晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

洋服の数のまとめです。トップス3枚捨てて83着に。(2020年5月)

をカウントする記録記事、2020年5月バージョンで、久しぶりに服を断捨離します。

ちなみに前回のカウントは2020年3月で、以下の記事です。↓

洋服の数のまとめです。アウター4着、Tシャツ1枚買い足して86着に。(2020年3月) - 晴れやかブログ

カーディガン2枚、セーター1枚、合計3着捨てて83着になりました。

それでは捨てた服について書きますね。

 

捨てた服3枚。 

捨てたのは以下の3枚です。

f:id:kogasora:20200513085311j:plain
f:id:kogasora:20200513085306j:plain
f:id:kogasora:20200513085316j:plain

3つとも薄手のニットで、ふさわしい季節は春秋です。どれもすでにかなり前から「捨て候補」に上がっていました。

捨てる理由1。

f:id:kogasora:20200513085311j:plain
f:id:kogasora:20200513085306j:plain

こちらの2つは、先月亡くなった猫の最期の介護のために、汚れても良い服ということで4月は逆にこればかりとっかえひっかえ着ていた感じです。

その後、猫が亡くなった後も、何となく猫の思い出が染み付いているような気がして、4月中は何度も着ていました。

言ってみれば喪服みたいなものでもありました。

5月に入って暑く感じるようになり、着なくなりました。それをきっかけに処分することにしたのです。

服を処分したからといって、猫の思い出が消えて無くなるわけではありません。

今はむしろ、猫の元気だった頃を思い出すようになりました。この服を見ると、病気で苦しんでいた時の猫のことを思い出してしまいます。

前を向くために捨てます。

捨てる理由2。

f:id:kogasora:20200513085316j:plain

それから、上記のペパーミントグリーンのカーディガンです。これは、2年前に買い、当初はかなり着ていました。

でも、だんだん似合わなくなったような気がして、結局あまり着ないで過ごしてしまいました。

似合わないと感じたのは、シルエットでした。

ダイエットして痩せたら「何だかガブガブしている。」と感じるようになりました。以前はこの服を着ると「気持ちがアップする。」と感じていました。

でも、今は、この服を着ると逆に「気持ちがダウン」します。 まだ綺麗ではありますが、もう服の賞味期限が切れたのだと思っています。

服の処分方法。

服の処分方法について書きます。

f:id:kogasora:20200513085300j:plain

まずは、洗ってないものは一度洗濯し、「また秋に考えよう。」なんて綺麗に畳んで、第二のクローゼットに仕舞いました。

わたしは、家の2つのクローゼットを使って、普段使うものと、予備や季節外のものと分けています。

でも、仕舞ったところ、「もういいかな?」と思ったのです。

気になる服は、例え仕舞っても、脳裏にいつも浮かんできます。それでウエスにして捨てることにしました。

わたしは、ウエスは「ウエス入れ」に決めた引き出しに入れています。そちらに移動しました。以下は「ウエス入れ」の写真です。↓

f:id:kogasora:20200513091211j:plain

かなりたまりました。放置するとこのままとっておくことになりそうなので、近いうちに使い切ることを目標にします。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

2020年5月の洋服の数のまとめ記事を書きました

何かちょっとでも「嫌」を感じたら捨てるに限ります。