晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

捨てられない書類はファイルしてみるという、逆発想な断捨離法(書類整理のヒント3)。

捨てられない書類がありますか? わたしは、たくさんあります。

そんな時は、いったん「捨てる」ということをやめて、思う存分ファイルしてみることにしています。

実はこの方法は、こんまりさんの『人生がときめく片付けの魔法』からヒントを得ています。こんまりさんは一体どんなことを書いていたのでしょうか?

 

こんまりさんの『人生がときめく片付けの魔法』から得たヒント。

こんまりさんと言えば、契約書以外の書類は「全部捨ててOK」というのが有名ですが、わたしが注目したのは、書類の片付けではなく、本の片付けの部分でした。

それは、「殿堂入りの本は迷わず手元に残す」という章に書かれていた、「本のカサ減らし片付け法」というものです。

殿堂入りの本までいかない、部分的にときめく本、最初はお気に入りのヵ所をノートに書き写していたそうです。

でもこれが時間がかかったので、次は、気に入った部分をコピーして、コピーした紙をノートに貼ったそうです。

でも、これがまた億劫。結局、気に入ったページを破り、ファイルする、というところに落ち着いたそうです。

こんまりさんは、この方法で、40冊の本を処分して満足したそうですが、それから二年後、ファイルしたものを一度も見ていないことに気づいたそうです。

私がやっていたことは単なる気休めにすぎなかったのです。

と、こんまりさんは語っています。ファイルは処分されたのかどうかは書かれていませんが、きっと不用だと気づいて処分されたんでしょう。

この「本のカサ減らし片付け法」の結論は、本はタイミングが命、ストックし過ぎない方が良いということですが、わたしは、別のことを考えつきました。

それは、「本のカサ減らし片付け法」を応用して、気になっている書類は全部まず、ファイリングしてみようと思ったのです。

f:id:kogasora:20191107112241j:plain 

ファイリングは単なる気休めではない。

こんまりさんは、ファイリングは単なる気休めだと書いていますが、そうでしょうか?

二年後、そのファイルも不用だったと気づいたわけですが、ファイルが無駄だったのではなく、ファイリングしたからこそ、不用だったと納得して手放せたのではないかと思います。

ファイルは断捨離前の必要なプロセス。

ファイルするということは、単なる整理整頓ではありません。そのときに、1つ1つの書類と向き合うはずなのです。

ファイルした結果、満足して、「やっぱりいらないな」と気づくこともあるでしょう。でも、やっぱり必要だと気づくこともあるでしょう。

ファイルは、断捨離前の必要なプロセスだとも言えます。「やっぱりいらない」と自分で結論を出す為に必要だったのです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

わたしは今、たくさんの「大事だからとっておこう」と思っている書類と、「迷っている」書類を含めて整理整頓中です。

長い間保留にしていた書類のカオスを、まずは多少時間がかかっても、ただ捨てる前に、自分なりにファイルしてみようと思って取り組むことにしました。

断捨離は、ただ捨てるだけが脳ではありません。自分にとって必要なら、ものと向き合う手間と時間を自分に与えるべきです。

全捨てが単なる思考停止だという場合もあるのです。