晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

女性はキレイな色の服も着た方がいいとわたしが思う理由。

女性はキレイなも着た方がいいと、わたしが思う理由について書きます。

ミニマリストとかシンプリストとか、色あいの少ない服を選びがちです。黒とかベージュとかグレーとか紺とか茶色とかカーキとか…地味な色ばかり。

地味な色は、気持ちを落ち着かせてくれたりする効果があり、わたしも好きなのですが、服は「自分が着る」というだけでなく、ある程度「社会性」が必要なアイテムです。

わたしが「女性はキレイな色の服も着た方がいい」と思う主な理由はこの「社会性」にあります。

 

女性は職場の花

もしどこかに勤めていたら、できるだけキレイな色の服を着た方がお得です。「自分は職場の花だ」と思っていた方がいいです。

地味な色の服ばかり着ることに慣れてしまうと、キレイな色の服を「何だか自分らしくない」とか思います。

でも、ふと、無意識的に鏡などに映った自分の姿に気づくと、キレイな色を着ていた方が「普通」に見え、地味な色を着ていると「普通以下の沈んだ印象」に見えます。

キレイな色の服は「割と簡単に」他人に対して自分をキレイに見せてくれることができます。でも、地味な色でキレイに見せるのは、結構ハードルが高いのです。

地味な色は「地味な人」「暗い人」という印象をまず与えます。これは職場では損なことです。

そういう高いハードルを超えて「明るい人」「キレイな人」まで行かなくても「普通」に見せるのには、ヘアメイクなど、別のことに余程気を使わないとなりません。

そうなると、余計なことを背負い、シンプルな生活から遠のくと思います。

黒いスーツに黒のタートルネックなどを着ていても、何だか華があり、キレイでカッコイイという人も、確かにいます。

でも自分はそういうキャラではないとなると、やはり地味な色は損です。

自分ではシンプルに地味な色をサラッと着ているつもりでも、人には「なぜわざわざこんな地味な色の服を着ているのだろう?」「ちょっと変わった人」に見えるのです。

職場では紺のスーツを着なければならないなど規定があるとしても、シャツやブラウスなどのインナーは明るいキレイな色が良いと思います。

少なくとも、白なら、明るい印象になるのではないでしょうか。

もし「社会性を発揮する」ということを考えるのなら、地味な色よりキレイな色の方が、むしろ簡単なのです。

女性は家庭の花

一人暮らしなら、家では紺やグレーや黒のジャージばかり着ていても、全く何も問題はないかも知れません。

でも、結婚していたり、誰かと一緒に暮らしているのであれば、家庭でも「社会性」というものが発生します。

こないだも記事に書きましたが、結婚してしばらく経ってから夫に「普段の服が可愛くない」と苦情を言われたことがあります。

家に帰って暗い色の服を着た人がいると、何だか気持ちが萎えるのだそうです。

家は自分にとってもくつろぎの場所です。何もオシャレに気合を入れようというのではないです。明るい色のジャージに取り替えればいいだけです。

ボトムスは地味な色のママでも、トップスを、明るいピンクのトレーナーにするとか、それだけでも違うものです。

自分自身を花だと思えばキレイ色の服が簡単に買える

女性は「職場の花」「家庭の花」。さらに言えば「社会の花」です。ですから、土や葉っぱの色のような、アースカラーやカーキばかり着ているのはむしろ変なのです。

f:id:kogasora:20190316135305j:plain

f:id:kogasora:20190316135321j:plain

f:id:kogasora:20190316135348j:plain

自分を花だと思って、キレイな色の服を選びましょう。

自分には似合わない

キレイな色は、自分には似合わないというのは、意外と思い込みだったりします。鏡の中のいつも「地味な色の服装のわたし」を見慣れ過ぎているだけだったりします。

最初は落ち着かなくても、着ているうちにキレイな色の服を着た自分自身を見慣れてしまいます。

もしどうしても抵抗があるなら、部屋着でキレイな色を試すと良いです。なるべく人目を気にしない状態で見慣れてしまうと、抵抗が少なくなり、外で着た時も自然体でいられます。

 

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

地味な色が全てNGでキレイな色だけがOKということではないですが、キレイ色がNGで地味な色だけOKという人、結構いると思うのです。

地味な色オンリーだと、「社会性」という面で損をしてしまうと思います。

なぜ女性はキレイな色の服を着た方が「社会性」を発揮できるのかと考えてみると、「相手を笑顔にしやすいから」です。

キレイな色は相手への思いやり…という側面があるのだと思います。

地味な色はキレイな色とケンカせずに合わせやすいという利点があります。最近のわたしは「ボトムスは地味な色でトップスはキレイな色」というパターンが多くなっているところです。