晴れやかブログ

ミニマリストになるというよりは、エネルギーの活性化の為に捨て活をしています。

心をシンプルに

服選びとインナーチャイルド(読者様からの嬉しいお便り)。

今日は、「服選びとインナーチャイルド」というタイトルで書きます。 先日、私のブログを読んで、カラー診断を受けたという方から、お便り(メール)を頂きました。 とても嬉しかったので、ブログに書かせて頂きます(メールで了承は頂いております)。 //

2020年やって良かったことベスト3。

今年、2020年にやって良かったことベスト3を書きます。 年末ならではの記事です。断捨離や片付けなどがテーマのブログなので、「買って良かったもの」を考えたのですが、今年は、ものというよりは、「やって良かったこと」を思いつくので、そのベストを書き…

クリスマスは外で食事したいのよ!(インナーチャイルの叫び)

クリスマスは外で食事することになり、楽しみにしています。 私のインナーチャイルドは外食が大好き。 「食費の節約」という面では外食は敵です。それで、最近、随分「良い子」に過ごしていました。 当初クリスマスも自宅で過ごす予定でした。でも、インナー…

朝のルーティンを見直した結果、手放したこと。

朝のルーティンを見直した結果、手放したことについて書きます。 1つ1つは大した手間でもなかったのですが、幾つか重なったり、毎日のことになると、それなりに自分の時間や気持ちを圧迫します。 それで、やめたら、やはり「ゆとり」が生まれました。 //

問題は解決していけばいい(自分で自分の親になる方法10)。

今日は「問題は解決していけばいい」というルールについて書きます。 「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の10回目、最後のルールです。 インナーチャイルドは、問題や悩みはあってはいけない、と思い込んでいたりします。「悩みだらけの自分はオカシ…

他者を尊重する(自分で自分の親になる方法9)。

今日は「他者を尊重する」というルールについて書きます。 インナーチャイルドが癒されていないと、他者を尊重するということができなかったりします。 「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の9回目です。 「他者を尊重する」という新しいルールをイン…

失敗してもいい(自分で自分の親になる方法8)。

今日は「失敗してもいい」というタイトルで、自分の失敗を肯定することが大人になるのには大事なんだ、ということについて書きます。 「失敗は悪いこと」という古い間違ったルールをやめて、「失敗してもいい」という新しいルールをインナーチャイルドに教え…

境界線を自分と他人の間に引く(自分で自分の親になる方法7)。

今日は「境界線を自分と他人の間に引く」ということについて書きます。「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の7回目です。 アダルトチルドレンや毒親育ちはもちろんですが、傷ついたインナーチャイルドが心の中に居ると、自分と他人の境界線がゴチャゴ…

待てない子供をしつけるには?(自分で自分の親になる方法6)。

今日は「待てない子供をしつけるには?」ということについて書きます。「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の6回目です。 「待てない子供」というのは、実際の自分の子供ではなく、アダルトチルドレンの中にいるインナーチャイルドのことです。 ジョン…

真実を語ることが重要(自分で自分の親になる方法5)。

今日は「真実を語ることが重要」であるということについて書きます。「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の5回目です。 ジョン・ブラッドショー著『インナーチャイルド(改訂版)本当のあなたを取り戻す方法』から、ヒントを得て書いています。 毒親か…

遊びや楽しみは必要なこと(自分で自分の親になる方法4)。

今日は「遊びや楽しみは必要なこと」ということについて書きます。「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の4回目です。 ジョン・ブラッドショー著『インナーチャイルド(改訂版)本当のあなたを取り戻す方法』から、ヒントを得て書いています。 毒親から…

自分の感覚を信じて無視しない(自分で自分の親になる方法3)。

今日は「自分の感覚を信じて無視しない」ということについて書きます。 「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の3回目です。 ジョン・ブラッドショー著『インナーチャイルド(改訂版)本当のあなたを取り戻す方法』から、ヒントを得て書いているシリーズ…

それで「自分はどうしたいの?」という魔法の質問(自分で自分の親になる方法2)。

「自分はどうしたいの?」という魔法の質問ということについて書きます。 「自分で自分の親になる方法」シリーズ記事の2回目です。 「魔法の…」という言葉は、別の言い方をすれば「人生を180度変える」としても良いかも知れません。 「自分の欲求は全て正し…

感情は感じるままでOK(自分で自分の親になる方法1)。

感情は感じるままでOKという記事を書きます。 毒親から解放されると、自分の人生が毒親に汚染されなくなりますが、毒親から離れたインナーチャイルドは、まだ未熟なままです。 そこで必要になってくるのが、「自分で自分の親になる」ということです。 その方…

毒親から解放されるには、結局「感謝」と「許し」だったという結果に。

毒親から解放されるには、結局「感謝」と「許し」だったという結果になってしまったという話について書きます。 あまりにも月並みな結果に自分でも驚きです。 「親に感謝」とか「許す」とか、あり得ないと思っていたのですが、インナーチャイルドワークとカ…

毒母との別れのキーワード「ブラジャー」の歴史を紐解いた結果。

昨日は、毒父との別れについて書きましたが、今日は、毒母との別れについて書きます。 別れというのは、心の中で、母を許し手放すことです。 私の場合、母との別れを語るのに、切っても切れないキーワードがあります。 それは、ブラジャーです。 ところで、…

毒父との別れ:私が手放したあまりにも意外な感情とは?

