晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

書類の断捨離で、捨てて良かった「捨て基準」ベスト3(書類整理のヒント5)。

書類断捨離で、捨てて良かった「捨て基準」ベスト3について書きます。特に仕事の書類に焦点を当てて書いています。

捨て基準は人それぞれ、色々あると思いますが、わたしが実際にやってみて「これを基準にしたらかなり捨てられた。」「捨ててスッキリした。」と思う捨て基準のベスト3を書きますね。

仕事は人それぞれなので、全ての人に役に立つとは思えませんが、まあ読んでやってください。

 

ベスト3位: 参考資料としての書類。

自分のやった仕事そのものではなく、その仕事を作る(する)ために必要だったあらゆる参考資料は捨てやすいです。

お客様に説明のためにコピーしてもらった書類などです。

わたしは、結局のところ、それら参考資料は全部捨てました。

ただ、中には、「今後の仕事にも役に立ちそうだ。」というものがありました。そういうものは、スキャンしてデータ(pdf)でとっておきました。

パソコンで仕事をしているので、紙よりデータの方が都合が良いということもあり、参考資料に関しては、紙は全捨て、必要に応じてデータ化が良いと思いました。

ベスト2位: 重複している汚い書類。

わたしは紙媒体を作る仕事をしています。例えばパンフレットとかチラシなどです。とっておきたいのは、自分で作った紙媒体ですが、中には何冊も同じものがあります。

それでも、重複していても、気に入っていてキレイなものは全部とっておくことにしました。

以前書類を捨てて後悔したことがありますが、後悔したというのは、気に入っていたものの重複分です。

この記事で言う「重複している汚い書類」というのは、同じ内容の印刷された現物があるのに、コピー用紙にプリントアウトしたもので、書き込みがしてあったりする汚いもののことです。

多少汚くても、それしかない気に入っているものは残しています。

ベスト1位: あまり好きではない仕事。

上述したように、わたしは紙媒体を作る仕事をしています。でも、中には「もうあまりやりたくないなあ。」という、あまり好きではない仕事もあります。

そういう仕事の出来上がった制作物も以前はとっておきました。

とっておいた理由は、未来への不安です。「あまりやりたくないけど、やればお金になるし、他の仕事がダメだった場合の保険になるだろう。」というわけです。

でも、いざとなったらデータも残っているので、それを出力して営業ツールにすれば何とかなります。

紙の現物を見るたびに憂鬱な気分になるくらいなら、捨ててしまおうと思い、全部シュレッダーにかけました。

これは、捨てて良かったベスト1です。本当にスッキリしました。

そのせいか、この仕事は処分して間もなく来なくなりました。でも、別の仕事がやって来るようになりました。

断捨離の効果だったかも知れません。

「好き」こそ最強の判断ツール。

書類に限らず、持ち物は何でも、「好きか」「嫌いか」で判断するのは、最強の判断基準だと痛感しました。

「好き」を残し「嫌い」を捨てるというのは、自分の家を、好きなもので満たすということに通じます。

f:id:kogasora:20200108170855j:plain

家をパワースポットにするためのベースになる判断基準です。仕事用の書類棚でさえパワースポットにできるというわけです。

快適ミニマルライフを目指すミニマリストにとっては「好き」こそ最強の判断ツールです。

でも、まだわたしは多少の不安が残っていますし、収納スペースも余裕があるので、「まあまあ好き」も残しています。今回捨ててスッキリしたのは「嫌い」レベルなものです。

将来的には「大好きだけ残す」ようにしていきたいです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

書類の断捨離で、捨てて良かった「捨て基準」ベスト3について書きました。書類の捨て基準のレベルアップはまだまだこれからです。

本当に悩むのは、「大好き」だけしか残っていないのに、収納スペースから溢れ出すときなのかも知れません。