晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

古閑そらのプロフィール

こんにちは、ブログ運営者の古閑そら(こが・そら)と申します。アラフィフの主婦ミニマリストです。バツイチで、現在は再婚した夫と二人ぐらしです。猫を二匹飼っています。

若い頃から物持ちが良過ぎ、そのせいかモノが捨てられない性格でした。また、家事全般が苦手で、掃除もロクにせず、部屋は次第に汚部屋と化していきました。

結婚してからもそれは変わらず、夫婦そろって汚部屋住人でした。

ところが、15年ほど前、最初の結婚生活が終わろうとする頃、突然、不要なものの処分を始めました。きっかけは当時たまたま読んだ風水の本でした。そして間もなく離婚。

それ以来、長いセカンドシングル時代、何度か大がかりな断捨離を繰り返してきました。断捨離をしてはまたモノがたまり…そしてまた断捨離をする…という繰り返しです。引っ越しも何度かしました。

それで次第に部屋をキレイにして暮らすことができるようになりました。独身最後の部屋はとてもお気に入りで、断捨離を終えてミニマルライフが形になったように感じていました。

その部屋で暮らしていたとき、今の夫と出会い、再婚することになりました。とてもキレイ好きな人です。住居は、夫の持ちマンションで、わたし用にスペースを空けてくれて、とてもキレイになっていました。

再婚で引っ越してくるときに、独身最後の断捨離をしました。服など、夫がビックリするほど少なかったようで、最初はクローゼットがスカスカでした。

独身時代の部屋は23平米でしたが、今の住居は65平米です。約3倍の広さとなり、掃除の手間も3倍になりました。

スペースがあると、モノはたちまち増える…というより、わたしが増やしてしまうのですね。ミニマリストの断捨離人生に終わりなしです。