晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【楽しいお買い物】色とりどりの靴下5足を買った結果。

先日、とても楽しい買い物をしました。買ったのは色とりどりの靴下5足です。

靴下はすでに十分持っていたので「やめようか。」とも思いました。

結果として「買って良かった」と思いましたので、この無駄とも思える買い物について書きます。

 

購入した靴下5足。

まずは購入した靴下をご紹介しますね。購入したのは以下の5足です。↓ 

f:id:kogasora:20200420082551j:plain

よりどり5足で990円(税別)です。散歩の途中にある靴屋で買いました。

靴屋に寄ったのは、長靴が欲しいの思ったからです。長靴は気に入ったものがありませんでしたが、たまたま見かけたこの靴下を見て、

「わあ可愛い!」

と、思ったのです。先日、自分のインナーチャイルドを癒す過程で購入した折り紙のことを思い出しました。折り紙を買った記事はコチラです。↓

インナーチャイルドが欲しかったものとは? - 晴れやかブログ

折り紙は数回に渡って買いましたが、文房具屋や100円ショップで見かけるたびに、同じように

「わあ可愛い!」

と思ったものです。

でも、次の瞬間、それを否定するような言葉が自分の中から出てきました。

「そんなものは無駄な買い物だよ。」

という言葉です。四六時中、自分にダメ出しをする言葉でした。

それから少し考えました。「靴下は季節で8足あればいいと決めて、もう十分持っているよね?」これは多少冷静な声でした。

それで、買うのを一旦やめました。

 

どの声に従って買い物をするかどうか。

次の日は、散歩をするには天気が悪かったので、靴屋にも行きませんでした。仕事もあったり、亡き猫の世話などもありました。日常生活もありました。

でも、ふと、あの色とりどりの靴下のことが、頭をよぎっていました。

「わあ可愛い!」という声に従うか、

「そんなものは無駄。」という声に従うか、

「もう十分持っているよね。」という声に従うか、

色々の考えているうちに、決定打となる、別の声がしました。

「1000円くらいで買えるような楽しみを、自分に買ってあげなくて一体どうするつもりなの?」

これで気持ちが決まりました。

「それくらいのものを、自分に与えなくて、一体、人生、何が楽しいのだろう?」と思いました。

楽しむことを自分に許す、というか、人生を楽しく生きようという決意でもありました。

決めたら気持ち良く買い物をしよう!

次の日、天気が良かったので散歩に行きました。もちろん靴屋で靴下を買うことも念頭に入れて。

f:id:kogasora:20200420082551j:plain

右の4色はすぐに決めましたが、5即目はどれにしようかとしばらく考えて買いました。

でも、「無駄だけど欲しいから。」とか「ミニマリストだから。」みたいな罪悪感も手放し、楽しく選ぶことができました。

無駄こそ楽しい!

最近、インナーチャイルドを癒すにしたがって、「無駄こそ楽しい!」ということが自分のキーワードになっています。

無駄=不必要 ではないと思っています。

無駄=楽しい=人生に必要なもの です。

この無駄で楽しいお買い物を、するかどうかという選択は、「人生を楽しく生きるか。」「生命活動を維持するだけの最小限の生活必需品だけで無味乾燥なツマラナイ人生を送るか。」という、人生の選択でもありました。

 

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

不必要なものというのは、自分の気持ちを下げるようなガラクタのことです。

ガラクタを手放してスペースが空いたら、「楽しみ」が入ってきてこそ、断捨離の効果であり、ミニマルな生活なのではないかと思っています。