晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

黒い服3枚を捨てる感想。トップス(GAPのTシャツやカットソーなどのインナー)を手放します。

今回は、黒いトップス(Tシャツとカットソー)を捨てたお話しです。

パーソナルカラー診断で「スプリング」と診断され、ブラックが全然似合わないことが判明したのをきっかけに、黒い処分しています。

パーソナルカラー診断で「似合わない」と言われたからって、何も処分する必要はないという意見もあるかと思います。

でも、わたしは、そういうことよりも「ここはちょっと処分してみよう、面白いことが起こるかも知れない」なんていう気持ちもあったりします。

ものを捨ててスペースが空くと、色々引き寄せますからね! (特に良いことを)

それでは捨てた黒いトップス3枚です。

 

GAPの黒いシースルーのTシャツ

f:id:kogasora:20190607000018j:plain

GAPのバーゲンで5年ほど前に買ったものです。シースルーのルーズフィットのTシャツで、透け感があり、生地がペラペラです。

これ、夏には涼しくてとても良いのです。

ただ、シースルーなだけに、そのまま一枚で外では着られません。それが不便で、部屋着になることが多かったです。

5年ほど前に買ったのに、あまり劣化していなかったのは、シースルーだったからです。

コムサイズムのカットソー

f:id:kogasora:20190607080958j:plain

5年ほど前、真夏に購入しました。法事があったからです。喪服を着るほどの堅苦しさはなかったので、黒いパンツと合わせれば十分だと思ったのです。

それで、法事が終わったら、ブルーデニムと合わせて着れば、可愛いかな、と思いました。

でも、意外と出番はありませんでした。真夏の黒は着ずらかったです。また、ジャケットやカーディガンも黒が多かったので、さすがにインナーまで黒というのは合わせづらいということもありました。

また、在宅仕事になってからは、どうも家で着るにはキチンとしすぎていて、着る気になりませんでした。

そういうわけで、5年間で、着用したのは10回以下でした。

着ないもの程、状態が良いまま長年残ってしまいますね。状態が良いから「捨てるのがもったいない」という悪循環。こういうの、タンスの肥やしというのでしょう。

「黒は似合わないから捨てよう」ということがきっかけで、ようやく手放せましたが、もっと早く手放しても良かったと思っています。

買ってはいけなかった新品のカットソー

黒地に白い模様の入った、ポリエステルのカットソーです。

f:id:kogasora:20190607082356j:plain

このカットソーは、本当は要らないのに買いました。カーディガンとセットになっていて、欲しかったのはカーディガンだけでした。そのカーディガンはコチラ↓。

f:id:kogasora:20190607082555j:plain

シースルーの黒いロングカーディガンがあると良いな、と思って、探し始めていたところ、イメージ通りのものをたまたま見つけたので買ったのです。

それで、どのみち、このカットソーは、着ないでそのまま処分するつもりでした。柄など、自分の好みに全く合わないと思っていました。

でも、こういう買い方、良くないと思いました。ものを増やす原因だということもありますが、それよりも、何だかこのカットソーに対して失礼ですね。

一方、このカットソーは、処分はしますが、忘れられない思い出深いものになりそうです。というのは、このカットソーは、わたしにとって最後の黒い服の買い物になるハズだからです。

このカットソー(とカーディガンのセット)を買ったその直後、同じ日に、わたしがカラー診断を受けた先生の本『服の色で、損する人、飛躍する人』を読むことになりました。その本のレビューはコチラ↓。

『服の色で、損する人、飛躍する人』というの衝撃の本と出会い、感想を書きます。

わたしは、この本を読むまで、黒や白はベーシックカラーで、誰にでも似合うものだと思っていました。

ですから、カラー診断を受けたら、黒や白と合わせて、自分の似合う色と合わせて着れば良いのだと思っていたのです。

黒が似合わない色の対象になるとは、思ってもみなかったのです。わたしにとって黒は別格の存在でした。

ですから、「黒が似合うとか似合わないとかの対象になる色なのだ」と知ったのは、かなり驚きでしたね。

そういうわけで、このカットソー(とカーディガンのセット)は、わたしにとって、最後の黒い服の買い物になったのです。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

黒いTシャツやカットソーなどのインナーを捨てた話を書きました。このカテゴリーのブラックアイテムは、3枚で全部です。それほど多くはありません。

というのは、再婚した夫から「服の色が暗い」と指摘されたのをきっかけに、黒いものを少しずつ処分していたからです。

それでも、これでまた一歩、脱黒服系ミニマリストに近づきました。次回はカーディガンなどの羽織りものを捨てていきます。