今日は、「毒父との別れ:私が手放したあまりにも意外な感情とは?」というタイトルで書きます。 実は先日、私は遂に、「これでもう私の人生は、毒父に汚染されることはないだろう。」と思えるところに行きました。 今日はそのことについて書きます。 //

服を買いすぎた本当の原因2つ:私はなぜ服に50万円もつぎ込んだのか?

「服を買いすぎた本当の原因2つ:私はなぜ服に50万円もつぎ込んだのか?」というタイトルで、最近得た気づきについて書きます。 服を買いすぎて困っている人にはちょっとしたヒントになるかも知れません。 //

ブログの記事を書くのがしんどい理由(心の断捨離)。

「ブログの記事を書くのがしんどい理由。」というタイトルで記事を書きます。 ここ最近、実は、何だかちょっと、ブログの記事を書くのがしんどいと感じていました。 でも、ふと、あることに気づき、気持ちがラクになったので、今日はしんどいと感じた原因に…

大人の塗り絵をやった結果、わたしが手放したものとは?。

大人の塗り絵というのが、何年も前から流行っていて、素敵な本がたくさん出ていました。 特にわたしが心ひかれたのは「マンダラ」の塗り絵でした。本屋の店頭で見かけては手にとっていたものの、買うことはありませんでした。 でも、先日、わたしはついに「…

お返しをしない女性は「受け取り上手」なのか? 考えた結果。

お返しをしない女性は「受け取り上手」なのかどうか? ということについて書きます。 結論から言えば、「お返しをするかどうか」ということと、「受け取り上手であるかどうか」ということは、別の話であるということです。 それでは詳しく書きますね。 //

「自分の機嫌は自分でとる」ために断捨離すべき「あるもの」とは?

自分の機嫌は自分でとる、というのは、自分軸で幸せに生きるために絶対必要なことです。今日は、そのために断捨離すべき「あるもの」について書きます。 さて、その「あるもの」とは? 一体何でしょうか? //

男性性を育てて女性が幸せになる方法。

男性性を使って女性が幸せになる方法というタイトルで書きます。 「男性性」というのは、実際に自分の性別が男性か女性かということではなく、心の中使い方としての「男性性」です。 大ざっぱに言えば、男性性は与える性質、女性性は受取る性質です。 ですか…

罪悪感から自由になるというのは、罪悪感を否定することではない(毒親育ちの断捨離セラピー)。

罪悪感から自由になるというのは、罪悪感を否定することではないということについて書きます。 他のネガティブな感情に関しても言えることですが、「消し去ろう」とか「消さなくちゃ」とか「感じ切らなきゃ捨てられない」とか、そういうのではないです。 も…

女性性を使って幸せになる方法(毒親育ちの断捨離セラピー)。

今日は、女性性を使って幸せになる方法について書きます。 この場合、「女性性」というのは、実際に自分の性別が男性か女性かということではなく、心の中使い方としての「女性性」です。 ですから、この方法は、男性にも使えます。 大ざっぱに言えば、男性性…

感情に名前をつけるという人生への対処法(毒親育ちの断捨離セラピー)。

感情に名前をつけるという人生への対処法ということについて書きます。特に「何かモヤモヤした感じ」には有効です。 毒親育ちのアダルトチルドレンなどは、嫌なことを嫌と感じることができないという弊害がある場合があります。 モヤモヤが「嫌悪感」なのか…

「父親の恋人役(妻役)」という役割が、子供の人生に与えた悪影響とは?(毒親育ちの断捨離セラピー)。

今日は「父親の恋人役(妻役)」という役割が、子供の人生に与えた悪影響とは? というタイトルで書きます。 毒親育ちのアダルトチルドレンだったわたしが、インナーチャイルドワークや瞑想を通じて気づいたことのうちの1つに、自分が「父親の恋人役を演じて…

女性らしさを育て直す方法。自分の下着に向き合う(毒親育ちの断捨離セラピー)。

今日は、女性らしさを育て直す方法について書きます。 毒親育ちなどで、成長の段階で、十分に「女性らしさ」を育てられなかった人には役立つこともあるかも知れません。 「自分の下着に向き合う」という、わたしなりの方法ですが、書いてみたいと思います。 …

ネガティブな感情を認めた結果、母への恨みを手放し、感謝の気持ちが湧いた話。

ネガティブな感情を認めた結果、母への恨みを手放し、感謝の気持ちが湧いた話を書きます。 毒親育ちのわたしは、インナーチャイルド瞑想(ワーク)というのをやって、子供の頃の癒されない感情に向き合うという作業をしてきました。 それで先日、思春期の、…

いい人をやめることのすすめ。罪悪感から自由になるために手放すべき価値観。

今日は、「いい人をやめることのすすめ。罪悪感から自由になるために手放すべき価値観。」というタイトルで書きます。 最近気づいたことです。罪悪感で苦しんでいるとき、その背後には「いい人でなければならない。」という価値観がありました。 いい人をや…