晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

2019年に買ったショートブーツ2足を公開。

今月、2019年12月に買ったショートブーツ2足を公開します。

9月から11月まで買わないチャレンジをしていましたが、11月、足が寒くて「もっと足を覆う率の高い靴が欲しい」と切望。

そして、考えた挙句、最初から、「12月になったら、ショートブーツを2足買おう」と決めました。そして、予定通りそうしたのです。

先日、ユニクロで買ったものを紹介しましたが、実は真っ先に買ったのが2足のブーツでした。

 

購入した2足のショートブーツ。

購入したのは、以下のショートブーツです。↓

f:id:kogasora:20191209081536j:plain
f:id:kogasora:20191209081539j:plain


左側のブーツは、主に普段、その辺に履いていくためのもの。右側のブーツは、仕事など、多少かしこまったところにも履いていかれるキレイ目なものとして買いました。

「その季節のものは1足で十分、いざとなったらパンプスを履けば良い。」と思っていましたが、真冬にパンプスは、わたしには寒すぎでした。

それで、思い切って2足買うことにしたのです。買って良かったです。

靴はボトムスに合うかどうかによっても左右されます。

わたしは、自分の手持ちの冬のボトムス2本を考えて、それぞれ別のものを買ったほうが早いと判断し、同じ日に、普段使いとキレイ目なものを2足買うことにしました。

それでは、少しブーツについて詳しく書きます。

1. ANTEPRIMA(アンテプリマ)スエード ハーフブーツ。18700円(税込)

以下がANTEPRIMA(アンテプリマ)で買ったスエードのハーフブーツです。色は明るいベージュで、パーソナルカラースプリングに合う色です。↓

f:id:kogasora:20191209081536j:plain
f:id:kogasora:20191209081531j:plain

Uggブーツみたいに先端が丸いですが、すっきりとした形、インヒールで、キレイ目です。

おすすめではありますが、買って帰ってから「合皮」だと気づきました。本革にこだわる方は、ご注意を!。

実はわたしこそ、本革にこだわる人だったハズなので「やられた!」と思いましたが、表革ではなく、スエードだと、見ただけではわからないので、まあ良しとします。

ただ、合皮なら、もっと安くして欲しいですね。

このブーツは、以下のパンツのために買いました。↓

f:id:kogasora:20191111131155j:plain

デパートの靴コーナーで、色々と見て、一番気に入ったのを買いました。パンツは夏から履いているもので、足首が見える長さです。

ハーフブーツは内側にボアもついて暖かく、夏からのパンツも冬仕様にしてくれました。

2. Ungrid(アングリッド)のショートブーツ。15400円(税込)

以下がUngrid(アングリッド)のショートブーツです。色はブラウン寄りのベージュで、パーソナルカラースプリングに合う色です。↓

f:id:kogasora:20191209081539j:plain

このブーツは、公式通販サイトがありましたので、リンクを貼っておきます。↓

runway-webstore.com

わたしは、ベージュのLサイズを買いました。普段は24cmです。Lサイズは少しゆるめです。靴下で調節するつもりです。

このブーツもカジュアルですが、先端が尖っているだけで仕事にも履いていかれるタイプになります。

ただ、このブーツの素材は、何と! ポリエステル。高価なので本革だと思い込んでいましたが。

もっと安くして欲しいですよね。

このショートブーツは、以下のパンツのために買いました。↓

f:id:kogasora:20191111131204j:plain

そして、買い物に履いて行った別のテーパードパンツにも合ったので、そのまま履いて帰って来ました。それが以下のパンツです。↓

f:id:kogasora:20191120124348j:plain

本当は、こちらのキレイ目タイプのつもりだったショートブーツは、表革が欲しかったです。

デパートの靴コーナーをウロウロ探しましたが、ヒールが高すぎたり、値段が高すぎたり、今ひとつ似合わなかったりでした。

Ungrid(アングリッド)は靴屋ではなく、洋服屋です。 たまたま通りかかった店頭で見かけたのです。デパートの靴コーナーのどの靴よりも、わたしの足や用途にピッタリでした。

靴も出会いですね。

この靴は、ユニクロで買ったカーブパンツにも合いそうです。以下がカーブパンツです。↓

f:id:kogasora:20191206181324j:plain 

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

以上、今月12月に購入したショートブーツについて書きました。

「足を覆う靴」と言ったら、ブーツまでいかなくても色々とありますね。でも、結局のところ、わたしはブーツが好きなんだと思います。

若い頃は、夏でもブーツを履くようなタイプでした。

購入した2足は、はき心地、デザイン、色など、どちらも気に入っています。

でも、合皮の靴がこんなお値段するようになったのは、一体どういうことでしょう!? 高価だったからこそ本物だと騙されてしまいました。

デザインなのか!?  ブランドなのか!? それとも素材を作る技術力アップへの支払いなのか!?

通勤していた頃、お金がなくて、4000円くらいの合皮のブーツを買ったことがありました。

合皮は会社で丸一日履くと、靴下がびしょ濡れになるほど通気性が悪いのと、毎日履いていたら、ワンシーズンですぐに割れるなど、耐久性が悪く、かえってコスパが悪いことに気づきました。

それで近所の安売りの合皮のブーツではなく、本革を求めてわざわざ遠くまで出かけたのに、まさか合皮を買ってしまうとは、想定外でした。

1万数千円もする合皮の靴の、存在自体に驚きました。

5年くらいは履きたいと思っていましたが、合皮は履かなくても3年程度で経年劣化するそうです。

素材が改良されたことで高額になり、耐久性がアップしていることを願っています。