敗の原因の1つでした。

スカートという「洋」な服の下に履くのに「和」な感じの雰囲気があって、ミスマッチな感じがします。

それと「オバさんぽい」「ダサい」と感じたのです。

こんなことを言うのはちょっと罪悪感を感じてしまうのですが、そんな風に感じてしまったのだからどうしようもないです。

これがわたし自身なのだと認めるしかありません。

その見た目が気になって、夫に「どう?」なんて見せたところ「俺、正直そういうの嫌い」と言われたのも嫌な思い出です。

この思い出は2つの意味で嫌です。

まず1つは、「夫が嫌いだと言ったことそのもの」です。

でも、本当に嫌なのは、「どう?」なんて聞いてしまった自分自身の「自分軸のなさ」です。昨年のわたしは「夫軸」で生きていました。

それを思い出すのが嫌なわけです。

夫か気に入ろうがどうしようが、自分さえ気に入っていれば良いわけです。だから、「どう?」と聞くのが必ずしも悪いわけではありません。

「どう? 素敵でしょ!?」ということもあるからです。

でも、この場合は、「悪くないよ。」と言ってほしくて聞いたのです。でも、結果として、夫からの批判を誘発してしまいました。

その上、もし夫が「良いんじゃないの?」と言ったとしても、すでにわたし自身が気に入ってなかったので、自分の感性を信頼すれば話は終わっていたのです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、下着の断捨離でレギンスとペチコートを捨てた2つの嫌な理由について書きました。

着心地と見た目の2つ嫌について書きました。

「視覚」と「聴覚」という感性に基づいた「嫌」でした。敢えて背後にある感じたものを長々と書いてみましたが、「嫌だから捨てる」で十分なんです。

そして、「嫌だから捨てる」って、一番頼りになる断捨離の理由だと今は思っています。